So-net無料ブログ作成
検索選択

恒例の豊岡 [つれづれ]

月末最終日の月曜日は、例年通り豊岡のお取引先を訪問してきました。

私が京都に戻った平成6年から毎年ご訪問していますから、もう15年以上になりますね。事務所としてはそれ以前、祖父の代からご訪問を続けていますから、いったい何年になるのでしょうか。
以前は車で行く事が多かったのですが、ここ最近は電車で行く事が多くなりました。

今年は京都7時39分発のこだま691号で出発。
0531-1.jpg
わずか一駅の乗車で、新大阪で特急 北近畿1号に乗り継ぎ、豊岡へは10時45分の到着。
このルートはもう何回も使っている(はまかぜに乗りたくて、お昼出発にした年もありましたが・・・)のですが、今年初めて気が付いた事があります。鉄分のちょいと入った私としては不覚ですが。

いつもは京都から新大阪までを東海道線の新快速を使っていました。朝の通勤時間帯ですので、混んだ車内を荷物を持って汗をかきながら立って行っていました。この行程の中で唯一憂鬱な一瞬なので、それを回避したく新幹線を使ってみようかと調べてみると・・・

同時刻の出発ながら運賃+料金の合計が、これまでの新快速利用だと5,760円なのに対し、新幹線を使うと5,500円となります。
こだまは13両が自由席ですからゆったりと座って行ける上に、260円の節約ができるとは・・・。
これは、新幹線の一駅の特定特急料金が840円プラスになる分、北近畿の特急料金が乗り継ぎ割引が効いて2,190円が半額になり1,100円のマイナス。なので、都合260円の節約と相成る訳でして、金額的には大した事じゃありませんが、汗をかかずにゆっくり座ってスタート出来るのは大きいです。知っているのと知らないのとでは大きな違いですね。

新大阪からの北近畿1号もビジネス客がパラパラ。週末やシーズンには城崎温泉へのお客さんで混んでいるのでしょうが、さすがに月曜の朝ですからね~
0531-2.jpg
緑いっぱいの中をすすみます。
0531-3.jpg


豊岡での仕事を終え、今年もお昼をお誘いいただいたのを丁重にお断りし(さすがに月末ですし・・)、12時45分発の特急きのさき6号で京都へと戻りました。
電車を待つ豊岡駅のホームでふと目にとまった自動販売機。
0531-4.jpg
よく見ると「カバンの自販機」って事で、豊岡ゆかりのプリントが施されたトートバッグが、ワンカップのようなカプセルに入れられて販売されてます。
さすが“鞄の街、豊岡”ですね。
0531-5.jpg

帰りの車内では今年も駅弁を食べましたよ。
今年も豊岡駅のホームで購入したのですが、昨年購入した但馬牛 牛弁は無くて、同じような雰囲気の「玄さんの但馬牛ちらし」なるお弁当を選択。ちなみに同じ業者さんです。
0531-6.jpg
(玄さんとは豊岡市のマスコットで、天然記念物の玄武洞から来てるようです。)
入れ物は後にも使えそうなしっかりとしたプラ製。玄さんの顔がデザインされてます。
0531-7.jpg
で、肝心の中身の方は・・
0531-8.jpg
甘辛く味付けされた牛しぐれ煮は昨年同様で美味しく、すし飯との相性も悪くなく、そこそこ満足いくお弁当でした。
この“そこそこ”は、さすがに去年のと比べるとボリューム感が違うというか。
「さすがにコスト合わなかったか~」と思っちゃいました。
それとも牛肉が値上がりしてるのかな? あるいはパッケージや容器にコストかけちゃったかな? はたまたあるいは売上の一部を「豊岡市コウノトリ基金」へ寄付してるそうなので、その分のお肉が減っちゃったかな?
な~んて、あれやこれやと勝手に考え巡らせてるうちにウツラウツラ。
気が付いたら、電車は映画村の脇を走っているところで、数分で下車駅の二条に到着しました。
0531-9.jpg
この改造183系もずいぶんくたびれましたね~
nice!(3)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

