So-net無料ブログ作成
検索選択

すべり台 [わんわん]

日曜の朝のお散歩
0830-14.jpg

ちょっとコンビニ寄るから待っててね
0830-11.jpg

最近、改修されて新しくなった公園で。
女ひつじさんに無理やり滑り台に連れて行かれましたよ
0830-12.jpg
腰が引けちゃって、とっても怖そうです~

なので、膝に抱えられながらひゅ~っと滑り降りてきました。

次は低いところからひとりで滑らすと・・・
0830-13.jpg
あらあら・・・ 横向きに落ちてきましたよ
映画のようにはいかないもんですね・・・[わーい(嬉しい顔)]
nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カップ麺 [つれづれ]

日曜の朝のコンビ二にて、とあるカップラーメンが目に留まりました。

「おっ!新福菜館やん」

正式には“地域の名店シリーズ 新福菜館 京都たかばし本店”というネーミングらしい。
新福菜館と明星食品とセブンイレブンが共同開発して、関西地域限定で発売しているらしいです。

r1.jpg

『たかばし』って言うのは、JR京都駅の東側にある、線路をまたぐ誇線橋の事です。その『たかばし』の北詰に昔から2軒のラーメン屋さんが並んでいて、その一軒が『新福菜館』です。
『新福菜館』は確か月に2~3日しか休みが無く、営業時間は7時30分から23時(今は22時だそうです)までで、もう一軒の『第一旭』は木曜定休の5時から2時までの営業なので、よっぽど運が悪くない限り、どちらかのラーメン屋さんにありつけるといった印象です。

どちらも甲乙付け難く美味しいと思います。京都以外の人にも結構人気があるようで、出張で来られる某保険会社の役員さんも、必ず深夜か早朝にでも食べていかれます。
お昼時分なんかには行列も出来るのですが、車で前を通る時に「今日はどっちの行列が長いかな~」なんて楽しんでいます。

で、カップ麺版ですが・・・
r2.jpg
見た目の出汁の色は、まずまず雰囲気が出ています。
お味の方は・・・
「う~ん・・・こんなもんかな~」

まぁ、いくら技術が進んだといっても、またいくら本気で開発したと言っても・・・
「お店で食べるより美味しい物は作らんわな~」
ってのが感想です。

「きっと、最後の“ミソ”は秘伝だから、そうは簡単にはオープンにはならないよな」
nice!(6)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

久し振りにCANDYへ [JAZZ]

昨夜は久し振りにCANDYへ、ライブを聴きに行って来ました。

いつも鮎ちゃんや大野さんのライブで顔をあわすジャズの・・・いや、人生の大先輩にもお会いし、グラスを傾けながらライブを聴くという、ちょっとプレミアムな時間を過ごし、リフレッシュさせてもらいました。

昨夜のミュージシャンは、いつもお馴染みの木原鮎子、井上弘道、大野綾子、衛藤修治というカルテットで、さすがに長く定期的に組んで演奏しているだけあって、チームワーク抜群って感じになって来ました。
私の中では、今、一番聴いていて落ち着くバンドの一つかも知れません。

0903-1.jpg
☆最近は、トレードマークのようだった帽子を被ってない大野さん。ちょっとエレガントな雰囲気に・・・
0903-2.jpg
☆鮎ちゃんもずいぶん大人になりましたね(笑)
0903-3.jpg
MCもどんどん上手になっちゃって・・・ でも、あのバタバタが少なくなってちょっと寂しいかな・・・


nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

懐かしい公園 [つれづれ]

今日、仕事で京都市北部の上賀茂へ向かう途中、懐かしい公園のそばを通りかかりました。
ちょっと時間があったので、車を停めて降りてみました。

0908-11.jpg

鹿ノ下公園という公園で、さすがに平日の日中なので人影も見えませんね。

私がこの公園に初めて行ったのは、小学校の頃の事なので、もう30年以上も前の事になります。自宅からはちょっと距離はあるのですが、当時は父と兄に連れられ、車で出掛けたものでした。確か、我が家の先代マルチーズのハリーも一緒だったと記憶しています。

