So-net無料ブログ作成

06関西大学Aリーグ開幕(総務日誌10) [ラグビー]

今日10月1日、いよいよ今シーズンの関西大学Aリーグが開幕しました。今シーズンは、一昨年・昨年に採用された順位決定戦を日程過密の問題から廃止し、シンプルに7試合を戦い順位を決定する方式に戻されました。開幕戦は前年度1-5位、2-6位、3-7位、4-8位の4試合が花園ラグビー場で行われました。

今日の天気はあいにくの雨、時より強くなったりと降り続く雨の中、定期戦を兼ねた立命館大学との試合が行われました。
今年は立命館側からの提案で、同立戦(立命関係者は立同戦と呼ぶらしい)を盛り上げようと言う事で、両校チアーリーディングによる応援や応援学生へのチケット優待などが企画されていましたが、雨のせいか応援の学生を含めた観客の出足はいまいちだったようです。チアーリーディングによる応援も天候のせいか時間のせいか行われませんでした。(応援は立命館の方が気合が入って盛り上がっていたようで賑やかでした。)

で、肝心の試合の方は、開幕戦という事からか同志社の固さが目立ち、雨の影響も手伝ってかミスも多く、今後へ向けての課題が沢山出てきた内容となりました。ただ、そんな中でもゴール前の粘り強いディフェンスなどオックスフォード戦に続きいい所も出てきました。
この先、リーグ戦を戦いながら1戦1戦着実にチーム力を上げて行き、12月には関東勢に対抗し得るチームとなって欲しいものです。まぁ、開幕戦というのはよく波乱の起こる難しい1戦、それを勝利でスタート出来たのは良しとしなければなりませんね。

簡単な試合経過は。

前半開始からしばらくは同志社が優勢に試合を進めるも5分くらい以降は立命ペース。同志社は攻めた後にナットリリースなどのペナルティやノックオンのミスで途切れるというペースをつかみ辛い展開。
18分に立命館に最初のトライを先制される。(0-5)
39分、同志社がゴール前からFWが押し込み7番がトライ。ゴールもきまり逆転(7-5)
42分、立命館がペナルティゴールを狙うも失敗し前半終了。

後半開始早々から同志社が攻め続けるも立命館の執拗なディフェンスに阻まれ、相変わらず同志社にもミスが多く、なかなか得点が奪えず。
13分、連続攻撃後のPGから早い仕掛けでFWが押し込み2番がトライ(12-5)
16分、立命館がバックスのライン攻撃から大きくゲインし最後はFWが飛込みトライ(12-12)
30分、同志社の執拗な攻めに立命館が反則を繰返しペナルティトライ(19-12)
これにより立命館7番がシンビンにより10分間退場
35分、スクラムからのこぼれ玉をハーフが上手く捌き、13番が抜けトライ(26-12)
38分、立命館がパントの処理を同志社が手間取る隙に押さえトライ(26-17)
40分、同志社の連続攻撃からPGを得、素早くリスタートし14番がトライ(33-17)

10月1日 関西Aリーグ 同志社戦以外の結果(すべて花園ラグビー場)
京都産業大学 27-5 近畿大学
大阪体育大学 44-8 関西学院大学
天理大学    12-7 龍谷大学


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

ジャズの歌姫 [JAZZ]

昨夜のle club jazzのライブは、木原 鮎子(vo) 木畑 晴哉(p)でした。(鮎ちゃん初ル クラブ)
お気に入りのピアノとヴォーカルのデュオという事で、楽しみにして行って来ました。
前回の谷本さんの時は、遅く行って失敗したので、今回は早めにお店に入りました。久々のライブ参戦という現在妊娠中のみっちゃん夫妻も来るので、カウンター席ではちょっと厳しいので。でも、それは正解だったみたいで、ライブの始まった8時頃にはほぼ満席状態でした。

きばやんのピアノは、7月末にみっちゃんの結婚式で1曲弾いてくれたのを聴いたのが最後だったので(と思ったが8月下旬に原大力さんとのセッションを聴いてました)久し振りでしたが、やっぱり素晴らしかったです。鮮やかな指捌きによどみない音色、時として力強く、また時としてはやさしく、ヴォーカルの鮎ちゃんをリードしていました。この演奏に初ジャズライブだったみっちゃんのダンナも大満足したみたいでした。
きばやんは、近いうちに活動の拠点を東京に移すらしいのでちょっと寂しくなりますが、でもそうしてどんどんメジャーになって活躍されるよう陰ながら応援しています。

