So-net無料ブログ作成

東海道昼特急 [つれづれ]

今週の月曜・火曜日と久し振りに平日に休暇を取りました。

東京の女ひつじさんの両親が金婚式をむかえ、そのお祝いに箱根旅行をプレゼントし同行しました。
箱根へは3月2日~3日で行ったのですが、京都は2月28日の土曜日に出発しました。
0228-7.JPG
今回は、ふと思い立ちバスで東京へ。
東京へのバスと言えば、10年くらい前に夜行の「ドリーム号」を利用した事があったのですが、その当時の印象が「ただただ疲れた~」で、翌日の午後までボォーっとしてたように思います。
それ以来、二度と利用する事は無かったのですが、ある人が「お昼の便は景色も楽しめて、意外に楽しいよ!」って言ってたのを思い出し、急ぐ旅でも無かったのでチャレンジしてみる事にしました。

[バス]東海道昼特急京都2号は京都駅を10時20分に発車。市内を抜けて、京都東インターから名神高速へ。
0228-1.JPG

[バス]途中、名神草津JCTから連絡路を通り、大津JCTから近畿自動車道名古屋神戸線へ入りました。
0228-3.JPG
この高速道路は、2008年2月に亀山JCTまで部分開通した新しい道で、たいていそれまでの仮称「第二名神」と呼ばれています。この道路によって、これまでの米原経由よりも34KM短縮できるそうで、ゆくゆくは制限速度も100キロから120キロに引き上げられるそうです。
開通して約1年になりますが、初めて乗り入れました。さすがに新しい規格で設計された路線だけあって、広くてゆとりのある道路で、とっても走り易そうでした。
途中、甲南PAで1回目のトイレ休憩。車内にも小さなトイレは設置されているのですが、途中、ここと浜名湖SA、足柄SAの3ヶ所で15分ほど停車します。これが案外いい気分転換になりした。
[バス]浜名湖SAでは、厳選メロンのソフトクリームを
0228-5.JPG0228-4.JPG
機械からバニラと混ざって上手に2色で出てきます。

[バス]うわさのワンコ用おみやげ「ポチのおみやげ」
0228-6.JPG
愛犬用、無添加のクッキーやおせんべいが販売されていて、お弁当になっている物もありました。ちょっと前に新聞か何かで読んだ記憶があり、是非にぱっにとも思いましたが、まだ旅は始まったばかりで荷物を増やすのもどうかと諦めました。

[バス]ゆったり3列シートの旅です。
0228-2.JPG

最終区間の首都高速に入ってから少し渋滞に巻き込まれましたが、終点の東京駅に着いたのはほぼ定刻の18時30分頃。
なんと、およそ8時間のバス旅でした。いつもの飛行機なら機内に搭乗してから降りるまで1時間。飛んでる時間は正味40分くらいでしょうか。新幹線でも2時間半弱ですから、随分とのんびりしたものです。
これに匹敵するのは、青春18を利用した鈍行の旅くらいでしょうが、それに比べると乗り換えが無いだけ楽でしょうか。(その乗り換えが楽しいと言う方もおられるでしょうが・・・)
お値段も6,000円ととってもリーズナブル。そんな事もあるのか、若い方を中心に結構混んでいました。

それにしても、良く寝ました。休憩で停車した所以外、i-Podを聴きながらほとんど寝てました。こんなに寝たのはいつ以来か・・と思うくらいに寝ました。
おかげで、冒頭に書いた「お昼は景色も楽しめて~」は・・・・・・

もしも私が感想を聞かれたら・・・
「夜行のドリームよりも、とっても良く寝れるよ!」って答えるのかな~[わーい(嬉しい顔)]

そんな事を書いてると、また眠くなったので、旅の続きはまた次に・・・

nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やっぱり「ごま油の天丼」! [つれづれ]

[あせあせ(飛び散る汗)]前記事のコメントに「続きを楽しみにしてますよ~」と書いていただきましたが・・・
なんか今回は尻すぼみな記事になりそうな予感[バッド(下向き矢印)]

