So-net無料ブログ作成
検索選択

ソフトボール大会 [つれづれ]

今日は朝から、同業者さんと取引先の保険会社の社員さん達とで、久し振りにソフトボール大会をやって汗を流しました。
京都御苑内のグランドで、老若男女40名近くが集まり、およそ2時間で2試合を行いました。
私もにぱっを連れて参加しました。お天気もよく、とっても爽やかな気候のなか、たっぷりとソフトボールを楽しみました。
1004-1.JPG
試合の方は、保険会社社員さんチームが日頃の運動不足がたたって2連敗。
両チームとも珍プレーの連続で、真剣勝負ながら終始和やかなムードで怪我人も出ず試合を終えました。
1004-2.JPG

試合中のにぱっはと言うと・・・
1004-3.JPG
私の事務所の営業事務社員さんが連れてきていたワンコ(女の子)ちゃんとラブラブ[揺れるハート]
1004-4.JPG
そんなにしつこくしたら嫌われちゃうぞっ


試合後は木陰の芝生の上にビニールシートを広げてお弁当タイム。(ビールはなしでした・・・)
1004-6.JPG
昔(そんなに遠くない)は、こういったイベントが定期的に結構あり、みなさんご家族も連れてきたりで和気藹々としていたものですが、最近はめっきり無くなって、なんとなくドライな感じになっていました。
今回、久し振りにやってみましたが、やっぱりたまにはこういうのも良いものですね。
仕事以外のこういった場で接すると、なんとなくグッと皆さんとの距離が縮まるような気がします。
今後も定期的に続いてくれると良いのですが・・・


にぱっとは自転車で行きました。グローブタオルを入れた荷物を左肩からたすきに掛けて、そしてにぱっの入ったキャリーバッグを右肩からたすきに掛けて自転車をこぎました。
1004-8.JPG1004-7.JPG
にぱっにはスピードがちょうど良く、心地良さそうに風に吹かれてました。
1004-10.JPG
いつもの車での移動よりも自転車の方が楽しそうですね[るんるん]
1004-9.JPG
nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

デジャヴュか~ 対 関西学院大学 [ラグビー]

10月5日 日曜日の朝はしとしとと小雨の降る中でのスタートとなりました。
いよいよ今年もラグビーの関西大学Aリーグが開幕しました。
先日の記事にも書きましたが、昨シーズンも不安をいっぱい抱えてのリーグ戦スタートでしたが、今シーズンも昨年とはまた違った意味での不安がいっぱいでのスタートとなりました。

初戦の相手は、定期戦を兼ねた関西学院大学。私の記憶では、Aチームの試合では過去に負けた事の無い相手ですが、最近学校がスポーツ強化に本腰を入れだしたと聞いていますし、メンバーを見ても軒並み花園常連校出身者が並んでいますので、油断大敵な相手である事は確かです。
そんな事を行きの電車で乗り合せた同期のCちゃんと話しながら花園に向かいましたが・・・

