So-net無料ブログ作成

琵琶湖畔を楽しく・・・ [ラン♪]

4月1日の日曜は、ちょっと早起きをして走りに行って来ました。

滋賀県大津市の琵琶湖畔で行われた「マザーレイク・チャリティ・ファンラン&ウォーク」。
ちなみに、このイベントは震災支援という事で、募金と収益金は東日本大震災と長野県北部地震復興の支援金として寄付されます。
京都マラソンを応援してくれた同級生のラン友(彼女は東京マラソンを走りました)がエントリーしたので、一緒に走ろうという事で自分もエントリーし参加しました。

お天気は曇り空から時よりお日様が顔をのぞかせるような感じで、ちょっと肌寒いくらいでした。
0401-01.jpg
8時40分過ぎに現地に到着し、まずは受付けを済ませます。そして、ストレッチなどをしているとラン友も到着し合流。
そして9時から開会式が行われ、9時30分にスタート。
今回は20キロを走る事にしました。コースは1周5キロの湖畔の遊歩道を4周。
0401-03.jpg
3週間前にフルの42キロを走ったので、今回はラン友のペースに合わせて走る事にしました。
スタート前は肌寒かったのが、走り始めるとちょうどいいくらいの気温に感じました。ただ、湖畔という事もあってか風に行く手を阻まれる場面もありましたが・・・

1周5キロをちょうど30分のペースで走り、20キロを走り終えてほぼ2時間ちょうど。
琵琶湖のきれいでのんびりとした景色を眺めながら、また、ラン友が言ってましたが「信号や自転車なんかに邪魔される事なく」、とっても気持ち良く走れました。
あと、ボランティアのスタッフの皆さんも一生懸命応援して下さり、手作り感のある本当に温かみのあるイベントでした。

これまでいつも独りで走って来ました(学生や社会人時代のラグビー部の練習は別で・・)が、今回初めて友達と走りました。
いつもは黙々と、そして音楽や色んな考え事をして気を紛らせて走ってますが、人と一緒に走るとそんな必要も無く、とっても楽しかったです。いつもとまた違った走る事の楽しさを知ったような気がしました。
これからもちょくちょく一緒に走れればと思います。
0401-02.jpg
nice!(28)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年も京都御苑でお花見 [つれづれ]

今日は、ここ数年恒例となった、女ひつじさん行きつけのバーのお花見会に参加しました。
私自身は昨年に続いて3回目の参加です。
今年も昨年と同じ場所での開催となり、我が家が場所取りの担当に。

今日は朝からとってもいいお天気となりました。
気温はちょっと低めで、午後からは風が冷たかったですが、そこそこいいお花見日和となりました。
0408-01.jpg
朝10時に出発して京都御苑へ。
京都御所の春の一般公開が行われており、とっても人が多く賑わっていました。
ほぼ満開の桜の木の下に陣取り、みんなが来るのを待ちます。と言っても、13時頃からという事なので、3時間近く時間潰しをしなければなりません。
本を読んだり、ジェンガをしながら・・・
0408-08.jpg
今年はSmileも初参加です。
0408-02.jpg
0408-03.jpg

お日様があたるとぽかぽかと気持ちいい! 春の風に吹かれて・・・
0408-09.jpg
眠くなってきました(-_-)zzz
0408-10.jpg

結局、13時過ぎに1カップルが到着し、その後パラパラと集まりだし、あらかた揃った14時頃からお花見会のスタート。みなさん腕に縒りを掛けた手作りのお料理が並びます。
0408-11.jpg0408-12.jpg
0408-18.jpg0408-19.jpg
0408-20.jpg0408-21.jpg
0408-14.jpg0408-16.jpg
0408-17.jpg0408-13.jpg
女ひつじさん作も。
0408-04.jpg0408-05.jpg
0408-06.jpg
今回はにぱっSmile用のわんこ弁当も
0408-07.jpg

延べ30人くらいでお酒とお料理を囲み、日が暮れ出した17時半頃にお開きとなりました。
0408-22.jpg

それにしても、このバーのお花見会の晴れ率は高いな。きっと、マスターか誰かが晴れ男(女)なんでしょうね(^^♪
0408-23.jpg
0408-24.jpg


nice!(27)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お寿司会復活! [お気に入りのお店]