翌日の日曜日は、お昼から爺ちゃん婆ちゃんの原宿、巣鴨に行って来ました。
東京で暮らしていたり、営業していた事もありましたし、京都に帰ってからも何度も何度も東京を訪れましたが、巣鴨へ行った事はありませんでした。
テレビでは何度も目にした事はありましたが・・・

都営地下鉄三田線を巣鴨駅で降り、とってもノロ~いエスカレーターで地上に出てしばらく歩くと、そこにはテレビで見た事のある世界がそのままに広がっていました。
0301-2.JPG
巣鴨地蔵通商店街は結構な賑わいを見せていました。毎月4のつく日は縁日で、露店が並び、もっとすごい数の人で賑わうとか・・。
爺ちゃん婆ちゃんの原宿と呼ばれるだけあって、確かにシニア世代の方が大半でしたが、若い方も結構たくさん見受けられました。
商店街をぶらぶらと歩くと、道の両側にある色々なお店も元気良さそうで、それを見てるだけでも楽しめます。

☆とっても賑やかな店先です。
0301-1.JPG
店先で塩大福やおはぎなどが売られていて、お店の奥では食事が出来るお店のようですが、手前のショーケースの中の見本がとっても賑やかで楽しく見えます。ところ狭しと丼や麺類などの見本が並び、それぞれ一つ一つに名前と値段が書いてあります。これもシニア世代への配慮なのかも・・・

☆お煎餅屋さん
0301-4.JPG
なんか大きくてま~るいお煎餅入れが懐かしく感じます。昔って、近所のお菓子屋さんでも、「おじちゃん、2枚ちょーだい」とか頼むと、上のブリキの蓋をパカッと開けてお煎餅を取り出し、藁半紙で出来たような包みに入れてくれたっけ・・・。

☆ここが塩大福発祥のお店とか・・・
0301-5.JPG
塩大福発祥の店と書かれていますが、巣鴨名物塩大福の発祥のお店なのか、或いは全国的に塩大福の発祥がここなのかは分かりませんが。塩大福と豆大福を食べてみましたが、どちらも甘さがしつこく無く、とっても美味しかったです。

☆こちらは境内にある「幸福だんご」の屋台
0301-3.JPG
高岩寺でお参りしていると、どこからとも無く香ばしいお醤油の匂いが流れてきます。そんな匂いにつられて、たくさんの人が「幸福だんご」を買い求めてられました。

とげぬき地蔵尊 高岩寺でお参りをし、痛いところに貼ったり、体の中に悪い所があったら飲んだら治ると言われる「御影」をいただいて帰りました。


この後、都バスの路線バスで浅草まで行きましたが、都内の路線バスに乗るのも久し振りで、これまた新しい景色が見れて楽しかったです。普段は地下鉄での移動ばかりでしたが、時間のある時は地上のバス移動も色々な発見があって良いものですね。

浅草では遅い昼食に大黒家天麩羅さんに行き天丼を食べました。
0301-7.JPG
13時半過ぎにお店に着きましたが、まだ行列が出来ていました。普段はまず行列に並ぶ事はしない私ですが、ここは特別で、およそ30分ほど並んだ後に2階の座敷に通されました。
メニューは天丼だと松竹梅のように3種類あり、えび4本・えび2本かき揚げ1本・えび1本きす1本かき揚げ1本とえびの本数で値段が高くなるようです。
私は、きすの天麩羅も食べたかったので、一番下の天丼を頼みました。
0301-6.JPG
京都で食べる天丼とはまず色が全然違って、色が本当に黒目のキツネ色に揚がっています。ごま油の香りが食欲をそそり、そして食べるとちょっと辛めの濃厚なタレがとっても美味しい!
他のお店では、天麩羅のサクサク感を売りにしている所もありますが、ここはしっとり・・・でも美味しい!

