So-net無料ブログ作成

脱・ぼさぼさボサ子 [つれづれ]

毎日蒸し暑い日が続きますね。

ここのところ、ぼさぼさボサ子だったにぱっですが、月曜日にトリミングに行って、ちょっとすっきりとして来ました。
0630-1.jpg
0701-1.jpg
ひつじ母曰く、「もっと短くしてくれたらいいのに・・・」。
確かに、前のわんこ美容院ではもっと短くしてたように思います。でも、あまりに短かすぎて「鶏ガラみたい」って笑ってた時もありましたし。


おとといのお昼間、自宅の近所で仕事があったので自宅駐車場に車を停めると、ひつじ母の部屋からにぱっが覗いてくれました。
0630-3.jpg
0630-2.jpg
「あれ?もう帰って来たの?」
とでも言いたげに見てますね。


時間はちょっと戻って火曜日の夜はル クラブでの鮎ちゃん&大野さんのデュオを聴きに行きました。
0629-2.jpg
0629-1.jpg
年に1回やるかやらないかのデュオライブで、いつものジャズ以外にも“にほんごのうた”も
取り入れてのライブで、これはこれで新鮮な感覚です。
さすがに最近のお二人の人気を表してか演奏開始の8時には既に満員状態。
ル クラブの通常ライブであれほど満員になったのも久し振りに見たような気がします。

火曜の夜はサッカー日本代表の決勝トーナメントの試合があったので、お二人も気を利かせて10時過ぎには終了。
私も世間の話題に乗り遅れてはなるまいと11時前には店を後にしタクシーで帰宅。自宅にてテレビ観戦しました。
結果は残念でしたが、緊張感のある熱い試合でしたね。
ラグビー日本代表もあれぐらい盛り上がれると良いのですが・・・
nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ジャスミン [JAZZ]

ちょっと前と言うか、5月の事だからずいぶん前か・・・

久し振りにレコード屋CD屋さんへ行った。
以前は頻繁と言うほどでもないけれど、月に数回はお店へ行って、CDを視聴しながらお気に入りの一枚を探して購入していたものです。

それが最近ではiTunesでダウンロードしたり、Amazonでネット購入したり。
それはそれで便利は便利なのですが、そんなに精通していない中でこれと言って決まったアルバムが無い場合は、やっぱり店頭でおすすめ盤が視聴できるお店の方がいいかと思い、ふらっと街のCDショップへ。

で、やっぱり出会えたお気に入りの1枚。
keith.jpg
「JASMINE」
Keith JarrettとCharlie Hadenによるピアノとダブルベースのデュオ。

このアルバムについてカクカクシカジカ語るほどの蘊蓄もありませんし、語るつもりもありません。
でも・・・ただただいいんです。とっても落ち着くんです。
キースがライナーに書いている通り、そんなシチュエーションで聴きたいものです。

「夜更けにあなたの妻や夫、あるいは恋人を電話で呼び出して、一緒に座って耳を傾けてほしい。これらは、曲のメッセージをできるだけそのままの形で伝えようとするミュージシャンたちが演奏する偉大なラヴ・ソングだ。」


私は以前からキースと言えば「The Melody at Night,With You」がお気に入りの1枚でした。
また、「MY FOOLISH HEART」では Guess I'll Hang My Tears Out To Dry がたまりません。
きっと、その筋の人には「あ~なるほど。でもキースの魅力はそんなものじゃないよ!」と言われちゃいそうですが、まぁまぁ・・・

JASMINEがとっても気に入ったので、思わず勢いで秋の神戸で行われるキース・ジャレット・トリオのチケットを予約しちゃいました。
予約が遅かったので後方席で、キースは豆粒くらいにしか見えないでしょうが・・・

nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今週の飲み呑み3連戦 [つれづれ]

今週は火・水・木と週中に3連戦で外飲みでした。

まず第1夜は自宅から歩いて「一番」へ。
0706-5.jpg
「一番」と言えばご存知の方も多いかと思いますが、京都を中心に滋賀・大阪・奈良を中心に、その他近畿一円から北陸・中四国・九州、東では東京や横須賀にも計100店舗近くを展開するフランチャイズの炭焼やきとり屋さんです。
他の全国展開している居酒屋チェーンなんかと違う所は、お店によってそれぞれメニューが違うそうな。