昨年9月末にお店を閉められた近所のお寿司屋さん。
その時の事はこのブログにもアップ2011-09-30しましたが、そのお店が3月30日から再び営業を始められました。
なんでも、この半年の間にたくさんの皆さんから復活を望まれる声が届いたそうで、今回その声に応えての営業再開のようです。
ただ、以前とはちょっと営業形態を変え、閉店時間を少し早目に設定され、その代わりにお昼時間にもランチメニューでの営業を始められました。
あと、テーブル席を廃止され、カウンター席のみになり、そのカウンター席も席数を少し減らされました。
大将が、「以前のように旬の変わった魚をたくさん用意してという訳にはいきませんが・・・」と仰ってましたが・・・

復活開店からちょっと落着いた頃の一昨日の夜に、ひつじ家3人で覘いて来ました。
いつものように大将おまかせで・・・
0409-01.jpg0409-02.jpg
0409-03.jpg0409-04.jpg
0409-05.jpg0409-06.jpg
0409-07.jpg0409-08.jpg
0409-09.jpg0409-10.jpg
0409-11.jpg0409-12.jpg
0409-13.jpg0409-14.jpg
0409-15.jpg0409-16.jpg
0409-17.jpg0409-18.jpg
0409-19.jpg0409-20.jpg
(今回も女ひつじさんが、食べながら全品記録してくれました(^.^) )
うに、中とろから始まり、脂の乗ったかんぱちやマヨネーズを乗せて炙ったサーモン、えびっこやエノキ、椎茸といったちょっと変わった握り、わさびみそを使った激辛3軍艦など、バラエティに富んだラインナップで登場しました。
そしてシメには今回は“あなたまきゅう”の太巻き。(日によって“うなたまきゅう”)
最後の緑色のはひつじ母がオーダーした抹茶アイス。お寿司以外にも、こうしたサイドメニューや一品物メニューが増えました。

やはり以前と変わりなく、どれも本当に美味しかったです。ネタそれぞれに一仕事してあり、色んな味を楽しませてもらえました。
このお店が閉まってから暫く途絶えていた我が家のお寿司会も、これで復活となりました。
また定期的にここのお寿司が味わえるかと思うと、本当に楽しみです。
お昼のメニューもなかなか美味しそうでしたので、また今度お昼にも訪ねてみましょう。
nice!(32)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

早春の飛騨路へ(その1) [おでかけ]

この週末は、ちょっと飛騨路を巡ってきました。
もちろん、今回もマイカーじゃなくて電車バスです。(いつも書いていますが、旅って、思わぬ所で美味しいお酒に巡り会ったり、美味しいお料理と一緒にお酒が飲みたくなっちゃうものですからね~)

往路は交通費をいかに安く上げるかをテーマに。
京都~高山間ですと、交通費を気にしなければ新幹線で名古屋まで行き、そこで高山線の特急に乗り継ぐか、あるいは日に1往復している特急で行くのが一般的でしょうか。
それだと、新幹線のぞみ利用の乗継で9,880円(自由席利用で8,920円)、直通特急利用でも7,440円(自由席・6,930円)かかります。
あと、今回の最初の目的地は白川郷でしたので、高山バスセンターから白川郷までのバス代2,400円もオンしないといけません。
さて、節約旅はいくらで上がるでしょうか・・・

金曜の早朝、始発の地下鉄(四条5時39分発)に乗り込み京都駅へ。
そして、5時49分発の東海道線長浜行き(902M)で米原まで。
01-01.jpg
(右側の電車です)
早朝にも関わらず、結構たくさんの方が乗っており、各駅でも反対ホームにはたくさんの通勤・通学の方がおられ驚きました。
すっかり通勤とは縁の無い生活を送っていますので「なんと朝早くから・・・」なんて思いましたが、まぁ私も20数年前には1時間半かけて横浜~都内の通勤をしていましたから、その頃はこんな時間だったかも・・・