試合は第2試合でしたので14時キックオフ。第1試合では例年上位を争う京都産業大学が、天理大学相手に8-27と完敗。ちょっと嫌な雰囲気です。

前半開始から勢いよく攻める関西学院に8分に先制トライを奪われるも、その後は攻守逆転し、フォワードを中心にモール・ラックの連取から相手ゴールになだれ込み、18分、26分に連続トライを奪い逆転。その後も優位に試合を進め、終了間際にも相手ゴール前で攻め続けましたが、結局ゴールラインを割る事が出来ずにペナルティゴールでの3点追加に終わり15-7で前半終了。
1005-1.JPG1005-2a.JPG
関西学院のペナルティすれすれの早い出足に攻撃のリズムを奪われる場面も多数見られましたし、相手インゴールへ蹴りこんだボールを押さえさえすればトライになるところをミスし得点出来なかったり、また連続攻撃のなかでのノックオンなど細かいミスも目立った内容で、決して満足できるものではありませんでしたが、フォワードの勢いなどから見て、後半には突き放してくれるだろうと期待してのハーフタイムとなりました。
1005-3.JPG
後半開始からも、同志社フォワードが優位に前進し相手ゴール前での攻防となりましたが、前半気になった攻めた場面でのミスでトライを奪えずに終わりました。その後、同志社はバックスの展開からの攻撃を試みますが、効果的なゲインを奪う事は出来ずに試合は膠着状態に。中盤は双方キックを多用した蹴り合いになりましたが、着実に蹴り戻していた関西学院が次第にペースをつかみ始め、27分に11番の力強いビッグゲインからトライを奪われました。これで1点差となり、関西学院の押せ押せムードへとなりました。
その雰囲気にすっかり受けにまわってしまったように見えた同志社は、フォワードの足も止まってしまい、バックスの攻撃も相変わらず効果的に機能せずに空回り。そして終了間際の38分に、関西学院がキックからのカウンターで大きく外に展開し、すっかり足の止まってしまった同志社はそれに対処しきれず逆転トライを奪われてしまいました。
その後、ロスタイムに再逆転での勝利をかけた攻撃を仕掛けますが、ここでもバックスでのラストパスが通らないという痛恨のミスをしノーサイド。
1005-4.JPG

結局15-19で、今シーズンも初戦を黒星でのスタートとなってしまいました。関西学院相手には歴史的な敗戦になったかも知れません。
前半にあれだけ効果的だったフォワードでの縦攻撃を、どうして後半はあまり活用しなかったのか。相変わらず、連続攻撃を仕掛けてる場面でのミスが多発しペースがつかめない。キックからの相手カウンターで大きく振られた時のディフェンスが・・・。などなど不満、不安点はたくさんありますが・・・

やっぱり何よりも元気が無さ過ぎです。なんかスマートすぎて覇気を感じません。フィールドのプレーヤー、そしてスタンドの応援の部員からの声もあまり出てないみたいですし・・・。
それに対して、今日の関学は「同志社を喰ってやるぞ~」という気迫がプレーヤー、スタンドからビシバシ伝わって来ました。
同志社は昨年の関西リーグを征しましたが、決してディフェンディングチャンピオンじゃない筈です。常に日本一を目指す挑戦者たるべきです。
(それとも、もしかして春から負けが続いて自信喪失して萎縮してるのかな・・・)
そんな事は現場は百も承知しているでしょうが、もう一度気持ちを立て直して元気を出してリスタートを切って欲しいです。昨年も初戦で負けはしたものの、2戦目以降から見違えるように立て直せた要因は、前川(前)キャプテンの先頭を切って相手を突破していく元気な姿だったように思います。

今年も暗い気持ちで帰りの電車に揺られ、そしてこれまた昨年同様に先輩と残念会。
今年も厳しいシーズンが始まりました。ある意味昨年よりも厳しいかも知れません。
辛い2ヶ月あまりにならない事を祈るばかりです・・・
nice!(6)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

0系 [鉄道]

人とは勝手なもので、いつも当たり前に存在する物に対しては全然関心を示さないのに、その存在が無くなるとなると急に愛着が湧き出したり、懐かしい思い出がよみがえって来るものなんですよね。

最近では難波の「くいだおれ」しかり、上野の「聚楽台」も閉店を報じられるとお客が溢れかえったとか・・・。

鉄道の世界では、初代新幹線車両の0系が最期の時を迎えており、夏以降新聞やテレビなどのメディアに何度も登場するようになりました。今日のso-netバクストのダーリンハニー吉川さんのブログにも取り上げられています。

ちょっと前に『目覚ましテレビ』でも特集が組まれていましたが、レポートの内容の中には???な事がちらほら・・・。
鉄道好きだからわかる事で、一般的にそんな事はどうでも良い事なのですが、例えば、
0系の良い所がいくつか挙げられていたのですが、その中でシートの幅が2列×2の4列(他は5列)なのでゆったりしている・・・とか、放送のチャイムが懐かしいとか・・その他にも・・・。