風邪は万病のもと [つれづれ]

それは先月の月末の事でした。
豊岡から午後3時半過ぎに事務所に戻り、せっせとデスクワークをこなしていました。

夕方5時半に少し席をはずし事務所に戻ると、女ひつじさんが左脇腹の心臓の下あたりを押さえてデスクに突っ伏してます。
「どうした?」と問うと、「心臓の下あたりがすごく痛い。息も苦しいくらいの激痛で・・・」と。

はじめは「どこかでぶつけたか?」と安易に考え、半分笑いながら訊いたら、どうやら何があった訳でも無く、パソコン作業をしていたら突然に激痛がきたらしい。
「肋骨が折れたんやろか?」
「ぶつけた訳でも無いんやったら、折れる訳ないやん」
なんて会話をしていると、どんどん痛みが増して来たらしく、本当に息も苦しそうにしだしました。

これはまずいと思い、「病院に連れて行かなきゃ」と思ったものの、「はて?何科へ行ったらいいかな?」と原因が分からないだけに思い当たらず、また、女ひつじさんの苦しそうな様子を見てると「こりゃ救急しかないわ」って事で、車を飛ばして日赤の救命救急センターへ横付けしました。

入ってすぐの受付けで事情を話すと、直ぐに看護婦さんが付いてくれ、治療室へと連れて行ってくれました。私も一緒にと思ったのですが、警備員さんが「また救急車が来るから、車を動かして下さい」と来られたので、車を動かして廊下で待つ事に。

廊下の椅子に座り、1時間・・2時間と経過し、その間にも救急車で運び込まれる人や点滴をしながら処置を待つ人、手を火傷したのか切ったのか包帯でグルグル巻きにして駆け込むウエートレスさん風の女性、はたまた運び込まれたものの亡くなったおじいさんのご家族が駆けつけたり。

私は救急センターと言えば、物心ついてからは、ラグビーの試合中にタックルした際に頭を打ち、救急車で運ばれた菅平の病院の1回きりの経験ですから、なんとも不安な時間を過ごしました。

はじめは苦しそうにはしていたものの、そんな深刻には考えていなかったのですが、こんな場所に一人で居ると、どんどん嫌な事を考え出してしまいます。時間も掛ってますし・・・
「心臓とか大変な病気だったらどうしよう」「入院とかなったら・・・」と思ううちに、更に嫌な事が頭を過ぎります。

ここの救命救急センターは、7年前に兄が亡くなったまさにこの場所です。
私は東京出張中でしたが家族の話によると、夕方あまりにもしんどいので奥さんが運転し、この救命救急センターに来たそうです。そして兄は治療室に入り、駆け付けた母と奥さんが廊下で待ってると、暫くしてにわかに様子が慌ただしくなり、呼ばれて治療室に入ったらもうすでに心停止状態で電気ショックが行われているところだったそうです。この間1時間あまりの出来事だったそうです。

そんな事を思い出し、思わず涙を流しそうになるのを堪えながら、「もしも・・・」なんて事までが頭を過ぎり・・・
(きっと、あの時の奥さんも私と同じように、暫くしたら処置をしてもらって出てくると思ってたはずですから、人生いつ何どき何が起こるか分かりません。)


2時間が過ぎた頃、そんな心配をよそに女ひつじさんがドクターに連れられ、苦笑いの表情で出てきました。
「肺炎だって~」
肺炎??
なんでも、4月頃に私と同じく一瞬熱を出し咳をコンコンやってましたが、医者にも行かずに済ましてたのが発端らしく、本人は治ってたつもりが体内ではどんどん進行していて悪化していたらしいです。それが突然痛みという形で出てきたんだそうです。