米原には6時55分に着き、そこからは金山行き快速(2508M)で岐阜へ。
車両は懐かしい117系電車でした。この117系電車は、私が中一の頃に登場した車輌で、京阪神間の新快速として運用されていた153系電車の置換え用で、長らくシティライナーとして活躍をしました。
今は後進にその役目を譲り、東海・中国地方に転属したり、関西内でもローカル運用をこなしていると思います。
さすがに旧さを感じますが、でもシートの座り心地は先ほどの電車よりも良かったです。
01-02.jpg
朝の通勤・通学時間真っ只中になって来たようで、大垣、岐阜が近付くにつれ車内は超満員状態に。
そして岐阜に7時56分に到着しました。

JRの岐阜駅から少し歩き、名鉄岐阜駅そばにある名鉄バスセンターへ。
01-03.jpg
そこで白川郷までのバスチケットを買い、近くのカフェで朝食。

市内の女子大へ行くバスと同じ乗り場なので、たくさんの若い女子大生が次々にバスへと吸い込まれた後、京都行きのバスに続いて入って来た岐阜バス八幡営業所行きに乗りました。
定刻の8時40分に発車し、しばらく岐阜市内を走り、そして高速道路に入り郡上八幡へ。バスは途中何カ所かの停留所に止まりながらのんびりと走り、郡上八幡インターで高速を出たあと、昨夏訪れた郡上八幡の街をぐるっと回りながら八幡営業所着。定時は9時59分でしたが、少し遅れての到着となりました。
01-04.jpg
01-05.jpg
ここで名古屋から来る白川郷行きのバスに乗り継ぎます。(このバスは要予約です。)
01-06.jpg
10時18分発。
先ほどの郡上八幡ICから東海北陸自動車道に入ります。
高速を北上するうちに、車窓にはまだまだ雪を湛えた山々の景色が。沿道の桜も、先ほどまでは咲き始めている木々もあったのが、まだまだ蕾も固そう。
01-07.jpg
荘川ICで高速を下り、カーブや細く嶮しい道が続く一般道を行きます。途中、大型車の離合不可能なトンネルも何カ所かあり、山間を縫うように走ります。
01-08.jpg
車窓には雪も結構残っており、ちょっと期待していた桜どころじゃありません。
コンクリートでは無く砂礫を積み上げ固めたという珍しい御母衣(みぼろ)ダムのちょっと変わった景色を見ながらバスは進みます。
01-09.jpg
そして11時45分。バスは白川郷に到着しました。

さて、テーマのここまでの交通費は・・・
京都~岐阜 JR 1,890円
名鉄岐阜BC~八幡営業所乗継~白川郷 岐阜バス 3,000円

合計4,890円でした。
京都から高山直通のバスでも4,650円ですから、高山~白川郷の2,400円を足すと7,050円。
なかなかの数字じゃないでしょうか(^.^)

今回の旅のメインのひとつの白川郷めぐりは次の回に・・・
nice!(21)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

早春の飛騨路へ(その2) [おでかけ]

飛騨といえば合掌づくり。
その合掌づくりの家々が建ち並ぶ白川郷は、1995年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。
今回、そんな白川郷をまず第一に訪ねてみました。

バスを降りると、すぐ目の前に合掌づくりの建物がいくつも目に入ります。
白川郷観光協会の総合案内であいの館で地図を入手し、であい橋を渡って萩町合掌造り集落へ。
釣鐘のある明善寺の前を通り・・・
02-01.jpg
時刻はお昼を過ぎていますので、まずは腹ごしらえ。
案内図に乗っていた手打ちそばのお店に入り、ビールとどぶろく。そして盛り蕎麦を注文。
02-02.jpg
どぶろくも美味しく、お蕎麦はシャキシャキ。とっても美味しかったです。
02-03.jpg
「乃むら」というL字型カウンターだけのお蕎麦屋さんでしたが、なかなか良い感じでした。
02-04.jpg
ただ、メニューはお蕎麦と、セットの炊き込みご飯とアルコールのみ。なので、数名のオヤジ団体が店に入りながら、メニューを見て自分達だけでガヤガヤと話しをし、お店の人には無言で出て行ったり・・・
お酒のおつまみか何かも期待したのでしょうが、なんとも失礼な感じ。