紹介された放送チャイムは100系以降のものでオリジナルでは無かったし、シートについては、4列になったのは旅客需要が少ない山陽新幹線の西側区間で主に使用されるようになった時にリニューアルされたもので、オリジナルは他と同じく5列でした。
当然、現役バリバリで東海道区間で活躍していた頃は2列+3列の5列シートで、しかも現在のものより横幅が狭く、また前後のシート間隔のピッチも本当に狭く窮屈なものでした。
ちょっと体の大きめの私は、次のモデルの100系(ライトの細くなったタイプ)が走り始めた頃には、シートピッチが広くなったのに感動し、100系を狙って乗ったものでした。

まぁ、0系が東海道を追われて西へ流れてからもう随分月日も経っていますし、その後のモデルも100系→300系→500系→700系→N700系と変遷してきてますので、人の記憶も曖昧になって来ているでしょうし、全く乗った事も無い若い方も多いでしょうから仕方ないですよね。
それに、鉄道に興味があった人の中でも、0系の全盛時代なんかは、同じ顔ばかりの新幹線を追っかける人は稀でしたし・・・。
逆に、新幹線が開業するまでの「つばめ」や「はと」、「かもめ」「こだま」・・といった往年の名特急を廃止に追いやった悪役として、新幹線を嫌う人も多かったと思います。

その悪役が、新型車両によって西へ西へと追いやられて最期の時を迎えるんですから、時代は繰り返すものなんだな~と思うとともに、その0系を見ながら育った私も随分いいお歳となったもんです。
子供の頃から東京へ行くと言えば0系でしたし、高校や大学時代のラグビーの東京遠征や応援なども全て0系でした。働きだして、勤務地の横浜や東京から帰省する時も、まだまだ0系が頑張っていましたし、0系には随分お世話になったものです。
でも、そんな思い出も、引退すると知ったから思い出すようなもので・・・・
最後にもう一回乗っておこう・・・なんては思いませんがね~
kk12.JPG
nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

の~んびりと [わんわん]

今週末は、大学ラグビーのリーグ戦もお休みの週で、また高校ラグビーの京都大会も開幕前で試合が無く、仕事の方もこれといった用事が無かったので、ちょっとゆっくりと休ませてもらいました。
鉄クズ集めの方は、鉄道記念日(10月14日)が近い事もあって各地で販売イベントなどが開催されたようでしたが、なんとなく気が向かなかったので、結局出掛けず仕舞いでした。

そんな事で、連休最終日の今日は、ジムでいつものようにランニングで汗を流した後、お昼からにぱっを連れて京都御苑へランチ&お昼寝に出掛けました。ランチといってもマクド(注:関東流にはマック)ですが・・・。

まずは京都御苑(京都人は単にゴショって言うんですけどね)までぶらぶらと・・・。
1013-1.JPG
1013-2.JPG

途中、御苑の前にあるマクドでランチを仕入れて、御苑内の芝生広場の木陰の下に小さなシートを広げました。
☆おっ、この真剣なまなざしは!(^▽^)
1013-3.JPG
ご想像通り、バーガーやポテトを狙ってます。にぱっお菓子を持ってくるのを忘れたので、自分達だけ食べるのもなんですからバーガーのバンズの何も付いていない端とか、ポテトの塩を落として少しだけあげました。今日は特別ね!

☆なんで片手を上げてるのかな?
1013-4.JPG

☆寝っ転がると、お空が真っ青。真っ白な飛行機がは~るかは~るか上空を飛んで行きました。
1013-5.JPG
1013-6.JPG

☆ひろ~い芝生の上を走り回ったり、たくさんのわんこと出会ってにぱっも楽しそうでした。
1013-7.JPG
1013-8.JPG
1013-9.JPG

日なたはまだ少し暑かったですが、木陰に入ると風がさやさやととっても爽やかでした。気温、湿度ともにとっても心地良く、心身ともにリフレッシュできたように思います。
たまには何の目的も無く、の~んびりと過ごすのも良いものですね!
1013-10.JPG
nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