もう15年以上前に、この浅草の営業所で仕事をしていた頃に1、2度食べた記憶があり、東京へ来る度に「また浅草で大黒家の天丼が食べたいな~」って思いながらも、なかなか機会が無く食べられませんでしたが、やっぱり期待通りに美味しかったです。そして、その頃の味の記憶と全く同じでした。(昔の記憶って、案外どんどん良く膨らんじゃってて、実際に再会すると「なぁ~んだ」って事も間々あるので。)
今度はまたいつになるか分かりませんが、やっぱりこれからも東京に来ると、「あのごま油の天丼食べたいな~」って思うんでしょうね。


あぁ、今夜も未だ東京を出発できませんでしたね~[あせあせ(飛び散る汗)]
次は必ず箱根へ行って、この旅を終わらせますね~[わーい(嬉しい顔)]
nice!(7)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

箱根へ [つれづれ]

3月2日、月曜日の朝は、都営新宿線の通勤ラッシュの満員電車からのスタートとなりました。東京勤務時代の通勤を思い出しながら、馬喰横山駅でJR総武快速線に乗り換えて東京駅へ。

東京駅で、まずは朝食の調達から。
八重洲地下「銀の鈴」のそばに、新しいグルメロードが出来ているのを発見。和洋中いろんなお店が入っていて、美味しそうなお惣菜やお弁当がたくさん並んでいました。中には、全国の有名駅弁を数種類売っているお店もあったりして、見てるだけでも楽しく目移りしちゃいます。
さて、ここで買ったのは・・・

0302-1.JPG
9時15分の快速アクティーで小田原を目指す予定でしたが、ホームで待つのも寒いので1本早い9時4分の普通で出発しました。
東京から小田原まで行くのに、1.新幹線 2.JR東海道線のグリーン車 3.小田急ロマンスカー と3種類の方法を考えたのですが、なんとなくゆったり行けそうな東海道のグリーン車を選びました。費用的にも新幹線と小田急のちょうど中間くらいでした。
0302-5.JPG
平日の午前の下り列車なのでグリーン車はガラガラ。常に私達の他は1組が入替りでといった状態で、二階からの眺めも良く、本当にゆったりと言った感じでした。お天気も良く、うららかな日差しが窓から差し込むと、ついついウトウト・・。
これで各駅に停まらなければ最高なんでしょうがね~

[電車]東京駅で調達したのは
0302-2.JPG0302-3.JPG
「さよなら寝台特急 富士★はやぶさ記念弁当」ってお弁当でした。
お弁当なら他にもっと美味しそうなのがあったのですが、ついつい名前に釣られちゃいました[わーい(嬉しい顔)] でも、中身は結構凝っていて、東京「べッタラ漬け」・横浜「シューマイ」・・・・福岡「高菜炒め」・熊本「からし蓮根」・大分「椎茸煮」と富士・はやぶさの走行沿線にちなんだ食材が盛り込まれています。ご飯もよく見ていただくと、黒米とカニフレークで富士が模ってあり、はやぶさ形の人参があしらってあります。
東京口最後の寝台特急「富士」「はやぶさ」も3月13日が最終運転だから、このお弁当もある意味レア物だったかな。

0302-4.JPG
途中、横浜を過ぎてから汽笛も高らかに「富士・はやぶさ」とすれ違いました。(すれ違いの写真は一瞬のタイミングなので・・・ヘッドマークが柱で隠れちゃってますね・・[もうやだ~(悲しい顔)]

およそ1時間半弱で小田原に到着。そこから路線バスに乗り換え、バスは市内からグングン山を登り、箱根湯本を通り過ぎ大涌谷へ。
山肌のあちらこちらから湯気が上がってます。
0302-7.JPG
今日の富士山は大きな雲の帽子を被ってました。
0302-8.JPG
大涌谷では名物の「黒タマゴ」を食べました。
0302-6.JPG
外の殻は真っ黒なのに、中は真っ白なゆで卵でした。大涌谷特有の酸性熱泥でゆでたもので、1個食べると7年、2個で14年寿命が延びるとか。