美味しいお酒とお蕎麦でお腹を満たし、再び集落を歩き始めます。
途中、雪で造った“かまくら”があったり・・・
02-05.jpg

この白川郷の中には数軒、家の中まで見させてくれる所があります。
その中の1軒の「長瀬家」を見させてもらいました。
玄関を入り、拝観料を払って中に進むと、そこには懐かしい感じの囲炉裏のある部屋がありました。
02-07.jpg
続きの居間には、これまた懐かしい柱時計が掛かっていたり
02-06.jpg

1階をひと通り見た後、2階3階4階へ。
3階4階には、昔の生活用具や仕事道具、農機具などが所狭しと展示されていました。
02-08.jpg
02-09.jpg
最上階の5階はには上がる事は出来ませんでしたが、昔は薬草の干し場となっていたようです。
02-10.jpg

合掌造りの建物の中がこんな風に5階建てになってるとは、今回初めて知りました。
ちなみに、1階は主な生活の場、2階は使用人の寝所等、3・4階は養蚕の作業場、5階は薬草の干し場となっていたそうです。

「長瀬家」をちょっと感動を覚え、楽しく見終わった後、またまた集落を歩いて萩町城跡展望台を目指します。
02-11.jpg
雪解け水が流れる坂道をしばらく上ると、ぱぁーっと眼下に合掌造り建物がたくさん建ち並ぶ集落の景色が広がりました。
02-13.jpg
まだまだ雪の残る早春の集落の様子がパノラミックに見る事ができました。
02-12.jpg

展望台から今度は坂を下り集落に戻ります。
そして、集落内の酒屋さんでまたまたお酒をいただきました。
02-15.jpg
美味しい地酒とどぶろくを。
そして、おつまみには飛騨牛の串焼きと飛騨牛コロッケを。
02-17.jpg02-16.jpg
「蓬莱」と「やんちゃ酒」という地酒をいただき、いい気持ちになってバス乗り場へと戻りました。

途中、屋根の葺き替えをしている所も見る事ができました。
02-18.jpg

こんな感じで、合掌造り集落をぶらぶらと楽しんだ後、15時発の濃飛バスで白川郷を後にしました。
(行くまでは、「桜も見られるかな~」とちょっと期待してましたが、桜には程遠い景色でした^^; )
02-14.jpg
nice!(13)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

早春の飛騨路へ(その3) [おでかけ]

15時発の濃飛バスで白川郷を後にし、高山バスセンターには15時50分着。そこでバスを乗換え、16時10分発の松本行きの特急バスで宿のある平湯温泉へ。
この松本行きの特急バスは、私たちを除くと松本まで行かれる乗客が1名と、なんとも寂しい乗車率でほとんど回送状態。季節や日によっては混む日もあるのでしょうが・・・

途中から坂をぐんぐん上り、まだまだ雪を湛えた朴の木平スキー場などを車窓に長いトンネルを越えると、眼前に平湯温泉スキー場のゲレンデと、その麓の温泉郷の景色がワイドに広がります。
そしていくつかのヘアピンカーブを曲がりながら坂を下ると平湯温泉に到着。

バスを降り、この夜の宿へと向かいます。
途中、酒屋さん兼コンビニ兼お土産屋さんのようなお店に入り、部屋飲み用のお酒やおつまみを購入。
その時に気が付きましたが、カップ麺や袋入りのスナック菓子がパンパンに膨らんでいました。
03-01.jpg
平湯温泉は、かなり標高の高い所にあるんですね。調べると、約1250mなんだそうです。

平湯館という宿に泊まりました。
03-02.jpg
穂高でしょうか、乗鞍でしょうか、槍ヶ岳でしょうか。部屋の窓からは北アルプスの山並みが臨めます。
03-03.jpg