当時は兄の方がラグビーに熱心で、私は全く興味がありませんでした。と言うか、兄が通っていたラグビースクールに、休日になると一緒に連れて行かれ、私はインゴールやタッチラインの外で虫取りなんかをしながら退屈な時間をつぶしていたので、あまりラグビーが好きでは無かったと思います。
そんな兄と父がラグビーボールを持ってこの公園を訪れ、キックやパスの練習をしていました。
私も見よう見まねで、へんてこりんな形をしたボールを、力いっぱい蹴っていたと思います。へんてこりんな形をしたボールは、サッカーボールと違って、なかなか思うように飛んでくれなかったように思います。

ちゃんとラグビーボールをキックしたのは、あの時が初めてだと思いますので、今から思えば、私のラグビーのルーツのひとつは、この公園にあったのかも知れません。


あの頃は、公園の周りにはほとんど住宅もなく、公園の木々も小さくて、ただただだだっ広い空地のような所でした。今日と同じく人影もありませんでしたし。
それが今では、公園の周りには住宅がたくさん建ち、そして公園を取り囲むように青々とした木々が立派に成長していました。

あれからもう30数年か・・・けっこう鮮明に記憶が残っているもんだな・・・
兄や父はあっちでもラグビーボールを蹴っているのだろうか・・・
nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

我が家カットの出来映えは・・・ [わんわん]

ここのところ暑さも和らぎ、ずいぶん過ごしやすくなりましたね。
夜、窓を開けたまま寝ていると、ちょっと寒く感じるくらいです。

そんな気候なんですが、久し振りににぱっを我が家カットしました。
ちょっとモサモサになってたので・・・

モサモサ
0906-3.jpg

ちょいスッキリ
0909-2.jpg
0909-1.jpg

さすがに我が家カットだけあって、あちこちに段々が出来てます(だから全身は写ってない?)し、ちょっとお耳が大きくて目立っちゃってます[あせあせ(飛び散る汗)]

nice!(4)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

早く見つかりますように [わんわん]

みなさん、ご協力ください!!

私の前記事のコメント欄に、とっても心配な連絡がありました。

とってもかわいいマルチーズのハルくんのママさんからなのですが、
9月9日の午後6時にハルくんが家から居なくなってしまって、まだ見つかってないそうです。

あちこち探し回り、警察や保健所にも連絡をし、迷子犬のチラシをお店に貼ってもらったりしているそうです。
そのほか、見つけるためにすべき事など、アドバイスやヒントなどがありましたら、教えてあげて下さい。
よろしくお願いします。

ハルくんは確か10歳かな。東海地方(たぶん愛知?)在住です。

小春日和 http://tintinlink.blog.so-net.ne.jp/2009-09-12

早く無事に帰って来てくれると良いのですが・・・
コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

にぱっと田辺へ [ラグビー]

13日の日曜は、お昼前ににぱっと車に乗り込み、京田辺へと向かいました。
道も空いていたので、あっという間に同志社京田辺キャンパスに到着。

駐車場に車を停めて、陸上グランドとサッカー・アメフト場の間をぶらぶらと歩いて、キャンパスのほとんど一番奥に位置するラグビーグランドに着いた時には、1試合目の後半に入ったところでした。

先輩や副部長先生などに挨拶をしてから、グランド脇の斜面に陣取って観戦しました。
11時25分キックオフで始まってた1試合目と、その後の2試合目は岐阜の朝日大学との試合でした。朝日大学は岐阜歯科大学が発祥の大学で、そのラグビー部は東海学生Aリーグに所属し、中京大学、名城大学、愛知学院大学を破って、更には関西第5代表をも撃破して、初の全国大学選手権出場を目指しているチームだそうです。
ヘッドコーチの履歴を見てみると、天理高校出身で元ヤマハ発動機という事は、監督のアキラの後輩なんですね。そんなご縁もあって春に続いて練習試合を組んでいるんでしょうね。
0913-3.jpg
0913-4.jpg
2試合とも同志社が勝ちましたが、いまいちペースがつかみ切れず、重そうというか何というか動きが今ひとつの同志社に対し、朝日大学の方が元気よくプレーしていたように感じました。

0913-10.jpg
お天気がとっても良く、日差しはまだ強かったですが涼しく心地良い風が吹いて、とっても気持ちの良い観戦日和でした。空も秋色ですね。

はじめはキャリーバッグに入って寝ていたにぱっも・・・
0913-2.jpg
0913-1.jpg
起き出してきて、私の膝の間で観戦。
0913-5.jpg
[犬]なんかぶっさいく~な顔してますね・・・
0913-7.jpg