あと、ヴォーカルの鮎ちゃんは相変わらずの天然ぶりの可愛らしいMCで、一気にル クラブのお客全員を鮎ちゃんワールドに引き込んでしまいました。一生懸命に英語の詩の解説をしてくれるのですが、きっと鮎ちゃんの頭の中では情景が鮮やかに浮かんでるのでしょうが、なかなかそれを言葉に表現できず、だんだんバタバタになってきてお客から大爆笑が。でも、その大爆笑が曲を歌いだすとガラッと雰囲気が変わって・・・。そんなギャップにどんどん聴衆は引き込まれていってしまいます。
きっと、この子は本当の歌姫なのかも・・・。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

関西大学Aリーグ 第2節 [ラグビー]

今日10月8日、先週開幕しました関西大学Aリーグの第2節の試合が行われました。先週の雨の中の開幕戦をいまいちの出来ながら立命館大学に勝利した同志社は、関西学院大学と対戦しました。
今日の日曜日は、週の中頃から台風の影響を受けて活発化した前線による雨続きから一転して、気持ちのよい秋晴れとなり、同志社もこのお天気のようにすっきり勝ってほしいものだと願いました。


試合は最終的には54-10とトライ8本を奪い勝利しましたが、やはり細かいミスの目立ったスッキリしない勝ち方でした。先週も同様でしたが、攻めている時の最後が得点ではなく、ペナルティやノックオンなど反則やミスで終わり、なかなか自分達の攻撃リズムに乗れない事や、キックオフの処理などまだまだ反省材料が山積といった感じです。また、欲張ってもいけませんが、昨年に比べバックスにキレと決定力に欠けるように感じ、少々物足りなく思います。
ただ、先週はミスの目立ったラインナウトはそこそこ修正されたのか獲得率は上がったと思いますし、セットスクラムも安定してきたと思います。
こうして毎試合毎試合積み重ねて、12月には見違えるような力強いチームに育って欲しいと願います。

あと、花園ラグビー場で行われましたもう1試合の大阪体育大学 対 立命館大学は、大阪体育大学が立命館をノートライに封じ大勝しました。前評判通り、今年の大体大は手強いですね。この大体大と当たるのが今年は最終戦という事で、同志社にとってはまだラッキーかな・・・

そのほかの試合結果
大阪体育大学 48-3  立命館大学 (花園ラグビー場)
天理大学    40-36 近畿大学  (宝ヶ池球技場)
京都産業大学 60-7  龍谷大学  (宝ヶ池球技場)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

いくらのご飯丼 [つれづれ]

今週は連休明け早々に会議があり、9日の月曜から水曜までの2泊3日で東京に行ってました。
会議は10日(火)の夕方からだったのですが、北海道のナカさんから「せっかく東京に来るんだったら、夏にやれなかった恒例の集まりをやるべ」と日程ご配慮いただきお誘いをいただいたので、前日の9日に東京入りしました。
その恒例の集まりというのは、以前の記事にも書きました“北のグルメパーティ”で、北海道のナカさんに毛蟹やイクラなどをご提供いただき、大塚の“はる”という串焼き屋さんで盛り上がろうっていうものです。所定では1月7月末頃に集まります。
今回は10月だったので毛蟹が間に合いました。

塩茹でされた毛蟹はとても甘くて美味しく、冷凍物ではないのでプリップリです。今回もミソと身を甲羅にほぐし、お酒を注いで炭で焼きましたが、お酒のほのかな香りと焼けた芳ばしい香りがするなか甘くまったりとしたお味は絶品です。あと、ナカさん自家製のイクラも最高でした。今回も通称“イクラのご飯丼”(イクラ大盛・・・イクラの中にご飯をのせる、逆にイクラ少ない目かご飯大盛りをイクラ丼と呼ぶ)を、蟹のダシのしっかり出た味噌汁とともに存分にいただきました。

太る太ると思いながらもしっかりと大きなお腹になってしまいました。次は所定では年明けの予定ですが、待ち遠しいな~

今回の行きの新幹線は米原で6分間停車。またまたホームにてお昼ご飯の駅弁を購入。今回は米原井筒屋さんの「湖北のおはなし」というお弁当。1,000円也でした。湖北地方の名物を詰めたもので、1日限定300食らしいです。鴨のローストがメインで、ご飯は白おこわ。秋なので具は栗でした。味付けも素朴でお弁当としてもなかなかまとまっていて好印象でした。


nice!(4)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

関西大学Aリーグ 第3節 [ラグビー]