その後展望レストランで昼食を摂り、ロープウェイで早雲山へ。そしてケーブルカーに乗り換えて強羅。
0302-9.JPG
そして更に箱根登山電車に乗り換えて、今日の最終目的地の箱根湯本へと向かいました。
0302-10.JPG
箱根登山電車はレトロな電車がまだ頑張っており、急勾配、急カーブの連続で、途中スイッチバックもあり見所たくさん。レールファンならずとも、ちょっと魅力を感じてしまうかもです。

0303-2.JPG
箱根湯本には午後3時半頃に到着し、その足で今夜の宿に向かいました。
0303-0.JPG
ちょっと高台にあるホテルからは箱根湯本の街が眺められ、ボォーっと眺めてるだけでも旅情を感じます。

ホテルはとってもきれいで、露天風呂も広くてすごく気持ち良かったです。夕闇迫る頃、箱根の山並みを眺めながら独り露天風呂に浸かってると、浮世の出来事もすべて忘れ去ってしまいそうです。これを「いのちのせんたく」って言うのかな~

レストランでの夕食も、地の食材をふんだんに盛り込んだコース料理で、見た目以上にお腹がいっぱいになりました。レストランのスタッフの方もキビキビと動かれていて気持ち良かったですし、常に笑顔で接客されてました。そして、コースの最後にはパティシエさんからちょっと嬉しい心遣いが・・・
0302-11.JPG
私のプレートにも「Happy Birthday♪」の文字が描かれてました。金婚式の事は予約の際に話しましたが、誕生日は??? きっと予約の時に本人情報として、住所とかと一緒にどこかに入力したんだろうな~
予想していなかった事だけに、どっちもちょっと嬉しかったな。

0302-12.JPG
このホテルには雰囲気の良いバーがあって、深夜0時30分まで開いています。このバーでは、浴衣での~んびりとお酒が飲めます。

0303-1.JPG

翌朝も朝から温泉に浸かってゆっくりスタート。11時のチェックアウトギリギリまで居て、ぶらぶらと湯本の街を歩き、お土産を買ったりしながら箱根湯本駅まで行き、お昼のロマンスカーで女ひつじさんの両親を送りました。
そして小田原から「こだま」で乗り換えもせずに京都まで。ちょうど3時間かかりました。
0303-3.JPG0303-5.JPG

今回は女ひつじさんの両親の金婚式を祝う旅でしたが、私にとっても新しい1年をスタートする旅でもありました。
この旅のような“の~んびり”した1年だと良いのですが・・・ね~・・・
nice!(7)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

有言実行? [ラン♪]

とうとうデビューしました[exclamation×2]

2009年3月8日、午前8時45分に第16回 京都シティハーフマラソンがスタートしました。
0308-8.JPG
京都シティハーフマラソンは、平安建都1200年を記念して1994年に始まった大会で、毎回4000~7000名余り(1回は10,368人)の市民ランナーが都大路を駆け抜けて来ました。今回も日本全国から、また17名の海外からの応募も含め、8,579名の申し込みがあったようです。(実際に出走する人数は減るようですが・・・)
そんな数多くのランナーや京都市民に愛されてきた京都シティハーフマラソンも今年が最後になるようです。大会運営費の4割を負担してきた京都市の財政難が原因だそうですが、本当に残念な事で、早期に復活してくれる事を願うばかりです。

京都シティハーフマラソンは、平安神宮前をスタートし、御池通り、烏丸通りと進み京都御苑に沿って今出川通りを右折、そして出町から賀茂川沿いの加茂街道を北上し、北山通りから修学院へと進み、さらに北上し岩倉の京都国際会館前で折り返し。そこから白川通りを一気に下り、天王町から丸太町通りに入るとゴールは目前。そしてスタート地点の平安神宮前がゴールになる21.0975キロのコースです。
0308-0.gif