と言う事で、その後1時間ほど治療の点滴を施してもらい、痛みは残るものの帰宅と相成りました。
帰りの車中で女ひつじさんが云うには、
「結構みんな小さな肺炎は起してるんだって。それが、『若い人は自然治癒力で治るのが、歳をとると治らなくなって』って若い女医さんに言われたわ。失礼ね~」
と軽口も飛び出すくらいですから・・・

私の心配なんて御無用でしたね・・・

みなさん、風邪はやっぱり万病のもとですよ~。しっかり治しましょうね。

*と、文字ばかり書き連ねたので、心配して・・・・るはず無いですが、にぱっの様子でも
0527-1.jpg
0527-2.jpg
0527-3.jpg
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

RAILWAYS [つれづれ]

なんか他の事を書いたり、月末月初でバタバタしたりで、ついつい書きそびれちゃったのですが・・・

先週の土曜日。5月29日ですね。
宝ヶ池での試合を観た後、事務所に戻り少し仕事を片付けてから街の映画館へ。
「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」を観てきました。

鉄分が多い私としては・・・という訳でも無いのでしょうが、前回「シャッターアイランド」を観た時にやってた予告編を見て、「封切になったら観に来よっ」と思っていました。
wp_08_1024.jpg
ストーリーについては書きませんが、観終えた後、な~んかほんのりとこころが暖かくなるような、とっても爽やかな感じがしました。
ちょいとおとぎ話のような話でもありますが、全体に気負いこんだ所が無く、感動を与える為の作為的な演出も無くて、とっても自然体な感じに受け取れ、それがとても心地良かったです。所々にホロッとさせる場面は散りばめられてますが。
きっと観る人によって、また、その観る人のその時々の状況によって受け取り方が変わってくる映画なんだろうな~と思いました。
それと、子供の頃からの夢をあきらめてた男だけの映画じゃなく、母として、妻としての女性や、そして子供もそれぞれの夢を探し、また追いかける映画なので、年齢、性別に関係なく楽しめる映画だと思いました。

また、中井貴一はじめ高島礼子や本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子などのメインキャスト、そして橋爪功、佐野史郎、宮崎美子・・・などの出演者たちが、それぞれに本当に良い味を出していて、とっても良い映画に仕上がっていると思います。
特に主役の中井貴一は上手いですね~。表情や仕草ですごく語りかけてきます。
また、運転士姿がすごくキマッテて。あの姿を見て、「俺もやっぱり運転士になったら良かったな」と子供の頃の夢を思い出したお父さんも多いのでは・・・(私はどっちかと言うと車掌さんでしたが)

あと、決して“鉄ちゃん”だけが楽しむ映画でも無いとは思うのですが、それでも電車は大切に描かれてると感じました。
運転士の養成・研修風景や、電車のメンテナンスの場面など普段あまり見る事ができない場面もあり、またメインの一畑電鉄もとっても大事に丁寧に撮られています。

またもう1回、じっくりと観てみたくなった映画でした。
0529-5.jpg

つぎは「きな子」かな~
nice!(3)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

伊那での早稲田戦 [ラグビー]

6月6日の日曜日は、朝6時前に家を出て、京都駅6時14分発の新幹線で出発。途中、名古屋、塩尻、辰野と乗り換えて伊那市まで行って来ました。

今年で第14回を数える伊那市大学ラグビー招待試合に今年も呼んでいただき、今回は早稲田との定期戦を伊那で行う事になりました。
今年の春シーズンは、慶應との定期戦を良い形の勝利でスタートしながらも大体大、立命大にはイマイチの内容で、天理には敗れるといったもう一つ乗り切れない印象です。
ただ、しっかりと力が出せれば早稲田相手でもそこそこの形になるとは思いますので、昨年の瑞穂のような惨敗は無いかと思っていたのですが・・・

ふたを開けてみると、開始早々こそはインターセプトから先制トライを奪い、その後も勿体無いミスでトライ出来なかったものの良い形の攻撃が出るなどしましたが、早稲田のスピーディーな展開についていけず、簡単にトライを許す場面が続き、前半を終わって7-46と大差がついてしまいました。
後半に入りメンバーを入れ替えた同志社に積極的な攻めも見えだし、少し良い形になりかけましたが、やはり早稲田にあっさりとディフェンスを破られ終わっては14-79。昨年の7-88よりはマシですが、やはり今年も惨敗。またまた辛い日になりました。