ここの「一番」に行き始めたのは2年前くらいから。
どこかで飲んで帰ろうって時に、なんとなくふらっと立ち寄ったのが最初でしたが、なんとなく気に入って、その後もたまに行きたくなって。

やきとり始め一品料理などは、失礼ながらどれをとっても特筆する程でも無く普通なんですが、でも、不味く無いんです。いや・・・案外おいしいかも・・・
「何も足さない、何も引かない」って感じの飾らない普通のやきとり。でもその普通さがかえって美味しいのかも知れませんね。
0706-2.jpg
0706-4.jpg
あと、私を惹き付けて止まないのが・・・
0706-1.jpg
は~い! 大ジョッキ!!
やっぱりこれですね!
この生ビールのジョッキも普通~のジョッキ。でも、この普通~が美味しいんです。で、ここのビールは良く冷えてて、また美味しいんです。

いつもの定量は大3中1。
ガツガツと食べて、ゴクゴクと飲む。そしてウダウダする事なくササーと帰ります。
この夜も気持ち良く酔っ払えました。
0706-3.jpg

翌水曜日は夕方から大阪で同業者会の会議。
な~んか不思議な展開に終わった会議でしたが、立食での懇親会の後、事務局として来ていた東京のSくんが日帰りすると言うので、新大阪駅のお蕎麦屋さんでイッパイ。

最後は大阪・東京・京都の「たぬき」の違いで盛り上がって時間となりました。(Sくんは甘ぎつねの乗った“きつねそば”=“たぬき”でシメました。)
その後、Sくんの新幹線に同乗し京都で別れました。

そして木曜日は、同業者組合の若手メンバー(若手と言っても30・40代ですが(^_-) )と、それぞれの取引保険会社さんの支払査定部門の女性との勉強会・・・て言うか飲み会。
もともとはNS社のKさんが音頭をとっていただいて始った会で、今回が4回目。だいたい2~3カ月に1回ペースで開催されています。
最初は15名前後の参加者だったように記憶していますが、回を重ねる毎に増えて行き、今回は24名の参加だったようです。
0708-1.jpg
「おいおい・・・オッサンが若い女性と飲みたいだけちゃうんかい?」って言われそうですが・・・
まぁ、それも当たって無いと言えば嘘になるのでしょうが、こうしてお互いに面識を持ち理解する事は、日常の仕事を進めて行く上で、そして難しい交渉を進めて行く上では大切なんです。
お互いに譲歩する事が必要だったり、また互いに協力し合う事も必要だったり。
いきなり喧嘩腰で自分側の主張を通そうとする人もいたりして困りますが、それは解決が長引くだけでして・・・最悪です。
nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

どこいったの~ [わんわん]

にぱっはドライブ大好き!
土曜日もスポーツクラブ、事務所へといつものルートながら、楽しそうに風に吹かれながら外の景色を楽しみました。

でも、ひつじが事務所へ忘れ物を取りに行った時はこんな感じだったそうな・・・
0710-4.jpg
にぱっ、すぐに戻って来るから・・・」と言ってもこの表情でキュンキュン・・・
0710-3.jpg
戻るまでずっとこんな感じで待っててくれたそうです。
0710-2.jpg
(夕方、外出先から合流した女ひつじさんが写してくれました)

はいはい、ただいま。
さぁお家に帰ろうね
0710-1.jpg
nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

たこ梅で残念会 [つれづれ]

昨夜は久し振りの甲子園へ。
例年ですと、すでに数回は甲子園へ足を運んでいるのですが、今年はいまだゼロ。
この巨人との3連戦のチケットを、14日は4枚、15日は3枚入手できたので、15日は友人にあげて、14日に女ひつじさんの友人夫婦と行く事にしました。
友人夫婦は甲子園が初めてとの事で、ずいぶん楽しみにされていました・・・

が・・・

0714-1.jpg
ありゃりゃ・・・

京都は前日から降り続いている雨が朝からも降ったり止んだりで、時より強く降る事もあり、「こりゃ中止かな?」と、夕方4時までネットで確認していたのですが、試合中止の発表が無く、阪急に乗り出発する事に。
まぁ、前日もこんな感じだったのに試合はありましたし、大阪の友人夫婦からも「いまは降って無いよ~」との連絡も受けたので、なんとか試合が行われる事を願ってのスタートだったのですが。