以前の記事(42歳の挑戦やいかに・・・)で東京マラソンに挑戦したくなった事を書き、そして抽選に落選した事(サクラチル東京マラソン)を書いていましたが、せっかく走って来たんだから勿体無いという事で、京都シティハーフマラソンに申し込んでいました。
なので、11月の落選通知以来も週に2~3回ペースで1時間12キロあまりを走ってきました。ただ、大会までにはちゃんと外のコースも走っておこうと思っていたのが、結局一度も走れ(ら)ず終いで、ランニングマシン上をガラガラを走っただけでしたので、実際にどんなものかも見当が付かず、とっても不安な気持ちでスタートをむかえました。
しかしながら、反面、いつも景色の変わらない所をi-Podで気分を紛らわしながら走ってたのが、大会ではどんどん景色が変わって、また外の空気が気持ち良さそうで、その点では楽しみでした。

あと、いつも12キロあまりを走ってきて、それ以上には走った事が無かったので、21キロあまりは自分の中では未知の距離であり、その点でも不安な気持ちが募ります。

申し込み時に書いた目標タイムは1時間50分。
ゴールの制限タイムは2時間15分以内で、途中5ヶ所にも関門があり、決められたタイムを超えてしまうとそこで終わりです。
お天気はちょっと肌寒いながら晴れ。
さて、距離が半分になっちゃいましたが、マラソン初デビューという42歳の挑戦やいかに・・・

☆申告目標タイム順にゼッケン番号が振られ、私は8ブロック中7ブロック目の後方からのスタート
0308-2.JPG
はじめの2キロくらいまではほとんどノロノロ。その後も道の狭い所では追い抜くのも一苦労でした。前半はラグビーのステップばりに人の間を縫って前に出なくてはならない所も多く、後から考えると要らん体力を消耗してしまいました。

☆やっぱり外は気持ちいい!
0308-3.JPG
普段、車で走り慣れた道を走るのも新鮮で、沿道からもたくさんの人たちが応援してくれて、本当に気持ちよく走れました。途中、学生時代からの友達のご両親に声をかけてもらったり、思いがけず仕事でのお客様にも見つけていただいてご声援をいただきました。
そんな中を、走る前に決めていた1キロ5分のペースをほぼ崩す事無く走り、折り返し地点を過ぎた時にはまだ「もうあと7キロちょとか・・・楽勝かな・・」と余裕があったのですが・・・。

京都は北に向かって土地が高くなっており、折り返し地点からは一気に下ってくるだけだから、ペースを上げてと目論んでいましたが、さすがに甘かったな。

残り5キロの表示が見えた辺りから、足がずんずん重くなってきて、それに伴って呼吸も苦しくなってきました。
こりゃスパートどころか、最後まで歩かず走りきろうと思ってたのさえ怪しくなってきました。
ただ、そう言ってもあと残りは数キロ。「ここは根性で走り抜かなきゃ」と気持ちを奮い立たせてゴールを目指しました。

☆あと1キロ!
0308-4.JPG
前半は10キロから11キロ、12キロ・・・とあっという間に1キロが過ぎ去りましたが、この残り5キロからの1キロがとてつもなく長かったです。
最後の1キロも本当に長かった。
それでも、最後の力を振り絞って、思わず吐きそうになりながらゴールラインを超える事が出来ました。

0308-9.JPG
マイストップウォッチでのタイムは、1時間45分40秒。
ちょうど1キロ5分ペースという事になりますね。正式なタイムは後日、郵送で送ってくるようですが・・。

☆ゼッケン番号は6363
0308-7.JPG
走る前には冗談で「むざむざ やられちゃわないように」なんて言われてましたが、この初マラソンの記念すべき番号は一生忘れないと思います。


昨年の4月から走り始めてほぼ1年弱。
1年前を振り返った時には、まさかマラソンを走るなんて夢にも思わなかったと思います。
距離は半分になっちゃったけど、ちゃんとここまでトレーニングを続けて、そして逃げる事なくスタートし、そして目標タイム以上で完走できた自分に・・・・・・
今日だけはちょっと褒めてあげてもいいかな・・・




nice!(6)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

寝るのが仕事さ [わんわん]