15時からは京都大学との定期戦。
0913-6.jpg
第何回目かは忘れましたが、関西では伝統ある定期戦の一つです。私の学生時代は、京大も関西Aリーグに入っていましたが、脱落してからずいぶん長くなります。
ここ数年、二本目以下のチームで対戦してきた同志社ですが、毎回ヤバイ試合をしたり時には勝利を献上しかけたり。
という事もあって・・・ いや・・・という事はあまり関係ないようですが、今回はAチームに近い形での対戦となりました。

試合は、開始早々から同志社が攻め続け、あっという間に先制トライを奪い、その後もトライを量産。
0913-9.jpg
0913-8.jpg
後半に京大にゴール前からのモールを押し込まれ1トライを許しましたが、同志社選手がグランドを駆けめぐり、終わってみたら126-5の圧勝に終わりました。
0913-11.jpg
今月27日から始まる関西リーグでも、こんな調子で頑張って欲しいものです。

[犬]4時間あまりの観戦を終えてにぱっはちょっとお疲れ・・・かな?
0913-12.jpg
nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北の大地の恵み [つれづれ]

今年も北海道から大地の恵みが届きました。

ここ数年、毎年夏前に美瑛の原田農園さんにお願いしていた「じゃがいも」です。
一緒にオーダーした「とうきび」は先月届いていて、今年もとってもあまーくてぎっしりとつまったコーンを楽しませてもらいました。
jyaga-1.jpg

今年も「レッドムーン」と「きたあかり」の2種類を注文しました。味や煮くずれの具合がそれぞれ違うので、お料理によって、また好みによって使い分けるようです。
他に「男爵」なんかもあるのですが、じゃがいもばっかりたくさんあっても食べきれず、芽を出さしちゃうのがオチですから頼めず仕舞いです。

ニュースやなんかで、「今年は冷夏・日照不足の影響で、お米や野菜の不作が深刻で・・・」と伝えられていたので、「今年のじゃがいもは今ひとつかな・・」な~んて思っていましたが、食べてみるとやっぱり今年も相変わらず美味しかったです。
フレンチフライに肉じゃが、ポテトサラダとひつじ母がさっそく料理しましたが、どれをとっても昨年と変わらず美味しかったです。
お値段も昨年通り。
近所のスーパーとかでは野菜の高値が目立ち、じゃがいもも同じく高かったようですが、その点でもお値打ちでした。
jyaga-2.jpg

原田農園さんは、2年前の初夏に北海道を周った時に、ちょっとした偶然で紹介してもらったのですが、これで3年続けてお願いしています。毎年変わらず安定して美味しい大地の恵みを送ってもらえ、本当にありがたいです。


今週の木曜日の夜は、東京から出張で来ていたS君と祇園のCANDYへ。
東條やすこ(Vo)、星山啓一(P)、衛藤修治(B)というトリオでした。
0917-1.jpg
ヴォーカルのやっちゃんはまだそんなにステージをこなしてませんが、だいぶん慣れてきたようですね。歌も上達してるようです。
MCはもうちょっと頑張って・・・かな・・・

それにしても、ヴォーカルもMCも師匠に似てくるもんですね。そうやって場数を増やしていくうちに、自分オリジナルを確立していくんでしょうが・・・。
「ま~、ヴォーカルは仕方ないけどMCは・・・」と思いながら、ふと思い出してみると・・
「あ~、普段からやっちゃんってあんな話し方だわ・・」と一人納得。

そんな事を思いながら、前回ブッカーズから変えたマッカランを気持ちよく呷ってお店を後にしました。
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

N.Gワード [わんわん]

誰が名付けたかシルバーウィークも早くも2日が経過しました。
テレビニュースでは連日、高速道路の渋滞や新幹線、そして空の便の混雑を伝えていますが、特にどこに出かけるという事もなく、大型ショッピングセンターへ食材の買い出しに出掛けたりお風呂掃除をしたり。