同志社も一生懸命タックルに行っていたと思いますが、早稲田の集中力の高さと言うか、オフロードを上手くつながれ、またポイントでの球出しの早さに翻弄され、最後はバックス陣のスピード負けと言った感じで、トライの山を築かれました。
また、同じ形で取られるパターンも多く、同志社に対応力と言うか工夫の欲しいところでした。
0606-1.jpg
0606-2.jpg
0606-3.jpg
0606-4.jpg
0606-5.jpg
0606-6.jpg
0606-7.jpg

昨年の明治戦に続き今年も惨敗の内容に、せっかくご招待下さった伊那市の関係者の皆様と、遠くから応援に駆けつけて下さった皆様、そしてまた楽しみに集まっていただいた多数の地元の皆様に、本当に申し訳ない気持ちになりました。

しかしながら現役選手たちは、今回の負けにシュンとする事なく、たくさん出た課題を克服すべく練習に励んで、残された春の数試合を納得出来る形で戦って行って欲しいものです。

試合後は伊那市の方にご用意いただいた、大変見晴らしの素晴らしい会場でのレセプション。
0606-9.jpg
0606-8.jpg
最後に、お互い部歌を歌い、エールを交換して終わりました。
nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ま~、まんのわるい [つれづれ]

昨日は仕事がらみの会合があり、1泊の予定で東京へ。

朝、事務所に寄って二三仕事を片付けてから、最寄りの阪急烏丸駅から伊丹空港へ。
午前11時発(予定)の飛行機で羽田へと飛びました。
0608-1.jpg
午後からは全国から集まった各地域の会長22人と、保険会社役員さん、担当事務局さんとの会議。報告事項などを聞き、質疑応答から討議などをし、夕方からは懇親会。

お酒も飲みながらの懇親会で、その後は三々五々銀座の街へ繰り出したり・・・と行く筈でしたが・・・


なんともまんわるい(関西言葉で「間の悪い」「タイミング悪い」みたいな意味です)事に、朝起きた時から胃が痛くて、それが時間が経つうちにどんどん痛みが増して、周期的に痛みがやってきます。当然食欲も無く・・・。
会議の時には、エアコンの吹出し位置の関係もあってかどんどん冷えて来て、体が冷たくなって来るような感じで、体全体にダルさを感じます。
懇親会の頃には最悪で、平静を装っていましたが、食事もあまり進みませんでしたし、大好きなビールも、こんなに美味しく感じないビールは何時以来か?って感じでした。

で、途中トイレへ行った際に、鏡に映った自分のヒドイ顔を見て「こりゃあかんわ」と決心。
懇親会終了後に、事務局の皆さんに「大変申し訳ないが、今夜の新幹線で帰るわ」と伝え、タクシーで東京駅へ向かい、20時30分発の「のぞみ」で帰って来ました。
0608-3.jpg
ホテルも予約してもらっていたので、それをキャンセルしたりと事務局さんには大変ご迷惑を掛けてしまった心苦しい思いと、全国から集まったオジサマ達との楽しい銀座ナイトへの後ろ髪を引かれる思い、そして何とも言えない体の辛さが入り混じった複雑な心境で、長~い2時間20分を過ごしました。
0608-2.jpg

でも、よくよく昨日の朝からの事を思い返してみると・・・
まず家を出発してから事務所までの道中で。
前を行く原付のおっちゃんが道路(2車線の広い道)の真ん中をトロトロ走っててイライラしたり、前の車がまだ信号が青から黄に変わる手前くらいで止まったり。
極めつけは、伊丹からの飛行機が、機体整備(修理)で出発が40分遅れ。で、羽田着も同じく40分遅れてるくせに53番スポットと出口からとっても遠い所に付けられて。