まずは源泉かけ流しの温泉露天風呂に浸かります。暮れなずむ山々の景色を眺めながら静かに温泉に浸かっていると、日頃の疲れが融けて行くようです。

温泉につかりほっこりとしたところで夕食。
地元の食材をたくさん取り入れた懐石料理でした。
・先付の春野菜サラダ、旬菜
03-05s.jpg03-04s.jpg
・椀替りの浅蜊と水菜のあっさり鍋、造里は奥飛騨サーモン(鱒)と岩魚
03-06s.jpg0307s.jpg
・焼物は鰆の菜種焼き、煮物は竹の子餅など
0308s.jpg03-10s.jpg
・蒸し物は馬鈴薯茶碗蒸し(帆立利久煮)、焜炉は飛騨牛しゃぶしゃぶ
03-11s.jpg03-12s.jpg
・飛騨産こしひかりの食事と、飛騨なめこ高山産生味噌仕立ての止椀、甘味は抹茶ぷりん
03-13s.jpg03-14s.jpg
もちろん、ビールと地酒もいただきました。
03-09s.jpg

他の(特に年配の)テーブルでは、追加オーダーの飛騨牛ステーキなども食べておられましたが、私は基本のお料理だけで満腹になりました。鱒や岩魚のお造りも予想外に美味しかったですし、春野菜サラダはじめ、各お料理も工夫されていて、食べていてもありきたりでなくて楽しかったです。

お腹いっぱいになり、部屋に戻ると激しく睡魔に襲われひと眠り。
2時間ほどうたた寝をして目が覚めてからちょいと部屋飲み。
03-15.jpg
夕方、宿に入る前に購入した地ビールやワインを楽しみました。



翌朝、6時過ぎに目が覚めると、外から雨音が聞こえました。天気予報通り、どうやら雨模様。
昨夕はくっきりと姿を見せていた山々も、今朝はガス(キリ)に包まれ・・・
03-16.jpg
朝風呂に入り、気持ち良く目を覚ましたら朝食。
03-17.jpg
とっても美味しくいただきました。調子に乗ってご飯をお代わりしないようにセーブしながら・・・
(旅に出ると、どうしても朝ご飯を食べ過ぎちゃって後悔する事が多いので・・・)

nice!(26)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

早春の飛騨路へ(その4) [おでかけ]

朝のバスで平湯温泉から高山に戻り、荷物を駅のコインロッカーに預けて街へ。

この日は運よく、春の高山祭が開催される日でした。
ちなみに、日本三大美祭(京都祇園祭、秩父夜祭)に数えられるこの高山祭は、春と秋の年2回開催で、春は4月14日・15日の2日間。日枝神社で行われる山王祭が春祭りで、櫻山八幡宮の八幡祭が秋祭りとなります。
今年は土日と重なったので、2日間の人出は昨年より9万人増の21万3千人だったそうです。

昨日とはうって変わって、駅には人があふれ、どんどん街へと吸い込まれて行きます。
04-13.jpg
生憎の雨が残念ですが、少しずつ小降りになり始めてきたので、傘をさして歩き始めました。まずは、お祭りで賑わう古い町並を歩き、宮川朝市へ。
04-02.jpg
朝市は雨の為か、いつもよりは露店の数は少ないかも・・・
04-03.jpg
“さるぼぼ”などの民芸品や野菜、お餅、漬物などを売る露店が並んでいました。
04-04.jpg
せっかくですから、小さな“さるぼぼ”と、大きななめこ、そして赤カブなどのお漬物を買いました。
04-05.jpg
あと、並びのお味噌屋さんでお味噌を買いましたが、これがとっても美味。帰宅してから翌朝のお味噌汁や、夕食の味噌鍋に使いましたが、ほんとうに何んとも言えないコクがあって・・・

あと、ガイドブックで気になっていた“飛騨牛にぎり寿司”もいただきました。
04-06.jpg

朝市でのお買い物のあとは、お祭りの屋台見物。雨で外には曳き出されませんでしたが、蔵の扉を開放しているところを鑑賞しました。
崑崗台
04-01.jpg
青龍台
04-10.jpg
琴高台
04-11.jpg
04-12.jpg
12台の屋台の中の3台にはからくり人形があり、そのからくり人形の演技が見られるからくり奉納も雨の為見れませんでした。(もしかしたら、各屋台蔵で見られたかも・・・)
巡幸も中止となり残念でしたが、蔵の屋台を見て回るだけでもちょっとお祭りの雰囲気に触れられたような気がしました。
夕方には雨が上がったので、夜祭りと翌日のからくり奉納、御巡幸は予定通り行われたとか。
街の方曰く、提灯が揺れる夜祭りは幻想的で良いですよ~。
またいつかゆっくりと再訪したいと思います。