連休の後半は、22日の“京都音博”に女ひつじさんの友人が来るのに合わせて「十五夜でも無いのにお月見パーティ」を開く予定なので、ちょっとだけ賑やかになりそうです。

さて、お風呂を掃除したついでににぱっも洗っちゃいました。

「お風呂でも掃除するか・・・」という私の言葉に反応して、そ~っと存在を隠すようにしてハウスに逃げ込むにぱっ
どのわんこもそうでしょうが、good!ワードとN.Gワードには敏感に反応します。にぱっのN.Gワードは“お風呂”“ちゃいちゃい”“カット”“ちょんちょん”“おみみ”“お留守番”など。(“ちょんちょん”はトリミングの事です・・)
“お留守番”にはじっと固まって悲しそうな顔をするのに対して、それ以外のお手入れ系に対してはひたすらに見つからないようにそそくさとハウスに逃げ込むにぱっ
いったんハウスに逃げ込まれちゃうとこれがまた大変で・・・。
プルプル震えて、無理に出そうとすると「う~っ」と呻って必死の抵抗が始ります。
うっかりカドラーに手を入れて引っ張り出そうとすると、この時ばかりは要注意でカプッと咬まれる恐れがあります。
まっ、そんな時もサイズがサイズですから、カドラーごと引っ張り出されちゃうんですけどね(^O^)

今回も必死の抵抗&籠城の甲斐なく敢え無くお風呂に放り込まれたにぱっ
そのお疲れからか、すっかり涼しくなった今夜は(も)まったりと・・・
0920-1.jpg
眠ってるかと思うと、たまにじっとこっちを見つめてる時もあったりします。
0920-2.jpg
何を考えてるんでしょうね~
まさか「今日は嫌なお風呂に入れやがって~」なんて事はないよな~^^;

あらら・・・また舌チョビーになってるよ(^。^)
0920-3.jpg
0920-4.jpg

nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

シルバーウィーク後半(どん) [つれづれ]

連休後半の我が家は、賑やかに過ごしました。

敬老の日の月曜午後に、女ひつじさんの友人が東京から、そして私の前職時代の同期が名古屋から京都に集まって来ました。
女ひつじさんの友人は翌日の「京都音博」へ行くためで、私の同期は訳あって暇な連休を過ごすので、退屈しのぎに遊びに来たもので、たまたま日にちが合っただけで面識はありませんでした。
が、面識は無くとも、我が家へやって来た来客さんなので、2泊3日の間、「京都音博」を除いてほとんど行動を共にしました。

一晩目は焼き鳥でも食べに出掛けようという事になり、名の知れた有名処を片っ端から電話してみましたが、さすがに連休中だけあってどこもいっぱい。
5時過ぎに電話してて「8時か9時頃には空くと思いますが」なんて調子ですから、残念ながらあきらめて普段よく行く六角通りの「どん」へ。

「どん」の開店まで1時間ほどあったので、三条の文化博物館前のオープンテラスでビールを飲んでウォーミングアップ!
0921-2.jpg
ビールはハートランドでした。ダイナミックにラッパ飲みです。
0921-1.jpg
以前から前を通るたびにちょっと気になってたのですが、気候も良かった事もあり、とっても気持ちよく、雰囲気もナイスでした。

そして6時30分の開店を待ちかねたように5人で「どん」へ。
0921-3.jpg
0921-4.jpg
翌日の野外コンサートに備えてあまり飲まないと言っていた音博組みも、気が付いたら普段通りビール~焼酎と進んでおり、私の同期のNKも日本酒をグイグイ飲んでました。
この頃には、初対面の我が家の来客たちも互いに打ち解けて、あれやこれやと話しながら盛り上がり、またNK家の現在の深刻?な身の上話を語りあいました。

二階の座敷で飲んだのですが、壁から天井まで落書きがびっしり。
その中のひとつに一同納得!
0921-5.jpg

「どん」を出た後、盛り上がりもそのままにラーメンへ。
0921-6.jpg
0921-7.jpg
ヤバイヤバイと思いながらも、醤油とんこつ?系のラーメンを完食しちゃいました。

nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シルバーウィーク後半(お月見パーティくずれ) [つれづれ]

一夜明けて火曜日。
午前9時に音博組みを梅小路公園まで車で送っていき、私とNKはお昼前からスポーツジムへ。
音博へ行かない私とNK。オッサン2人で京都観光は無いやろ~って事で、また名所旧跡はきっと観光客でごった返しているはずですから、のんびり健康村感覚で私の行っているスポーツジムへ行く事にしました。
NKは明治のラグビー部のOBで、私とは社会人リーグのチームで5年間あまり一緒にプレーしました。なので、一緒にランニングなどで汗を流していると、ちょっと昔を思い出します。
ストレッチの後、1時間ほど走ってからプールへと向かい、少しプールの中を歩いた後に屋外ジャグジーとマッサージプールで体を癒しました。
特に屋外ジャグジーは気持ち良かったです。曇っていて風があったので涼しく、ちょっとした露天風呂感覚で、昔話や現在の業界の事などをあれこれ語りながら、まったりと過ごしました。