今週は火曜の会議のために月~水を東京で過ごし、昨日の土曜と今日の午前中は大阪での勉強会とプチハードな1週間でした。

今週のリーグ戦は、1・2戦目と同じく花園ラグビー場で行われましたが、京産大vs立命館大のテレビ中継の関係からか珍しく1試合目となりました。なので、キックオフ時間は12時15分。幸いに大阪梅田での勉強会でしたので、会を少し早く中座させてもらい、無事キックオフに間に合う事が出来ました。

今日の対戦相手は近畿大学。近畿大学は、強い年と弱い年のムラが結構あるものの近年チーム力は上がって来ているように思いますが、昨年の対戦では122-10と同志社が大勝しているので、今日も同志社の勝利は間違いなく、前2試合での課題を修正してよい流れに持っていければと思っていました。

と、そんな考えでいると大ケガをするのがラグビー。
キックオフからしばらくは近大ペース。ペナルティゴール2本を献上して6点を先行されました。その後、同志社が押し気味にゲームをすすめ、ほとんどを近大陣でゲームをすすめ、またスクラムも相手ボールまでも圧倒するほど優位に立ちながら、例の如く細かいミスや攻め込んだ後の大事な局面でのペナルティなどで得点する事ができず、ゴール前のペナルティからの速攻で2番が単独で飛び込んだ1トライのみに終わり7-6で折り返し。

後半も攻めながらも決定力を欠き、ほとんど12番の個人技で奪った1トライのみ。逆に近大にゴール前のラインナウトからのモール攻撃などで2トライを奪われる始末。相変わらずミスが多くペースをつかめない展開で、そのまま押さえればトライなのに何を勘違いしたか外のウイングにパスを投げてしまいトライできない珍場面も。(パスを送られたウイングもさぞビックリしただろう)
スクラムを回されたり、モールも上手く崩されていたし、バックスのディフェンスも相当上がりが早かったが、それに対応していけてないのが若いチームの泣き所か。
結局、14-16でむかえた後半終了間際に同志社がペナルティゴールを決め17-16で辛くも勝利を収めました。近大としては、後半35分のペナルティをゴールを狙わず、ラインナウトを選択しトライを取りに行きながら取れなかったのが痛かったと思います。あそこでPGの3点を加え5点差にしていれば勝負の行方は大きく近大に傾いたと思います。

危うく近大に金星を献上するところでしたが、近大が強かったのか同志社が弱いのか。後者で無い事を願いますが、それにしても今日の同志社は受けたような最低の出来でした。
1週お休みをはさむので、キャプテンをはじめケガで出ていない選手も戻り、課題を修正して、次の宝ヶ池ではスッキリした試合を見せてほしいものです。

他の3試合の結果
京都産業大学 44-22 立命館大学  (花園ラグビー場)
天理大学     7-41 関西学院大学 (宝ヶ池球技場)
大阪体育大学 64-10 龍谷大学    (宝ヶ池球技場)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

秋の一日 [つれづれ]

今日は朝から友人たちと芋ほりに行ってきました。その畑は、高校時代のラグビー仲間であり私の事務所の顧問税理士でもある先生の古くからの関与先が所有されており、その方は収穫物には一切興味が無いらしく、毎年税理士先生ファミリーが掘りに行っているらしい。

畑にはさつまいもが植えてある畝が8列ありましたが、今日はそのうちの3列を2時間ほど掘って収穫しました。お天気もよかったので汗がポタポタ滴りましたが、面白いように、まさに芋ずる式にさつまいもが山のように収穫できました。

慣れないうちはシャベルで芋を切断したりしていましたが、コツがつかめると上手にゴロゴロと掘り起こす事が出来ました。

あと、芋畑の両端には枝豆が植えてあり、こちらの方も袋いっぱいに収穫してきました。

芋ほりにはにぱっも一緒に連れて行きました。にぱっは芋は掘りませんが、一緒に来た子供達と畑や農道を駆け回って、帰る頃にはドロドロバタバタちゃんになってしまいました。

帰ってから夕方、小庭で七輪に炭を熾して、収穫してきたさつまいもを焼き芋にしました。
さつまいもをアルミホイルでくるんで炭の中に入れ、焼いている間に網の上では先日気仙沼から送って来た秋刀魚を載せました。

近所のネコたちが集まってくるかと思われるほど激しく煙が立ち昇り、まず秋刀魚が焼けました。これが家の中だったら1週間以上は魚の臭いが取れないところです。ポン酢でいただきましたが、結構アブラがのっていて美味しかったです。
次にお芋の焼けるいい匂いがしてきて、焼き芋の出来上がり。