気合で! 対 天理大学 [ラグビー]

10月18日の朝は東京ホテルで目覚めました。とってもいいお天気で、天気予報では大阪も快晴のよう。
銀座駅から地下鉄・京浜急行で羽田空港へ向かい10時の便で伊丹空港へ。そこからモノレール・阪急・JR・近鉄と乗り継ぎ東花園駅に着いたのは午後1時前。花園は天気予報通り雲ひとつ無いお天気でした。

2週間前に関西学院大学に49年ぶりの勝利を献上し、悪夢の黒星発進となった同志社は、この日は第二戦目となる天理大学との試合に臨みました。
天理大学には昨年の初戦で、今年と同じ様に黒星(こちらは32年ぶり)を喫しましたし、今シーズンの第1節では京都産業大学相手に27-8で勝利を収めている相手ですから、下手をすると開幕2連敗となる可能性も危惧されます。

そんな心配も、試合開始早々こそ天理大学に攻め込まれPGで3点を先制されましたが、その後は終始試合を優位に進めて序々に払拭してくれました。
前半7分にはフォワードバックス一体となった攻撃から敵ペナルティを誘い、PKからバックスに展開するとみせスタンドオフからのキックパスで右ウイングがトライを奪い逆転。
その後は、天理大学のキャッチングミスや、スクラムで優位に立った同志社が何度も天理ゴールに迫りますが、なかなかゴールラインを割る事ができません。この辺りは初戦を見るようで、今後への不安を残します。
ゴール前に何度も攻め込まれる天理大学は堪りかねてペナルティを繰返し、No8がシンビンで10分間の退場。その間も同様の展開が続きましたが、25分に同志社はPGを選択し3点を追加。前節では、相手シンビン中なのに相手にトライを奪われてしまったのに対し、この日は一応3点ながら加点出来たのはまぁまぁ・・・。
そして前半終了間際に更にPGで加点し、11-3での折り返しとなりました。
1018-11.JPG
この試合の前半、ほぼ天理陣内で攻撃を進めた同志社ですが、残念ながらトライを奪い切れず、3回ペナルティゴールを狙いました(うち2回成功)。これまでのたいていの試合や初戦では、迷い無くトライにこだわって攻め続けていましたが、この試合ではPGを選択したと言う事は、選手たちやチームとして絶対に負ける事が出来ないという意識の表れだったように感じました。
時間はちょっと遡りますが、試合前の練習でも何時になく気合の入った厳しく激しいアップをしていましたので、今日は違うぞっと言った雰囲気を醸し出していました。
1018-12.JPG

後半に入っても同志社がほぼ天理陣で試合を進めたような印象で、5分にはゴール前でフォワードが密集で攻め続けた後に左オープンに展開しフルバックがトライ。
続いて22分にもスクラムからバックスが左オープンに展開し右ウイングがトライ。このトライはなかなか鮮やかなバックスのサインプレーから生まれたもので、このようなバックスのトライは今シーズン初めて見たような気がします。
その後にも35分に左プロップがトライを奪い、ゴールも成功して28-3となり、終了間際も天理ゴールに迫りましたが残念ながらトライを奪いきれずにノーサイドとなりました。
1018-13.JPG

この試合を通して、スクラム・ラインナウトと言ったセットプレーが安定していた事が大きかったと思います。マイボールラインナウトはほぼ100%確保できましたし、相手ボールを奪う事もしばしばありました。またスクラムでは相手ボールも圧倒し、安定した球出しをさせなかっただけでなく、逆に奪う場面も数多く見られました。
これにより、天理大学にまともなアタックをさせなかっただけでなく、試合時間が経過するほどにボディブローのように相手体力を奪い、天理フォワードの足がどんどん止まって行ったように見えました。
またスタンドオフのロングキックや、風をしっかりと計算したフルバックのキックが有効に機能していたように感じました。

良いところも出始めた同志社ですが、先に書きましたゴール前まで攻め込みながらなかなかトライを奪えない事や、毎度ながら攻撃場面での細かなミスが出てしまう事。また、フォワードバックスともに攻撃時にもう一歩抜けきれない所も物足りなさを感じさせます。
1018-14.JPG