な~んか「今日は行っちゃ~ダメだよ」と天から示されてたような[わーい(嬉しい顔)]

最近、ドラマで銀座の世界を見ていたので、久し振りに銀座で飲みたかったんですけどね~
nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

乗り鉄を兼ねて・・・ [鉄道]

この前の日曜日の伊那での早稲田戦への道中。
早朝出発はちょっとキツかったですが、でも「乗り鉄」を楽しめました。

京都から伊那市までは約360kmの道程で、4本の列車を乗り継いで行きます。
調べてみるまでの印象では、新幹線で豊橋まで行って、そこから飯田線で上って行って3時間くらいまでで行けるのかなって感じだったのですが、思いのほか遠かったです。
0606-12.jpg

まず京都駅からのトップランナーは、6時14分発の「のぞみ200号」東京行きです。
0606-11.jpg
この電車は、新大阪を6時に発車する上り新幹線の始発です。日曜の始発なんて、きっと空いているだろうと思っていましたが、意外にそこそこの乗車率なのに驚きました。
0606-13.jpg

最初の乗換え駅である名古屋駅までは僅か35分。京都‐大阪阪急電車よりも短い乗車時間なので、おちおち寝てもいられません。(寝過ごしてしまうと新横浜まで行っちゃいますから・・)
「今日はいい試合してくれるかな~」なんてボーッと考えているうちに、あっという間に名古屋に到着。

名古屋駅からの二番手は、7時ちょうど発の長野行きの特急「しなの1号」。
0606-14.jpg
ネットの経路検索などで「ワイドビューしなの」と出ていたので、てっきりそれが列車名かと思っていましたが、指定券や行先方向幕の表示も単なる「しなの」。どうやら旧来の381系電車と現行のワイドビュー型車両383系電車が併用されていた頃の名残のようで、その頃は383系使用列車に「ワイドビュー」を冠していたようです。現在は全て383系で運行されているので、現場ではあえて「ワイドビュー」は冠さないようです。
0606-15.jpg
まだまだ人影まばらな名古屋駅を定刻に出発。
0606-16.jpg
発車して暫くしてから、早起きのご褒美?に名古屋駅で仕入れた駅弁を朝食にいただきました。
0606-17.jpg
0606-18.jpg
普段なら「おいおい朝から・・・」と思うようなお弁当ですが、こういう時は特別ですよね。しっかりと美味しくいただきました。
それにしても、動く列車の中で食べるお弁当って、どうしてこんなに美味しいのでしょうね~

気がつくと電車は既に山間を走っており、右に左に綺麗な渓谷を見ながら、目に眩しいくらいの緑の中を進みます。
そして、次の乗換え駅の塩尻駅近くになると、てっぺんにまだ雪の帽子を被った中央アルプスの山並みが見えてきました。
0606-19.jpg

名古屋からの中央西線と、東京からの中央東線が交わる塩尻駅には8時57分の到着。ここで30分の待ち時間があります。
塩尻は名古屋と東京を結ぶ中央本線の中間点で、松本・長野や白馬を目指す列車はここから篠ノ井線に入ります。そうした交通の要衝だけに、頻繁に列車の発着はあるのですが、駅前の雰囲気は思ったよりこじんまりとしていました。「もっと駅ビルなんかがあって」と想像していたのですが、これも実際に訪れてみての発見の一つですね。

ここからは中央本線の旧線である辰野支線の電車で辰野へ。
電車を待っていると、折り返し電車が1両単行でコトコト入って来ました。
0606-20.jpg
クモハ123-1という車両で、余剰となった荷物電車を改造した電車だそうです。何度も改造した証に車端には銘板がたくさん付いていました。
0606-22.jpg

単行電車の乗客は私を含めて3人。途中駅から2人乗車があったので、延べ5人の乗車。
0606-21.jpg
とってもローカルな雰囲気の中、電車は唸りをあげて一生懸命走り、3駅目で終点の辰野駅に到着。21分の短い乗車でした。この電車は、主にこの区間の往復に使われているようです。