3月に入って、東京&箱根旅行の事や、マラソンデビューの事を記事にしたので、にぱっの様子がちょっとご無沙汰になってますが・・・

とうぜん、相変わらず元気にしています。
そして、相変わらず、“食っちゃ寝食っちゃ寝”してますよ[わーい(嬉しい顔)]

先週末の土曜日。
翌日はハーフマラソンだったので、この日は休養日にして、ジムには行かずにジムショへ行って、チョイと仕事をしました。
にぱっも一緒に出社したのですが・・・

0307-0.JPG
0307-1.JPG
0307-2.JPG
0307-3.JPG
0307-4.JPG
いつものキャリーバッグを忘れたので、即席のベッドを作ってあげると、けっこう居心地が良かったのか、すぐにスヤスヤ[眠い(睡眠)]

私の仕事が終わるまで、おとなしくお昼寝をしててくれました。
0307-5.JPG


翌日、にぱっも京都御苑わきまで私の応援に来てくれたようですが・・・・結局、私を見つけられず仕舞いだったようです・・・[犬]
nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

春は(も)ねむ~い [わんわん]

ここのところ、日中はずいぶんと暖かい日が多くなりましたね。
もう春ですかね~

“春眠暁を覚えず”

我が家のにぱたん

1つ前の記事では7日の週末の様子をお伝えしましたが・・・

この土日もこんな様子でした。
0315-1.JPG
あらら・・・
またムートンの海に漂ってますね[わーい(嬉しい顔)]
春とは言え、にぱっはいったい一日のうちのどのくらいを眠って過ごしてるんだろうな~

0315-2.JPG
まぁ、これは私が、深夜にラグビーの6NATIONSを見ている時の様子ですから、眠っててもおかしくは無いのですが・・・

それにしても、いつ見てもよく寝てるよな~[眠い(睡眠)]
nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

3月生まれさん集合 [つれづれ]

昨夜は我が家で、3月生まれ誕生日会が開かれました。
我が家などでの飲み会にいつも集まるメンバーの中で、3月生まれさんが私を含めて3人いるので、まとめて誕生日会を開いちゃおうという事です。


夕方から、みなさん手に手にプレゼントやお酒を携えて集まって来てくれました。
今夜のメニューは女ひつじさんプロデュースで、手巻き寿司パーティとなりました。
祝日で、街の魚屋さんがお休みだったので、材料はデパ地下で調達となったようですが、意外にどれも新鮮で美味しかったように思います。最近のデパ地下も、生鮮食料品なんかも力を入れていると聞いてはいましたが・・・。
0320-1.JPG
0320-2.JPG

[プレゼント]ロミヒーちゃんからの手作りのプレゼントです。
0320-3.JPG
かわいい土鍋を作ってもらった事を、以前の記事に書きましたが、今回はいい風合いの“ぐいのみ”です。
0320-4.JPG
さっそくに栃木県小山の方からいただいた地元のお酒を、この“ぐいのみ”でいただきました。ちょうどいい大きさで手にもしっかり馴染み、美味しいお酒が更に美味しく感じられました。

今回もHYちゃんがパンを焼いてきてくれました。
0320-6.JPG
本当にプロ並みの出来映えで、モチモチしていてワインやシャンパンにも合います!

[バー]春を先取りしたリキュールも登場しました。
0320-7.JPG
奈良県吉野の北岡本店の「さくらさらさら」という焼酎ベースのリキュールです。
0320-8.JPG
ほんのりと桜色をしていて、ちょっと甘酸っぱい爽やかな味わい。ボトルの中には、桜の花が一輪、はらはらと舞っていました。

[バースデー]パーティの終盤にはケーキもカットして・・・
0320-9.JPG
みんな酔っ払ってたので、ローソクの数は適当で意味はありません[わーい(嬉しい顔)]

そんなこんなで、この夜もビール缶やワイン、日本酒などの瓶がゴロゴロと転がりだした午前1時半ごろにお開きに。


[プレゼント]お誕生日はちょっと前になりますが、にぱっにもプレゼントをいただきました。
0320-10.JPG
0320-11.JPG
ひつじのお耳付きの洋服です。ちょいとおバカっぽいですが、かわいいです!特にピンクのお耳がチャームポイント!