取り敢えずは開幕2連敗は免れ、最悪のシナリオからは脱しました。これで弾みをつけて、この後3週続くリーグ戦でも勝利を勝ち取って欲しいものです。この3試合には、今シーズンからAリーグに昇格し意気上がる摂南大学との戦いや、春シーズン・夏合宿と連敗し、関西リーグ優勝の前評判の高い立命館大学との試合も含まれていますので、大変厳しいものが予想されますが、昨年同様、大きく変化していくチームを期待しています。

そんな事で、帰りの近鉄電車では、最悪の2週間前とは違いほっとした気持ちで・・・。

nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

空からの富士山 [つれづれ]

先週は18日(金)~19日(土)の日程で、このブログにも何度か書いた事のある若手同業者の研修会があり、それに参加するために東京へ。
せっかくだからと、コンサル&システム会社の社長さんと、その会の関連打ち合わせのアポを金曜の10時に入れました。
当日に発っても良かったのですが、朝10時に水道橋に着こうと思うと、伊丹の一番機か二番機に乗らなくてはならず、その為には5時台には家を出なくてはなりません。それはなかなかツライので、前日の夕方の便で発つ事にしました。

また、帰りは先の記事にも書きましたが、大学ラグビーのリーグ戦があったので、土曜日の研修会は欠席させていただいて、朝10時の便で羽田を発ちました。

東京へは今年だけでも9回目の往復となります。(仕事はどちらかと言うと地域密着型なので、出張はほとんど無いはずなんですが・・・) その9回のうち2回は新幹線を利用しましたが、残り7回は飛行機での往復です。
普段は時間的な余裕があまり無いので、空港到着後素早く降りることが出来る座席を優先的に選択してきましたので、機内前方の通路側を利用します。
あと、比較的時間的余裕のある帰りの便では、たまに窓側を予約する事もありますが、夜のため離着陸時以外はあまり景色を楽しむ事が出来ませんでした。

そんな事もあって、今回は行きも帰りも時間には余裕があったので、たまには空からの景色を楽しもうと両便とも窓側を予約しました。
1016-1.JPG

スポットから滑走路へと向かい、窓からの景色がどんどんスピードを増して流れ去り、フワッと浮いたかと思ったらグングン上昇していき、模型のような街の景色が小さくなって行きます。
1016-2.JPG
そしていくつもの街や山や川を越えて行き、雲も眼下にプカプカ浮かんでいたり絨毯のように広がっていたり・・・
1016-3.JPG
お天気が良かったので、富士山もきれいに見えました。
こちらは行きの便から。雲の絨毯の上に富士山が・・・。
1016-4.JPG
1016-5.JPG

そしてこちらは帰りの便から。帰りは更にお天気が良かったので、裾野まできれいに見えました。
1018-1.JPG
1018-2.JPG
富士山に今日の勝利をお祈りして・・・

翼の先には真っ青な青空が広がってます。
1018-3.JPG


今回はたっぷりと空からの景色を堪能させてもらいました。
あと、写真には撮れなかったのですが、羽田空港に着陸してからスポットへのタクシー時に見えた富士山も素晴らしかったです。夕陽がすっぽりと富士山に隠れて、富士山がシルエットとなって浮かび上がってました。茜色の夕焼空と真っ黒な富士山のシルエットが幻想的でした。

nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プリン味のガリガリ君 [つれづれ]

今週も慌ただしく過ぎて行き、気がつけばもう土曜日です。

月曜の夜はテレビで悪夢の野球観戦。
プロ野球セントラルリーグのクライマックスシリーズ第1ステージ。タイガースが勝つか引き分けで第2ステージ進出という試合でしたが・・・。思い出したくないので止めときます・・あぁ球児がな~  