結局3時間ほどスポーツジムで過ごし、出てからは遅い昼食に讃岐うどんを食べに行って、その後は夕方までゆっくりとしました。
そして夕方7時前にこんどは音博組みを迎えに行き、家に着く頃にはいつもの我が家飲みメンバーがパラパラと集まりだし「お月見パーティくずれ」のはじまりはじまり。

当初は満月じゃ無いけど屋上でお月見パーティをしようと計画していたのですが、天気予報の降水確率70%に負けて家の中でに変更。
0922-4.jpg
昨年に引き続いて今年もメインはおでん。
0922-1.jpg
大きな鍋にぎっしり煮込みましたが、あっという間にほとんど無くなりました。

それと、今年の夏以来、我が家まわりでブームのたこ焼き。
0922-2.jpg
今回もワイワイと盛り上がりながら、美味しいたこ焼きがたくさん焼きあがりました。
0922-3.jpg

今夜もみるみるうちにビールの空き缶や日本酒の空き瓶の山が築かれ、夜半にお開きとなりました。
お開きと言っても、ひつじ家族以外で2Fリビングに女性4人が、3Fに男が2人雑魚寝してましたから、なんかキャンプか修学旅行のようでした(笑)
nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イヤーブック創刊 [ラグビー]

明日からいよいよ大学ラグビーの関西Aリーグが開幕します。

そして、いよいよ「同志社大学ラグビー部オフィシャルイヤーブック」が創刊します。
drc1.jpg
なんとかリーグ戦に間に合うようにと、印刷会社さんに無理を言って25日に出来上がり、現役選手たちにはその日のうちに配布できたようです。
そして、部員以外の人には明日のリーグ戦での受付けでの販売が最初になります。

イヤーブックの中の色々な人のインタビューにも出て来ますが、学校側の乏しい支援の中で、何とか現役支援をするための施策第二弾です。
後輩でホームページ制作やデザインを手掛ける鎌田君を中心に、OB会の情報委員会で企画立案し制作しました。(といっても、ほとんどを鎌田君がやってくれましたが・・・)
5月くらいから動き出し、コンテンツをどうするか、インタビュー記事は誰にするか、販売はどうするか、制作費用を捻出する為の協賛広告募集をどうするかなどを、会ったり長電話したりで打合せをし、6月、7月の理事会で承認を得て、実際の作業は7月後半からという突貫作業となりました。

そんな時間との戦いの作業ながら、鎌田君の頑張りのおかげで、ぎりぎりリーグ戦に間に合わせる事が出来、また、内容も予想以上に良い物ができたと思います。

drc2.jpg
おおまかな内容は、監督コーチ陣、そしてキャプテン、バイスキャプテン、FWリーダー、主務、マネージャー、トレーナーの現場側からのメッセージ、そしてインタビューは平尾さん、大八木さん、ダイマルさん、そしてファンクラブ代表の小嶋さん。それと、前三洋電機監督の宮本さんとクボタ監督の山神君の対談記事。
あとは、選手名鑑やリーグ戦のスケジュール表などで、表紙裏表紙を除いて94ページのボリュームになりました。
価格は1,500円ですが、試合会場受付けでの販売や、OB会の直接販売は1,000円になります。
販売場所は、各試合会場の同志社受付け、同志社大学生協(10月中旬より通販もあり)、トリコロール(ラグビーショップ)などを予定しています。

鎌田君とずっと話してきた事ですが、このイヤーブックにより現場とOB、応援して下さるみなさん、そして大学が一つにまとまれれば良いのにと言う願いを込めてきました。
現場からOBや応援して下さるみなさんへ、そしてOBやファンクラブさんから現場の選手へ、また学校側へと言った風に、それぞれのメッセージが込められたと思います。

きっと、同志社に関係の無い方でも、それなりに楽しめると思いますので、機会がありましたら、是非手にとって見て下さいね。
drc3.jpg
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年こそは白星発進(対 大阪体育大) [ラグビー]