梅田で阪神に乗換え、甲子園行きの直通特急に乗って発車を待っている車内で、「申し訳ありませんが、今日の試合は中止になりました。」との放送を聞いてしまいました。
「おいおい、試合開始30分前の中止発表かよ~」

梅田のホームから友人夫婦に試合中止の事を連絡し、このまま帰っても京都は祇園祭りの宵々山でごった返しているだろうからと新梅田食堂街へ。
久し振りに「たこ梅」でおでんを食べました。
0714-2.jpg
0714-4.jpg
濃い色のだしでグツグツ煮られているおでんは関東煮(かんとだき)と呼ばれています。
定番のたまごやちくわ、厚揚げやひろうす、豆腐にじゃがいもなどの他に、子持ち烏賊や冬瓜、焼き茄子などの季節メニュー、そして大阪らしく鯨のバリエーションも充実していました。
0714-3.jpg
0714-5.jpg
0714-6.jpg
私は京風の透きとおった出汁のおでんよりも、こっちの方が好きです。冬はもちろんの事、暑い夏場でもホクホクのおでんを肴にビールやお酒を飲むのが最高です。

「せっかくやったのに残念やわ」と呑んでると、隣にも、カウンターの向かいにも残念な人達が集まって来ました。

「残念でしたね~」と声をかけると、「球場でビールと焼き鳥を買って試合開始を待ってたら、ザ~と雨が降ってきてね~」と言う人や、「電車に乗ってて尼崎で聞かされたんや」という人など。
「グランドに水が浮いてきてたから、あれは無理やったわ」と言う人や、方や「もうちょっと待ったら、プレイボールを遅らして出来たやろ」と言う人。
見知らぬ人同士でしたが、しばし盛り上がりました。

ドーム球場はあまり好きではなく、普段から「やっぱり野球は自然の空の下が良いよな~」と言っている私ですが、今日ばかりは「甲子園に屋根があったらな・・・」と思っちゃいました。
いっそ、ウェールズのミレニアムスタジアム(ラグビー場です)のように、開閉式の屋根にしちゃえばいいのにな。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京都観光(豆腐懐石編) [おいしい・・・]

京都もいよいよ梅雨が明け、昨日今日と30℃を超える日が続きます。
毎年の祇園祭も昨日17日に山鉾巡行が行われ一段落。この先、月末までお祭りは続きますが、祇園町以外の者にはあまり関わりの無い行事が行われます。

今年は、東京から女ひつじさんの両親が、祇園祭を見物に来ました。
ですので、私もお休みを一日もらって、運転手として京都観光にもお付き合いしました。

今回は「一度乗ってみたかった」との事で、高速バスでの来京。15日の夕方に、JR高速バスの「プレミアム昼特急」で到着。
0715-8.jpg
1階のプレミアムシートの利用だったので、景色は乗用車並みだったけどシートは最高だったとか。1階のプレミアムシートは3or4席しかないので、とっても広くて快適だったそうです。

この日の夕食は豆腐料理の「豆水楼」の祇園店を予約していました。
よく東京や地方から観光に来られた方が「湯豆腐でも食べたいんだけど・・」と尋ねられた時に、順正や奥丹などの有名店の名前を挙げてしまいますが、ネットなんかの口コミは賛否両論なんですね。
有名店だけに、繁盛期の混雑は相当なものだろうし、そんな時の接客や料理(暖かさなど)でイマイチを語られてしまうのも仕方ない事かなとは思います。
そんな中で「豆水楼」の口コミが案外良かったので、以前から一度行ってみようと思っていたところ、今回いい機会に恵まれました。

夜7時の予約だったのですが、お祭りと直前の夕立の影響からかタクシーがなかなか来ず、結局30分以上遅れてしまいました。お店には少し遅れる旨電話を入れてはおきましたが、お店の方にはとっても気持ち良くご対応いただけました。

今回は豆腐懐石「雅」をお願いしました。
まずは「名物冷やしおぼろ豆腐」からスタート。
0715-7.jpg
とってもひんやりしたお豆腐の口当たりが良く、いきなりとっても美味しかったです。
豆腐好きの私としても、この先がとっても楽しみになります。
しかも「おかわりは如何ですか?」と。
もちろん有り難くおかわりもいただきました。