火曜の夜は大学ラグビーOB会の例月の理事会に出席後に、ル クラブへ。
木原鮎子&木畑晴哉TRIO、時安吉宏(Bs) ラリーマーシャル(Ds)というメンバー。きばやんのピアノに鮎ちゃんのヴォーカルと来れば聴き逃がすことは出来ません。
1021-1.JPG
ライブの方はこの夜も期待通りとっても良かったです。きばやんのピアノは言うまでも無く素晴らしいの一言。最高です!
鮎ちゃんはこのトリオだとちょっと大人モードかな。MCも京都メンバーの時に比べると硬めかな・・・その分バタバタにはなりませんが・・・
☆インスト中、出待ちの歌姫です
1021-2.JPG


昨夜は同業者組合のセミナーで、「浪速のカリスマ添乗員」と呼ばれる日本旅行の平田 進也さんの講演を聴きました。およそ2時間弱の講演でしたが、とっても迫力があって面白いお話で、あっという間に時間が経っちゃいました。
テレビ・ラジオなどメディアに引っ張りだこな方ですのでご存知の方も多いと思いますが、ほんとに笑いと勢いに圧倒されたお話でしたが、そんなお話の中には私の仕事にも十分役立つエッセンスがたっぷり含まれていました。
普段セミナーなどでは、どうしても同業か、それに近い業界の方やコンサルタントの方のお話を聴く機会が多いのですが、ぜんぜん異業種の方のお話もとっても参考になるものですね。


で、今日土曜は、ちょっと寝坊気味に起き、お昼ににぱっと一緒にぶらぶらと事務所へ。パタパタと事務処理を片付けた後、車でスポーツクラブへ。にぱっには車でお留守番していてもらい、いつものランニングをこなしました。

お留守番をしてくれたにぱっにプチご褒美。(といってもほとんどは私が食べますが・・・)
今日はいつもの「ガリガリ君」の「リッチ」、「プリンプリン」です。
1025-1.JPG
涼しくなり出した最近の私のお気に入りで、初めはどっちかと言うとサッパリ系のガリガリ君とプリン味がどうマッチするのか?と半信半疑でしたが、食べてみるとなんとも病みつきに。
1025-2.JPG
プリンのカスタード味のコーティングの中にかき氷が入っていて、そのかき氷の中に2列のカラメルソースが上から下まで通ってるんです。このカラメルが「なるほどな~」って感じで。
☆はいっ にぱっにもね[るんるん]
1025-3.JPG
☆涼しくなっても止められないよね~
1025-4.JPG

ご褒美タイムの後はいつもの爆睡。最近もよく眠るよね~
1025-5.JPG1025-6.JPG

nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Wing冥利! 対 近畿大学 [ラグビー]

26日の日曜日は生憎の雨降りとなりました。天気予報では午後から回復に向かうとのことでしたが、朝から夕方まで終始小雨が降り続きました。昨日土曜はまずまずのお天気でしたし、明日の予報も晴れのようですので、どうも花園第二グランドはお天気の相性が悪いようです。昨年からの4試合中3試合が傘やポンチョを持参しての観戦となりました。
(今シーズンはどういう訳か花園でのゲームは第二グランドがほとんど。例年とは第一と第二の比が逆になってます。第二グランドは観客席も少なくとっても観難く、有料試合にするには設備として整っていないと思います。諸説は漏れ聞きますが、来期は元に戻して欲しいものです。)

開幕黒星スタートながら先週に天理大を破った同志社は、第3節は近畿大学との対戦となりました。開幕直後までは、失礼ながら近大からは白星を計算出来るであろうと目論んでおりましたが、それも先週の試合で近大が立命大を破るという結果から少々怪しくなって来ていました。