そして辰野で4分の接続で飯田線の豊橋行き電車で伊那市へ。
0606-23.jpg
新しい方の313系電車に当たりましたが、それでもドアは自分でボタンを押して開ける半自動だったり、駅駅で車掌さんが乗車券を回収していたりと、ローカル線の匂いがプンプン。
とっても良いお天気のなかを、右に中央アルプス、左に南アルプスを臨みながら電車は進み、10時27分に目的地の伊那市駅に到着しました。
京都を出てから4時間13分の旅でした。

伊那市駅には京都から車で来た先輩に迎えに来てもらい、そしてお蕎麦屋さんへ。
昔から伊那で試合がある時には先輩たちが訪れるお蕎麦屋さんなのだそうです。故岡先生も何度か訪れられたそうです。
0606-25.jpg
0606-26.jpg
0606-28.jpg
お蕎麦はしっかりとコシがあり、さすが本場の信州蕎麦。とても美味しかったです。
ただ、ビールの付き出しで出てきたのがコレ
0606-27.jpg
私はダメです・・・
nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

梅雨入り間近? [わんわん]

昨日、今日ととってもいいお天気[晴れ]
日中は気温も30℃を超えて暑いですね~
6月も中旬に入りますが、そろそろ梅雨に入るんですかね~

にぱっお散歩行けなくなっちゃうから、梅雨はイヤだよね~[犬]
0609-1.jpg
nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

よくねるね~ [わんわん]

「仔犬は寝るのが仕事だから起しちゃだめだよ」て言いますが・・・

にぱっくん・・・
きみは・・・もう仔犬じゃないよね~(小犬は小犬だけど)
0607-2.jpg
0607-4.jpg
0607-7.jpg

さ~て問題です!
にぱっはどこでしょう?(あっ・・・これ前にもやったか・・)
0607-5.jpg
カーペットと同化してますよね[わーい(嬉しい顔)]
0607-6.jpg
nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ま~るいマルちゃん [わんわん]

は~い[かわいい]
またまたQuestionで~す[るんるん]

さて、“まる”はいくつ?
nipa1.jpg

ま~んまるでなくてもいいからね~(タイトルもヒントだよ~[わーい(嬉しい顔)]
nice!(3)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

高校100周年打ち上げ [つれづれ]

日曜の今朝は二日酔いのけだるい目覚めをむかえました。
にぱっに「大丈夫かい?」て感じで見られちゃいました。
0613-1.jpg

昨夜は高校ラグビー部の方の100周年記念式典の打ち上げ。
先日4月29日に挙行された100周年記念式典を計画運営した先輩・後輩が約20人ほど集まりました。
場所は木屋町の菫。二階を借り切って、当日の様子をスライドショーで見ながら、記念試合や式典の思い出話、高校ラグビー部の現状や諸問題、また先月立ちあがった小学校のラグビー部についてなど、ラグビーに纏わるいろんな話で盛り上がりました。
0612-1.jpg
夕方6時30分にスタートした会がお開きになったのが10時前。その後もほぼ全員が場所を移動しての二次会で、尽きる事ないラグビー談議が続きました。

そして、日付が変わる頃に二次会もお開きとなり、その後は最近よくお供して飲ませてもらってるS先輩と二人で三次会、四次会へ。
まずはとっても居心地の良い祇園縄手のショットバーでビールと美味しいウイスキーを。
0612-2.jpg
このバーには何度か連れてもらっていますが、大きな窓からの景色が見えるこの席が特等席だと思います。
あと、このお店のカウンター椅子がまた座りやすくて寛ぐんです。ゆったりとした幅があり、丁度いい高さに足置きがあり、長時間座っていても疲れなさそうです。

そして時間も午前1時を回った頃にタクシーで移動しBORA・BORAへ。
このBORA・BORAは私の同期がやってるバーで、村上晃一さんの「ラグビー愛好日記」にも登場した事があります。