お味の方は期待通りホクホクしていてとっても甘かったです。秋刀魚にさつまいもと秋の味覚を堪能しました。

くっきーにもお留守番のご褒美に、秋刀魚と焼き芋をあげました。

夜には、ドロドロバタバタになった上に、夕方の七輪の煙の臭いがついちゃったにぱっをお風呂に入れました。いつもは大暴れなのですが、今日は少々お疲れ気味のせいか洗面器に納まってしまいました。

で、上がった後は
バターンキュー!
今日はいっぱい遊んでいっぱい歩いてドライブしてお風呂に入ったからね~

お疲れですね~


nice!(3)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブルース sings ブルース  [JAZZ]

昨夜(24日)のル クラブでのライブは“HIROカルテット”でした。メンバーは井上 弘道(ts)  大野 浩司(g)  衛藤 修治(b)  塩入 基弘(ds)という京都ではお馴染みのカルテットです。

弘さんの渋いサックスを中心とした大人な雰囲気のライブで、私としてはピアノが無いのはちょっと寂しいですが、硬派な感じながら耳障りの良い演奏でした。

2セット目の途中、カナダのバンクーバーから旅行中というカップルの男性の方が飛び入り参加。

ル クラブはネットで知ったそうで、事前に伸也さんにコンタクトを取ってたようです。名前はブルースを歌うブルースさん。楽器はベースをやるという事で、その間衛藤さんはちょっとお休み。2曲ほどセッションをし、ブルースさんは気持ちよくブルースを歌っておられました。
遠い異国の地で初めて出会った者同士が演奏を通してコミュニケーション出来るなんて素晴らしいですね。まさに音楽は世界の共通語ですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

関西大学Aリーグ 第4節 [ラグビー]

今週の関西大学Aリーグは京都の宝ヶ池球技場で2試合のみ行われました。第4節は今週と来週の分割になっているため、来週は同志社大学はお休みとなります。
開幕から今一つ調子が出せず、前節では近畿大学に危うく黒星を喫しかけた同志社が、この2週間の間にどれだけ修正をして立て直して来るか、そして、上位校とぶつかる後半戦に向けてどれだけ勢いをつけられるかと、ここ数年は消化試合のような感じだった龍谷大学戦が今年は大きな意味のある試合となりました。
そんな事もあってか、また今シーズンのリーグ戦で京都で開催される同志社の試合はこの1試合だけという事もあるのか、結構たくさんの方に応援に来ていただけました。(チーム受付でOB、後援会、父兄、ファンクラブなど関係者の方への当事校券も今シーズン最高の枚数がさばけました。)

で試合の方は、

前半開始早々から同志社が攻め、ゴール前トライ寸前まで持込むが開幕戦からの悪い癖のペナルティが出て得点できず。この試合も自分達のリズムになかなか乗れず、逆に龍谷大に先制トライを許してしまいました。その後も龍谷大がいいアタックとディフェンスを見せ、同志社が追いかける展開となりましたが、前半終了間際に逆転し、その後1トライを加え21-12で折り返し。


後半に入ってやっとエンジンがかかり出したのか、開始早々からいいリズムで攻め続け、最終的には6トライを挙げて龍谷大を突き放しました。開幕戦以来初めて、個人技ではなくフォワードバックス一体となった連続攻撃からのトライを見ることができ、この感じで残りの大事な試合も戦って行ってほしいものです。しかしながら、まだまだミスも多く、昨年一昨年と比べてもまだまだそのレベルには達していないと思いますので、更なる修正とレベルアップを期待しています。今年のチームは若い選手が多いので、その分1戦1戦着実に進歩していけると思いますし、十分にその能力はあると思います。冒頭にも書きましたが試合は1週空きますので、キャプテンはじめケガで休んでいる選手が戻ってきて、またチームとしても更なる進歩を遂げて、この後の天理大、京産大、大体大をいい形で乗り切り大学選手権まで突っ走って欲しいものです。

最終的には63-17となりましたが、3トライ献上は少々不満が・・・

今シーズン、安定したゴールキックを見せる宮本選手。ノーサイド寸前、夕陽をあびて・・・

大文字山をバックに。ちなみに宝ヶ池球技場の真上には“妙法”の妙の字があります。

もう1試合の結果
立命館大学 27-14 天理大学 (宝ヶ池球技場)


土曜日には高校全国大会の京都予選準決勝が行われました。期待の同志社高校は伏見工業高校に敢え無く完敗。春には勝利し、ここまで1勝1敗1分の戦績だったので少しばかり期待しましたが、やはり全国への壁は厚い。これで22年ぶりの出場ならずでまた来年に期待となりました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。