その後、「名物おぼろ湯豆腐」がセットされ、出来上がりを待ちます。
0715-1.jpg
机上で温めるので、冷める事もなくて美味しくいただけます。

その間にお造りが出て、その後も次々とお料理が運ばれてきて、シメの「豆腐飯」が出てくる頃にはお腹いっぱい。
「蓮根豆腐の揚げだし」や「枝豆豆腐のトマトスープ冷製仕立て」など、凝ったお料理も楽しませてもらいました。
0715-2.jpg

肝心のお豆腐も絹ごしと木綿の中間くらいの感じで、お豆腐本来の味がして、とても美味しかったですし、落ち着いたお店の雰囲気もなかなか良かったです。
0715-3.jpg
0715-4.jpg
次回はカウンターにも行ってみようと思います。
0715-5.jpg

これなら人にもおすすめできます。
今度「湯豆腐でも・・・」て話があった時には「お庭は見れませんが、落ち着いて美味しいお豆腐を食べたかったらどうぞ」とおすすめしようと思います。
0715-6.jpg

翌日から2日間、京都の超有名観光地を周りました。
その事は何回かに分けて・・・
nice!(3)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京都観光(三千院編) [つれづれ]

翌16日は、朝から事務所で一仕事片付けて、午前10時過ぎに女ひつじ両親と合流。

そこから車を北に走らせて大原へ。
平日ながら3連休前だし、祇園祭の宵山の日でもあるから、「他府県ナンバーの車で道が混んでいるのでは?」と思っていましたが、道は普段の日よりも空いているくらいで、スイスイと走り大原に着きました。

国道367号線(通称:途中越)を右にそれ、細い坂道を上っていきます。
いつもは駐車場屋さんの「この先行き止まり」の看板を信じて、そのパーキングに車を止めて歩いていましたが、前回、実はさらにその先の本当の山門手前にもパーキングがあるのを知ったので、今回はそこまで行きました。(混んでいるシーズンは、人を避けて走ったり、車の離合も大変ですし、満車で止められず引き返すのも面倒ですから、あの看板を信じて手前のパーキング利用の方が無難かも・・・)

お天気は降ってはいないものの薄曇で、さすがに山間なので気温はそんなに高くはなかったのですが、湿度がすごかったです。ですので、ちょっと動くと汗が“たら~”と流れます。
0716-01.jpg
山門をくぐり、入り口からいくつかの展示を見ながら客殿へ。
客殿からはとっても美しい庭園を見る事が出来ます。
緋毛氈に座り、この美しい「聚碧園」を眺めながらお茶(お抹茶)をいただきました。
0716-02.jpg
普段は食べないような甘い羊羹と苦いお抹茶がまた良く合います。ちょっぴり贅沢な時間ですね~

暑い日ながら、各所の水が冷たくて気持ち良かったです。見ていても目にも涼しいですね。
0716-03.jpg

宸殿へと進み、本殿の薬師瑠璃光如来様(非公開です)をお参りして、緑が眩しい「有清園」を眺めながら進みます。
この時期は本当に緑が眩しい景色が展開しています。青々としたモミジや木々の葉、そして青い杉苔。
秋の紅葉の赤黄の世界も見事ですが、春から夏のこの緑の季節も本当にきれいで見事です。
0716-04.jpg
0716-06.jpg
「有清園」の所々に、可愛かったりユーモラスなお姿のお地蔵様が見守ってくれています。
0716-05.jpg

その後、階段を更に上り、「金色不動堂」の前で折り返しました。もう少し前なら紫陽花が奇麗だったのでしょうが、紫陽花にはちょっと遅かったようです。


この後、今回は「勝林院」や「宝泉院」には寄らず、そのまま大原を後にしました。
昼食には「貴船の川床料理を」と思っていたのですが、残念ながら川が増水していて床が出せないとの事で諦めました。
なので、昼食は「和食ばかり続いても・・」て事で、ひつじ達が毎年結婚記念日にお世話になってるル・プティ・プランスへ行きました。
お昼のランチコースと海老ピラフを注文しましたが、やっぱり期待を裏切らずとっても良いお味でした。
0716-51.jpg
0716-52.jpg

昼食後はまたまた超有名スポットの平安神宮へ



nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京都観光(平安神宮編) [つれづれ]