さすがに6時半から飲み続け、もうこの頃には“ひつじのアルコール漬け”状態で、ビールもウイスキーもノーサンキュー。さっぱりフレッシュオレンジやグレープフルーツを絞ったカンパリなんかのカクテルをもらいました。

午前2時半。
S先輩はタクシーに乗り込み、東へと走り去って行きました。
あの先の御所の突きあたりを、ちゃんと左に曲がって自宅に帰られたんだろうか?右に曲がって祇園に戻ってたりして・・・


nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

たまにはクラシックを [つれづれ]

珍しくお昼タイムの更新です。
京都は日曜から梅雨入りしましたが、今日は未明の雷鳴とどろく強い雨も上がり、いきなり梅雨の中休みでお日様が顔をのぞかせています。

さて、昨夜は久し振りにクラシックコンサートに行って来ました。
6月から我が事務所の一員になった方が、音楽フィールドで数多く仕事をしている関係もあって、チケットを2枚いただいたので、クラシック好き(年甲斐もなく嵐とかも好きです[わーい(嬉しい顔)])のひつじ母を連れて行きました。
0615-1.jpg

「南西ドイツ・フィルハーモニー交響楽団」の演奏で、2曲目にピアノのモナ=飛鳥・オットさん、3曲目に庄司紗矢香さんがヴァイオリンで加わります。
北山の京都コンサートホール[大ホール]で行われ、演目はオール・モーツァルトで、
・演劇「フィガロの結婚」KV492序曲
・ピアノ協奏曲第26番 ニ長調KV537「戴冠式」
・ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調KV219「トルコ風」
・交響曲第41番 ハ長調KV551「ジュピター」
の4曲。
(ちょっと変更があったようですが・・・。また、アンコール曲は何だったかは?)

とっても素晴らしかったです。クラシックにせよ、ジャズにせよ、ポップスにせよ、やっぱりライブで聴くのが一番ですね。迫力と言うか、音の厚みが違うように聞こえます。
それと、ヴァイオリンは日本を代表するヴァイオリニストと言うだけあって、素人の私もうっとりと聴き惚れました。

なかなかクラシックを聴きに行く機会はありませんが、たまには良いものですね。心が開放されて、ゆったりするような気がします。

でも、そんな気持ちの中で思うことではありませんが、オーケストラの運営って大変でしょうね。
あれだけの大人数が来日してきて、公演が4都市5ヶ所の7公演。
京都コンサートホールも大ホールの収容はMAX1833人ですが、そこまでは開放してないように思います。その中でも、ところどころ空席もありましたので、興業収入的にはどんなもんなんでしょうね。
まぁ、スポンサーさんやら助成やらあるでしょうけど・・・

こうした素晴らしい文化・芸術を後世に残していく為には・・・・・私のような一般人はせいぜいコンサートに足を運ぶ事なんでしょうね。

いつか「くるみ割り人形」を聴きに行きたいな~

nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

連夜の音楽ナイト [つれづれ]

火曜はクラッシックだったら水曜はジャズ
連夜の音楽ナイトです。

初めて行く「pick up」というライブハウスでの東條やすこさんの歌を聴きに行きました。この夜はピアノとのデュオで、ピアノは予定されていた工藤隆さんからkeiさんに変更されました。
0616-1.jpg
今年は先月くらいまであまりライブには行けてなかったので、やっちゃんが歌うのも久し振りに聴きましたが、やはりステージを重ねて来てるだけあって、ちゃんと上手くなって来てますね。(私のような素人が云うのも何ですが・・・)
この先、さらに歌に磨きをかけて、そしてMCや“間”も含めたライブステージのトータル的なまとめ方と言うか「これがやっちゃんのライブやわ」と言うものを作り上げてほしいなと思います。