今年も大学ラグビー関西Aリーグが開幕しました。

午前中は雲ひとつ無い快晴で、日差しがまだ刺すように暑かったですが、これがリーグ戦終盤には寒さに凍えながらの観戦になるので、2ヶ月余りではありますが長丁場です。
今年は例年よりも1週早い開幕になりますが、最終戦は例年通り12月第1週ですので、ちょっとゆっくりした日程になっています。特に10月は、4日に試合を終えると次は31日まで試合がありませんので、これが吉とでるか凶とでるか・・・。素人考え的には、2試合終えて出て来た課題を修正強化出来て良さそうですが、現場としてはモチベーションの持ち方などどんなものなんでしょうか。
あと、今日の開幕戦4試合のうち、天理大学と大阪産業大学の試合は、新型インフルエンザ罹患の影響で来週に延期されましたが、後半の3試合は毎週フルの4カードが組まれており、全く余裕が無いのも心配です。各チームとも万全の対策で、リーグ戦に影響が出ないよう努めて欲しいものです。

さて、同志社の開幕戦の対戦相手は、昨年は5位と低迷した大阪体育大学です。例年ですと、リーグ戦終盤の優勝争いの場面で対戦する相手だけに油断は出来ませんが、何か変な感じです。やはりリーグ戦の勢力図もずいぶん変わって来たという事でなんでしょうね。

試合は、前半開始から序盤は両チームが1PGずつを取り合い3-3の同点から、14分に同志社が今シーズン初トライ。さらに1PGを追加したのち、23分にはハーフライン付近ラックからのボールを9番から10番につなぎ、そこから大きな飛ばしパスで14番大久保選手にわたり見事なトライ。
29分には大体大にトライを許しましたが、その後も手堅く1PGを追加し、前半終了間際のDGは惜しくも外れましたが21-8で折り返し。
0927-1.jpg
0927-3.jpg
後半に入ってしばらくは膠着しましたが、14分にゴール前でフォワードが何度か密集を攻めた後、右に展開して15番がトライ。そして直後のキックオフからは、フォワードがキャッチし出来た自陣22m付近ラックから左に展開し、バックスが面白いようにパスをつなぎポスト中央へのノーホイッスルトライ。
さらに21分にトライを奪い42-8としてから、しばらくは大体大の攻撃する場面もありましたが、それを凌ぎ、37分に再びフォワードが相手ゴール直前で攻め続け、最後はハーフが飛び込んでトライ。39分に不用意なパスを相手にインターセプトされトライを返されましたが、終了間際に更に2トライを奪い、終わってみると63-13の勝利となりました。
0927-4.jpg

今年の大体大の力量が分かりませんので、まだ何とも言えませんが、今日は同志社の良さをたくさん見せてくれたと思います。まだまだミスも甘さも見られますが、フォワードバックスともに上出来だったように思います。前半からもっと思い切って攻めてもいいのに・・・と思うこともありましたが、選手たちも初戦の重さを感じているのかも知れませんね。
あと、随所にいいタックルも見られましたし、前半トライを奪われたものの、その前の自陣ゴール前での粘りのディフェンスは見られましたし、後半25分あたりの自陣ゴール前でのディフェンスも粘り強くよく頑張ったと思います。

思えば昨年、一昨年と開幕戦はよもやの敗戦を喫し黒星スタート。帰りに2年連続で先輩と残念酒を飲んだものでした。
それを思えば、今年は好スタートをきってくれました。この勢いに乗って、リーグ戦の最後まで、そして国立へと突っ走って欲しいものです。
0927-2.jpg

開幕戦のその他の試合結果は、立命館大が17-15の接戦を制して京都産業大を下し、昨年優勝の関西学院大は、摂南大の2人の外国人選手の突破に苦しめられながらも、後半残り10分で突き放して39-24で勝利。
ただ、摂南大の大きな2外国人選手を軸とした攻撃は、なかなかの破壊力があり侮れません。来週は同志社との対戦になりますので、低いタックルで動きを止めないといけませんね。

★前記事で書きましたイヤーブックは、花園ラグビー場前での受付けで本当にたくさんのみなさんに買っていただきました。本当にありがとうございました。
この先も各試合会場受付けで販売いたしますので、まだのみなさん、よろしくお願いします。また、読んでいただいて良かったと思っていただけましたら、まわりのラグビーファンの皆さんにもお伝え下さいね。また愛蔵用に2冊目はいかがでしょうか~。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