京都に生まれ育って40数年。うち5年ちょっとは横浜・東京で過ごしましたが、それでも40年近くは京都で暮らしている事になります。

が、平安神宮に行った記憶と言えば・・・

小学生の頃、母に連れられ菖蒲園を見に行ったかな・・・
従姉妹の結婚式に参列したな・・・
お正月に写真だけ撮ってもらった・・・
数年前に、枝垂れ桜コンサートに誘われて聴きに行ったな・・・

と、いう感じで、よくよく思い出せば、本殿でお参りをした事もありませんし、あの朱い門の中がどうなってるかもほとんど知りませんでした。

で、今回久し振りに平安神宮を訪れ、本殿でお参りをし、神苑をぐるーっとひと巡りして来ました。

いつもは遠目に車から見ていた門ですが、とっても大きな門です。
0716-11.jpg
その応天門をくぐると、目の前に左右対称の景色がぱ~っと広がります。
0716-12.jpg
空はお日様がのぞいたり、また、今にも降り出しそうな雲が覆ったりと変な感じです。
一面の白い砂がとっても眩しく、また、とっても暑かったです。
0716-13.jpg
まずは大極殿に入り、そこからお参り。
0716-14.jpg

その後、神苑入口から入り、南神苑~西神苑~中神苑~東神苑へとぐるりと巡りました。
0716-16.jpg
0716-18.jpg
途中、日本最古の電車が保存されていたり・・・
0716-15.jpg
泰平閣からは池の鯉に餌があげられたり・・・
0716-17.jpg

泰平閣に「鯉の餌」として棒状の麩が売っているのですが、それをちぎって池に落とすと、始めは小魚たちや鯉がいっぱい集まって来て突きにきます。それが暫くすると、大きな亀がたくさん集まってきて、あっと言う間に餌の麩を食べちゃいます。
その様子を見ていた女ひつじ母が、「鯉の餌じゃなくて、亀の餌って書いとかなきゃね」とひと言。まさに・・・

これまで、神苑もパーツパーツを見ていて、全体を通して見たのはこれが初めてだと思います。
思ってた以上に広く、また多種多様な草花も植えてあり、なかなかの見応えがありました。
これが枝垂れ桜や花菖蒲の季節だともっと綺麗なんでしょうね。

街の真ん中にこんなスポットがあるなんて・・・やっぱり京都は良い所かも知れませんね。
nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京都観光(宵山編) [つれづれ]

平安神宮を出た後、車を京都駅へと走らせて、14時30分着の新幹線で到着する姪っ子(と言ってももうすぐ30なんですが・・)を迎えに行き、ここからは5人での街歩きとなりました。
姪っ子は、翌日からは別便で来る友人と合流して京都を巡るらしいので、今日の午後だけお祖父ちゃんお祖母ちゃんに付き合うようです。

一旦、車を事務所の駐車場に置き、そこから徒歩で祇園祭の山鉾を見て回りました。
まずは駐車場のまん前に建てられている橋弁慶山から。
0716-21.jpg
この四条烏丸の一帯に32の山鉾が建てられていますが、それぞれに由来や装飾について書かれた案内看板が立てられており、そんなのを読みながら周るのも楽しいものです。
なかには「恋話」に由来するという事で、縁結びのお守りがある所も・・・(とうぜん、姪っ子は行きました(^^♪ )

途中、ぽつぽつと雨が降り出しましたが、レインコートを着て周ります。
せっかくだからと月鉾にも登らせてもらいました。私は月鉾に登ったのは幼稚園の時以来です。
だいたい地上から7~8mくらいの高さなのですが、案外高く感じました。これが巡行の時には曳かれて動くのですから、高所が苦手な私にはちょっと怖いかも。

祇園囃子と子供たちの粽売りの声のなか、あちこちの山鉾を見て歩きました。
0716-22.jpg
0716-24.jpg
室町通りや新町通りなど細い道路の両端には露店も立ち並び、お祭りの雰囲気が盛り上がります。
0716-23.jpg

夕方6時からは烏丸通りなどの大通りも歩行者用道路になり、その両側にも露店がびっしりと立ち並び、行き交う人々や露店で買ったものを食べたり飲んだりする人で、大通りもいつもと違った顔を見せます。
0716-27.jpg
0716-28.jpg