[犬]ちょっと前半はしゃぎすぎたのか、後半はオネムモード[眠い(睡眠)]
0320-12.JPG


nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北のグルメパーティ in京都 [つれづれ]

昨夜は「北のグルメパーティin京都」を開きました。

いつもお世話になってる北海道のナカさん夫妻が、昨年秋に京都へ遊びに来られた際に一緒に飲んだお店で、「年が明けたら、ここで毛蟹パーティをやろうよ!」と盛り上がったのが発端で・・・
先日ナカさんから連絡があり、「あの時の話、実現しなきゃね~」って事で、昨夜に至りました。

今回ナカさんが北海道から持ち込んでくれた食材は、特大サイズの毛蟹が22ハイにボタン海老40尾、これまた特大の黒ホッキ貝に鉄砲汁用の毛蟹。
0322-1.JPG

これに対するのは、私の仕事関係の仲間と女ひつじさんの飲み仲間+αで編成された14人。お店にも「多いから適当に食べてくださいね」と言いましたが、果たして食べきれるかどうか・・・
北のグルメvs14人のフードバトルは、午後6時30分に乾杯からスタート!
まずは茹でた毛蟹から。
0322-3.JPG

甲羅にミソと蟹身を詰めて、そこにお酒を混ぜて炭火で焼きます。
0322-5.JPG
なんとも言えない美味しそうな匂いがたちこめます。ほど良いところで火から下ろしいただきます。
蟹ミソとお酒が相まって、とってもまったりと濃厚なお味です。

0322-4a.JPG
今回は、グループ分けすると5グループくらいの混成チームでの会で、初対面の方も多かったのですが、美味しい食べ物とお酒があれば、すぐに打ち解けて盛り上がれますね~。

写真を撮り忘れましたが、この後にボタン海老の塩焼きが出て、頭からバリバリと食べ、そしてお次は黒ホッキ貝のバター醤油焼へと移ります。
0322-6.JPG
ちょっとガーリックの効いたバターと醤油の風味が、また食感が変わって食欲をそそります。

炭焼きが一段落したら、ボタン海老と黒ホッキ貝のお刺身。
どちらも言葉に表現出来ないくらい甘くて、これまた濃厚なお味でウマ~!
0322-7.JPG

もう、ここら辺りでお腹はパンパン状態でギブアップ寸前です。
最後のシメには、白味噌仕立ての鉄砲汁と、たらこ(これも北海道産です)と白飯。
0322-8.JPG
お腹がいっぱいな筈なのに、汁の美味しさと、たらこ&白飯という誘惑にかられ、しっかりと食べてしまいました。

午後10時過ぎ、みなさん「もう~お腹いっぱい。食べられませ~ん」というところでお開きに。
結局、北のグルメに対し、14人は撃破する事が出来ず、毛蟹も数ハイ食べきれなかったので、何人かの人にお土産に持って帰ってもらいました。


本当に今回もナカさんにはお世話になりました。今回は、このパーティのためだけに、はるばる京都まで来てくれたそうで、京都観光もしないで帰るそうです。
「また次回はゆっくり観光に来てくださいね」とお別れしました。


[レストラン]今回は無理を言ってこちらのお店の二階をお借りしました。
「えはら」 http://www.ehara-kyoto.jp/
0322-2.JPG
すご腕の大将のお店です。

nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

待ちくたびれちゃったよ~ [わんわん]

私の帰りの遅かったある日のにぱっ

002.jpg
001.jpg

あらら・・・ 
遅くなっちゃってごめんね・・
nice!(7)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。