山崎蒸溜所 [つれづれ]

ラグビーの事を先に書いちゃいましたので、シルバーウィーク最終日の事を書きそびれちゃいました。

東京からの音博組2人と名古屋からのNK、そして、この日明石から参加のHさんの計6人で、京都大阪の府境、山崎にあるサントリーの山崎蒸溜所の見学に行って来ました。
以前から、色んな人から話は聞いていたのですが、近場という事もあってなかなか機会が無かったのが、ようやく行ってみる事が出来ました。

最寄りの山崎駅までは京都駅からJRで15分弱。JR山崎駅からは地元の古い街並みを眺めながらぶらぶらと。
0923-1.jpg
京都府と大阪府の府境を越えて、約10分でお目当てのサントリー山崎蒸溜所に到着。
0923-3.jpg
余談ですが、この山崎蒸溜所前にはJR東海道線が走っていて、ここが有名な鉄道撮影ポイントでした。子供の頃、北陸への特急や、新大阪発着のブルートレインの向日町への回送列車を狙いに行ったものです。

山崎蒸溜所は、天王山の麓の緑に囲まれたロケーションにあります。とってもきれいな名水の地なんだそうです。
0923-2.jpg

受付けで入館手続きを済ませてから、まずは山崎ウイスキー館へ。

そこには、パネルや実物を使って日本のウイスキーの歩みを展示してありました。とっても貴重なものや懐かしいものが、所狭しと並べられていました。
本格国産第一号ウイスキー「サントリーウイスキー白札」が発売されたのが1929年との事。国産ウイスキーの歴史は80~100年。長いのか短いのか・・・
0923-4.jpg

そのまま歩を進めると、瞬間感動を覚える琥珀色のウイスキーライブラリーへ。
0923-5.jpg
約7,000本の原酒やウイスキーが並んでいます。ラベルには年号や「HIBIKI」「YAMAZAKI」など知った名前も。
0923-6.jpg

そしていよいよガイドツアーの始まりです。
約1時間で、仕込みから発酵、蒸溜、貯蔵というウイスキーの製造工程を、案内係のきれいな女性が説明してくれます。

蒸溜工程。大小、そして色々な形をした蒸溜釜(ポットスチル)が並んでいます。この釜の形や大きさの違いによって、多種多様なウイスキー原酒が出来るそうです。
0923-7.jpg
ここで蒸溜されたばかりのニューポットと呼ばれるモルトウイスキーを試せますが、お味は・・・。「う~ん、アルコール。しかもテキーラみたいに舌が渇くような感じで・・・。」

貯蔵庫。常温ながらちょっとひんやりした薄暗い庫内で、たくさんの樽が積まれています。ここでも、大きさも種類、そして新しいのから何度も使用した古いのまで、多種多様な樽が並んでいます。この樽によって、熟成後の味わいが変わってくるそうです。
0923-8.jpg

貯蔵庫から外に出ると、とってもきれいで透き通った水をたたえた池を見ながら試飲会場へ
0923-9.jpg

試飲会場では、山崎と白州の12年、そして美味しいお水を試飲させてくれます。
ストレートに水割り、ソーダ割り。色んな飲み方で試せます。
0923-10.jpg
0923-11.jpg
山崎12年と白州12年の飲み比べもさせてくれます。私は水割りなら山崎、ストレートやトゥワイスアップなら白州かな・・・
0923-12.jpg

この試飲で結構ウイスキーを堪能させてもらってガイドツアーの終了。
ファクトリーショップで限定品のお酒やツマミを買って、最後はテイスティングカウンターへ。
0923-13.jpg
ここではサントリーのみならず、マッカランやボウモアなど世界のウイスキーも試せます。また、普段は高くて手の出ない「響30年」なんてのも、1ショット2,300円なら試せます。
みんなで色んなウイスキーをワイワイと試してから、ほろ酔いで蒸溜所を後にしました。

これだけ施設を案内してもらって、更にはウイスキーを試飲させてもらっても無料とは。
さすがにサントリーさんです。
しかも、明石のHさんが事前にネット予約してくれていたので、お土産のショットグラスまでいただきました。
0923-14.jpg

これで私もサントリーファン。
後日出掛けたバーでオーダーしたのは、当然「山崎12年!」
nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。