夕食はいつもお世話になってる「まんざら亭NISHIKI」へ。
0716-25.jpg
当然、今夜も“大ジョッキ”[わーい(嬉しい顔)]
beer.jpg
ちなみに、着ているTシャツはお店の祇園祭用オリジナル。着ていた服が雨と汗で濡れて気持ち悪かったので、買って着替えちゃいました。
No Beer No Life ・・・まさにひつじ用やね!
nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京都観光(山鉾巡行編) [つれづれ]

前日までの鬱陶しいお天気から一転して、土曜日は朝から素晴らしい晴天!
梅雨明けしたようです。

一気に真夏がやってきたような厳しい日差しが早朝から降り注ぎます。
そんな中を、午前8時に出発して、京都ホテル対面の河原町御池交差点南東角にて場所取り。

17日は、午前9時スタートで山鉾巡行が行われます。
長刀鉾を先頭に、各町内の曳き手に曳かれた山鉾が、四条烏丸~四条通り~四条河原町~河原町通りと巡行してきて、河原町御池交差点には10時15分の到着。
この先、御池通りを西に進み、新町通を左折して各町内に帰ります。

途中、四条河原町、河原町御池、新町御池の各交差点にて方向転換します。
この方向転換が見もので、小さな山鉾は簡単に方向転換して行きますが、大きな鉾や山は“辻回し”なる儀式(作業)が行われます。
鉾や山の車輪は木製で方向転換するようには出来ておらず、方向を変える為には、車輪の下に滑り易いように何本もの竹板を敷き、その上に水をまき、そして曳き手たちが一気にグイッと横に曳いて方向を変えます。
90度動かすのに3回くらいその作業が必要なようです。

その“辻回し”の場面見たさに、人々が大勢交差点に集まるので、女ひつじ両親のためにひつじたちが先乗りして場所を確保したのです。
(残念ながら、場所は確保できたものの、現場整理の警察の不手際で、通過直前になり交差点内にも人が雪崩れ込み、植え込みを挟んだ前に人が立っちゃったので、路面のあたりは見えませんでしたが・・・)
9時過ぎに女ひつじ両親も到着し、山鉾が通過するのを待ちます。

10時15分。先頭の長刀鉾がゆっくりと目の前を通り過ぎ、河原町御池交差点に停まります。
0717-01.jpg
ここでおよそ15分かけて“辻回し”。交差点を取り囲んだ群衆から、盛んにカメラのシャッターが切られます。
威勢の良い掛け声とともに、やはり3回で方向転換をし、そして御池通りを西へと進んで行きました。

この後、2番の孟宗山、3番の木賊山、4番の油天神山と続きます。
0717-02.jpg
0717-03.jpg
このあたりの山は比較的小さいので、短時間で通過して行きます。

ちなみに、この巡行の順番は、毎年7月2日の鬮(くじ)取り式で決まります。
ただ、理由は知らないのですが、1番(長刀鉾)、5番(函谷鉾)、21番(放下鉾)、22番(岩戸山)、23番(船鉾)、24番(北観音山)、25番(橋弁慶山)、でラストの32番(南観音山)は「くじ取らず」で毎年同じ順番位置で変わりません。
あと、1番~23番が「先の祭り」、24番~32番が「後の祭り」という事で、このグループが変わる事も無いようです。
それと、面白いなと思うのですが、7番、15番は「傘鉾シード」となっており、四条傘鉾か綾傘鉾のどちらかと決まってるようです。
ただ、月鉾や菊水鉾や鶏鉾など大きな鉾が連続して通るのを見た事がありませんから、その他にもなんらかの決まりがあるのだと思います。

その後も、大きな函谷鉾の辻回しや、シードされる訳がちょっと分るような形をした四条傘鉾の通過を見ました。
0717-04.jpg
0717-05.jpg

当初は、知人が毎年お囃子で乗っている鶏鉾や、昨日乗せてもらった月鉾を見てから移動しようと思っていたのですが、あまりの暑さに9番の菊水鉾の通過を見終わって断念。
0717-06.jpg
0717-07.jpg

本当に暑かったです。
見ていた場所は日陰だったのでまだマシでしたが、日なたに出たら刺すような日差しで凄かったです。
もし初めから日なたで見ていたら、5番目まで見れたかどうか・・・