話変わって・・・
この「京のひつじの日記帳」は、まさに私の日記帳として備忘録的にも書いているので、出掛ける事が多かったりすると、ついついにぱっの事が後回しになっちゃって、そのままボツにする事もたびたび。
そんな事で、ボツになって眠りかけてる写真を少し載せさせてもらいますね~
0607-3.jpg
0530-2.jpg

[犬]最近のにぱっリビングでの陣地。
0517-2.jpg
0517-1.jpg
マッサージチェアオットマンの下がお気に入り。わんこって、どうして周りを囲まれたようなスペースを好むんでしょうね。これも外敵から身を守るための本能か何かでしょうか。

[犬]こんな感じの時は・・・
0607-1.jpg
何か叱られるような事をした時か、あるいはこれから嫌な事が始りそうな予感がする時。たとえば、お風呂とかカットとか・・・

[犬]Portrait of にぱっ
0613-2.jpg
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アスパラパーティ [つれづれ]

北海道・美瑛の原田農園さんにオーダーしていたアスパラガスが先週届いたので、週末の土曜日に、いつもの我が家パーティのレギュラーメンバーが集まってのアスパラパーティ。
0619-1.jpg
0619-2.jpg
今年も太くて新鮮で美味しそうなアスパラです。

アスパラパーティなので、アスパラガスを使った料理を中心に。
まずはシンプルに塩茹で。
0619-7.jpg
新鮮なだけに、これが一番美味しい食べ方かも・・・

こちらは、Svさん自家製の塩豚とじゃがいもを使ったアスパラ入りジャーマンポテト。
0619-3.jpg
ビールが進みます。

そして、酸味のあるクリームソースと合わせたフレンチ風。
0619-10.jpg

あと、アスパラ料理以外にもあれやこれやと・・・
0619-4.jpg
0619-5.jpg
0619-8.jpg

抹茶とストロベリィを練り込んだデニッシュもテーブルに並びました。
0619-9.jpg

当然、我が家パーティにはお酒は欠かせません。
ビールにワイン、日本酒にマッコリ、チュウハイにウィスキーと美味しいお酒をたくさんいただきました。
0619-11.jpg
8時30分からはワールドカップサッカーの日本対オランダ戦。
みんなで応援しながら盛り上がりました。(残念ながら負けましたが・・)

去年、今年と天候不順で野菜の生育不足がたびたび話題に上がり、北海道のアスパラやとうもろこし、じゃがいもなどは大丈夫かと心配しますが、これまで期待を裏切られた事はありません。今回も期待通りの美味しさでした。


明けて翌日の日曜日は朝から出掛けて大学ラグビー部OB会の総会と、立教大学との定期戦へ行きました。
総会は11時から開催され、終了後にグランドへ行って現役の試合を観戦。
気温はそれほど高くなさそうですが、湿度が激しく高く、立っているだけでジットリと汗が流れるような気候のなか、13時キックオフで立教大学との定期戦が始まりました。
0620-1.jpg
0620-2.jpg
試合内容もお天気同様にパッと晴れない感じで、26-26の同点で迎えた後半終了間際に、後半途中から出場のスクラムハーフが抜け出しトライを奪い31-26でなんとか勝利をものにしました。
5月5日の慶應戦で最高の試合を見せてくれたものの、それからは満足いく内容の試合はあっただろうか。今度の日曜は東京での明治大学との定期戦。今年の明治は相当強そうなので、どんな試合になるかいささか不安ですが・・・。
まぁ、開き直って無我夢中になって戦ったら、案外いい結果が出るかも知れませんし。なんとか良いきっかけを掴んで欲しいものです。

nice!(4)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

平日の朝 [わんわん]

「トントントン」「カリカリカリ」・・・

0622-1.jpg

ひつじたちが仕事で出掛ける平日は、にぱっはひつじ母とお留守番。
にぱっもよくわかっていて、ひつじたちが出掛ける時間になると、ひつじ母の部屋の前へ行って、ドアを一生懸命ノックします。

「おはよう~」「開けてくだしゃ~い」
nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。