そんな気持ちで迎えたキックオフでしたが、開始早々に近大22m付近の相手ボールのファーストスクラムを圧倒した同志社が、こぼれ玉を拾った左フランカーが突進し先制トライ。先週に続きスクラムは優位に運べそうです。
その後も同志社が押し気味に試合を進め、近大ゴールに何度も迫りますが、相変わらずミスを連発しトライを取り切れません。
1026-1.JPG
そうこうするうちに、21分に近大にワンチャンスをものにされ、同志社タックルの甘くなった所を近大左ウイングにゲインを許しトライを奪われ7-5となりました。
しかしながら、その後も流れは同志社のまま試合は進み、36分には右ウイングが60m独走の快走を見せトライ。先週も見せてもらいましたが、右ウイングの大久保選手のスピードはなかなかのものです。特に外で相手を抜きさるところなんかは胸の空く最高の見せ場で、元ウイングの私としては感動を覚えます。今日の独走の場面を見てると、一昨年卒業した正面選手(現トヨタ)を思い出しました。

1026-2.JPG
前半を14-5で折り返し、後半も同志社が優位に試合を進めました。時おり近大に攻め込まれる場面もありましたが粘り強く守りきりました。逆に10分(?)に左センターが縦に切り込み、それをフォローしたスクラムハーフがトライ、38分にはモールから崩されながらも左プロップがトライ、終了間際にもトライと合計3トライを奪い、35-5と近大を突き放して勝利しました。
1026-3.JPG
試合を通して、ラインナウトはお互いミスもあって取ったり取られたりでしたが、スクラムはこの試合もほぼ支配する事が出来ました。これにより、相手ボールを乱しゲームをコントロールさせませんでしたし、時間経過とともに近大フォワードの足を止める事が出来ました。バックスの攻撃も以前よりは機能しだしましたし、フォワードの前へ突破して行こうという意識も感じられるようになって来ました。また、自陣ゴール前でのディフェンスにも粘りが出てきました。
しかしながら、攻撃場面でのパスミスやノックオンが多く、雨というコンディションを差し引いても課題を残します。それと、相手ゴール前に攻め込んでからの得点パターンがまだ確立出来ていないように見えました。昨シーズンまででしたら、フォワードがしっかりとモールを組んで押し込むというパターンでOKでしたが、新ルールではモールを崩されてしまうので、新たな攻撃パターンが必要になると思います。(当然、現場では考えてるんでしょうが・・・)
あと、時々バックス間のディフェンスにポカッと穴が開いてしまう所が見られたのも修正してもらいたいところです。全体的な印象では、きちっとした形からのディフェンスは粘り強く良くなって来たと思いますが、形の崩れた場面からのディフェンスにはまだまだ綻びが出てしまうように感じます。
1026-4.JPG

これからシーズン中盤に差し掛かります。こうして1試合1試合消化する度に課題を見つけ、そしてそれをしっかり修正しチームのレベルアップを図って欲しいと思います。
第3節を終わり関西Aリーグは更に混戦模様となってきました。3勝の関学に続き、2勝1敗が同志社・天理、そしてその他5校が1勝2敗で並んでいます。ここまでの戦いで、大方の戦前予想を裏切った試合が続出しています。
それだけに同志社も予想のつかない厳しい試合が続きますが、しっかりと勝ち星を重ねていって、機があらば優勝をもぎ取って欲しいものです。(今年の関学は勢いがありますが・・・)
nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ネックウォーマー?みたい [わんわん]

今夜帰宅すると、ネットで注文していた飲み物が届いていたので、我が家の酒蔵(2006-05-14記事)に収納していたら、ポロッと白い物体が落ちました。
見ると、よく果物を包んであるようなビニールと言うかナイロンというかで出来たメッシュ状の梱包材でした。

そばで「何してるのかな~?」って見に来ていたにぱっを見つけて[ひらめき]
ちょっといたずらごころが・・・

1029-1.JPG
[わーい(嬉しい顔)]あら、ネックウォーマーみたいで格好いいじゃん[exclamation]
と笑いましたが・・・・

にぱっは・・・
1029-2.JPG
この表情でじっと見つめられました・・・

な~んか、[犬]「やだよ~ 勘弁してよね~」って訴えてるようで、すぐに外してあげました。

でも、本当にイヤだったら、いつもなら大暴れして転げまわって自分で外すんですけどね。
まんざらでもなかったのかな・・・
nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。