今回、女ひつじ両親が来たので巡行を見に行きましが、前回見たのはもう10年以上前の事でしたから、本当に久し振りに見ました。
いつもの定位置に建っているのを見るよりも、巡行してる時の方が山鉾が大きく見え、とても迫力がありました。
女ひつじ両親もとっても喜んでくれましたので、早くから場所取りをして良かったです。
ただ、もう少し暑さがマシだと助かるんですけどね。曳き手の人たちも大変そうでした。
(例年は曇ってたり、けっこう雨になったりもするんですが・・・)
nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京都観光(清水寺編) [つれづれ]

山鉾巡行を見た後、事務所駐車場へと戻り、車で清水へと向かいました。
途中、昼食を摂って清水には午後2時くらいに着きました。お天気は相変わらずの晴天で、坂道を上っていると汗が噴き出してきます。

祇園祭もあり、また3連休の初日ともあって清水も大変な人出でした。
昨日の平安神宮でも思ったのですが、その人出の半分(それ以上?)が日本語以外を話してます。なかでも中国や韓国などアジア系の方がとても多いような・・・
なんて事を話してると、女ひつじ父が「東京の浅草なんかも同じだよ」と。
0717-11.jpg
両側にお土産屋さんが立ち並ぶ清水坂を上ると、清水寺の朱塗りの仁王門が見えてきます。
0717-12.jpg
0717-13.jpg
階段を上り、仁王門をくぐり境内に入ります。順路に従って三重塔の脇を通って本堂へと向かいます。
本堂に入る手前の藤棚の下でちょっと休憩。
0717-14.jpg
市内よりは少し高い場所にあるせいか、木陰に入ると少し涼しく、心地良い風が吹いていました。

清水から見た市内。遠くに京都タワーも見えます。
0717-15.jpg

本堂に入り、「清水の舞台」へ
0717-16.jpg
「清水の舞台から飛んだつもりで」とよく言われますが、確かに、ここから飛んだらお陀仏でしょうね~
それにしても、急な崖にこんなものがよく建てられたものですね。
0717-17.jpg
下に降りて見上げてみると、この建築のすごさが更に実感できるような気がしました。

その後、音羽の滝で延命水を口に入れて清水寺をあとにしました。
0717-18.jpg

本当に1日でこんなにも気候が変わるものかと思うぐらいの晴天。
鮮やかな仁王門の朱色と青空のコントラストが目に眩しかったです。
0717-19.jpg


と言う事で、この夜にひつじ母も交えて5人で夕食を食べ、翌朝、女ひつじ両親は京都を発ち東京へと帰って行きました。

おかげでこの2日半の間に三千院、平安神宮、清水寺と超ベタな観光スポットを巡らせてもらいましたが、京都に居ながら意外に知らなかった京都の良さを知ったような気がします。
有名な所には有名になるだけの良さがある事をあらためて思い知りました。

今度、市内巡り観光バスのベーシックコースにでも乗ってみようかな~
nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ライバル出現? [わんわん]

先週の土曜日の梅雨明け以来、まったく雨が降る気配も無く晴れ続け、ここ数日は最高気温が35℃を超える日が続きました。
ようやく昨日の夕方に夕立があり、ちょっと地表を冷やしてくれましたので、少しはマシになるでしょうか。

営業中の車の外気温度計も40℃を示しました。
0723-11.jpg


さて、先週末に来京した女ひつじ両親が、にぱっにもお土産を持って来てくれました。
スイッチを入れると、かわいくワンワンワンと小刻みに動く・・・そうそう、おもちゃ屋さんの店先に良くいるヤツです。

にぱっ、お友達だよ~」

でも、にぱっはというと・・・
0723-1.jpg0723-2.jpg
0723-3.jpg
微妙な距離を保ってたと思ったら、ワンワンと吠えたて・・・

あらあら、玄関先にエスケープ[あせあせ(飛び散る汗)]
0723-4.jpg

気を取り直して・・・
0723-5.jpg
今度は攻撃しちゃいました。

普段は、他のわんこにはそんな行動は取りませんので、にぱっはおもちゃのワンコを何だと思ってるんでしょうね。

戦い疲れて爆睡[眠い(睡眠)]
0724-2.jpg


昨日の土曜日はにぱっも出勤
0724-1.jpg
にぱっもよく分かっていて、エレベーターに乗る事も知っているようです。
エレベーターの前で待ち、ドアが開くと乗り込みます。
そして再度ドアが開くと、ちゃ~んと降りるんですよ~

あと、フロアの中の事務所の位置も分かってるようで、放っておいてもちゃんとドアの前で待ってます。
これならボタンさえ押せたら、にぱっだけでも事務所までたどり着けそうです。

事務所ではさんざん走ったあげく、夕方にはこの状態
0724-3.jpg
気持ち良さそうに寝てますね~[眠い(睡眠)]
0724-4.jpg
nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ベイスターズ戦でリベンジ [つれづれ]

昨夜は先日のリベンジで甲子園球場へ。

今月14日の巨人戦。甲子園に向かう電車の中で中止を知らされた事は以前の記事に書きましたが、その帰り道に、一緒に観戦する筈だったシゲちゃん・マキちゃん夫婦とメールにてリベンジを約束。
チケットを探して、通路から4連番が見つかった昨夜の試合にリベンジが決定したのでした。

昨夜は横浜ベイスターズ戦。
オールスター前の前半を、首位ジャイアンツに0.5ゲーム差の2位につけて終了したタイガースの、後半戦最初の試合でした。

お天気はばっちり晴れ。まったく雨の心配も無さそうでした。また、暑い一日でしたが、スタンドに座っていると浜風が吹いてきて心地良かったです。

★レフトスタンドのむこうの空には入道雲が・・・
0727-02.jpg

★タイガースの先発は、ここ数試合で良いピッチングを見せているスタンリッジ
0727-01.jpg

★野球観戦にはやっぱりコレ!
0727-03.jpg

試合は定刻の18時にプレイボール。
0727-04.jpg
3回表までは両投手の好投もあり、淡々と早いテンポで終了。シゲちゃん・マキちゃん夫婦は18時35分に甲子園駅に着く電車で来るとメールがあり、こんな早い展開だと・・・と気を揉みましたが、3回裏のタイガースの最初のチャンスの最中に到着しました。
そのチャンスは平野、マートンと凡退し得点にはなりませんでしたが・・・

★今夜も当然ライトスタンドはタイガースファンでギッシリ
0727-05.jpg

★こんな洒落た?タイガースファンのお姉さんもちらほら(知らない人ですが・・)
0727-06.jpg

4回表、内川のツーベースから2アウト後に村田のタイムリーを浴び1点を先制されたものの、すぐさまその裏にブラぜルがレフトへソロホームランで同点。

★地デジナイターという事で、地デジカたちもPRに来ていました。
0727-07.jpg

★レフトスタンドの向こうには今度は真ん丸の月が顔をのぞかせました。
0727-08.jpg

「新井よ、月に向かって打て~!」と応援。
その甲斐あってか、6回裏に平野のヒットを足がかりに新井のタイムリーヒットで勝ち越し。その後も金本のファーストを強襲するライト線へのツーベースの後、城島の2点タイムリーで4-1としました。
0727-09.jpg

★7回裏の風船飛ばし。我がチームも楽しく盛り上がりました。
0727-10.jpg

8回裏にブラぜルが、この日2本目となるトップにならぶ32号ホームランを放ち5-1。センターバックスクリーン横に飛び込む鮮やかなホームランでした。

最後は藤川球児が登場し締め括り。点差もあったせいかハーパーに一発をくらいましたが、最後はスレッジを三振に仕留めてゲームセット。
0727-11.jpg
0727-12.jpg

タイガースファンの私たちにとっては本当にいい試合でした。
首位ジャイアンツがドラゴンズに敗れたので、これでタイガースが首位に浮上しました。ブラぜルのホームランキング争いトップに並ぶホームランも見れましたし、タイガースのヒット連打による繋ぎの得点シーンも見れました。最後の球児までも見れましたし・・・
しかも、お天気も最高で、風が心地良く暑過ぎず気持ち良かったですし。

新井とブラぜルのヒーローインタビューを聞いた後、六甲おろしを歌いながら甲子園球場を後にしました。

そのまま混んだ電車で帰るのも・・・という事で、甲子園駅横の赤ちょうちんで二次会。
0727-13.jpg
最高の気分で楽しくお酒を飲んで、11時前の電車で梅田へと戻り、梅田でシゲちゃん・マキちゃんと別れ、最終の河原町行き快速急行で京都へ帰りました。

やっぱり空の見える甲子園はいいな~

nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。