各祠にはお供え物が。
04-07s.jpg04-08s.jpg
水がとってもきれいな宮川にかかる中橋と、日枝神社の御旅所
04-09.jpg

高山でのお昼ご飯。
せっかくだから飛騨牛でも・・・と思ったのですが、結局「飛騨牛も松阪牛も但馬牛も・・・味の違いを分かるほどグルメじゃないし・・・」なんて事で、駅前のお蕎麦屋さんへ。
まぁ、簡単に言うと、「牛と地酒の綱引きで地酒が勝った」だけなんですけどね・・・
04-16.jpg
いつも通り、ビールと地酒でイッパイ。
おつまみには「漬物盛合せ」と「なめこおろし」。
04-14.jpg
そして玉子焼き。だし巻きのようなのを想像してオーダーしましたが・・・なんとも懐かしい味でした。
04-15.jpg
シメには飛騨ラーメン。
04-17.jpg
素朴~なお味でした。
おばちゃん数名で切り盛りされてるお店のようで、まったりと心地良くお昼をいただきました。ガイドブックにも載っていないようなお店ですが、まぁ、地元のお酒を飲んでゆっくりするのも良いものだと思いますし。
04-18.jpg

そうそう・・・
ラーメンは一つにして、再度街に戻り「飛騨牛まん」を(^。^)
04-19.jpg
nice!(16)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

早春の飛騨路へ(その5) [おでかけ]

行きは節約をテーマに電車+バスの乗継乗継でしたが、帰りはすんなりJR高山駅から特急列車で。
お土産が増えたりで、帰りは荷物が多くて大変になりますしね。

高山駅15時36分発の特急(ワイドビュー)ひだ36号 大阪行き。途中の岐阜までは、ひだ16号名古屋行きと併結運転です。
05-01.jpg
前から1号車~4号車(所定3号車)が大阪行きで、5号車~10号車が名古屋行きとなります。
車両はJR東海のキハ85系気動車。
先頭1号車は、運転席後部が全面ガラス張りになっていて、上部の天窓とあわせて前面眺望が楽しめます。
05-02.jpg
反対の4号車側はこんな顔。
05-04.jpg
併結運転中は、中央の貫通扉が開き、行き来できるようになっています。

このひだ36号(16号)は高山駅始発なので、自由席で帰る事にしました。
05-03.jpg
予想通り、大阪行きの1両のみの自由席はがらがら。
05-05.jpg
予想通りの予想とは・・・
1.お祭りはこの日と翌日の2日間の開催なので、1日目のこの時間に帰る人は少ない。
2.土曜日なので、ビジネスユースは少なく、観光だったら座席確保の確実な指定席利用の方が多い。
3.京都・大阪(以西)へ行くなら、名古屋で新幹線に乗り換えた方が早い。
なんて感じで。

おかげで、前の席をくるっと回して4席分を使って、ゆったりのびのびと旅を楽しむことが出来ました。
あと、この車輌は座席部分が通路から20cm上げてあり、また窓の縦も95cmと大きく、まさにワイドビューで飛騨路の景色を楽しむことが出来ました。
05-06.jpg
05-07.jpg
途中からは雨も上がり、西日が桜を照らす中を進みます。
05-08.jpg

今回もあちこちでたくさん美味しいものを飲み食いしましたが、その締め括りには高山駅で仕入れた駅弁を。
まず一つ目は「牛しぐれ弁当」。飛騨牛入りの文字に惹かれちゃいました^^;
05-09.jpg
ヒモを引き抜くと温かくなるタイプです。
05-12.jpg
お味の方は良かったのですが、温め装置部分があるので上げ底。見た目の大きさで中身の量を期待すると、ちょっとガッカリするかも・・・

もう一つは「まつりべんとう」。
1年の間で、春と秋のお祭りの日の4日間だけにしか販売しないという「幻の駅弁」です。
05-10.jpg
昭和42年の春祭りから発売開始したそうなので、私と同い年ですね。
高山祭の祝い膳をイメージし、楪子盛(チャツモリ)を基本に、その他赤巻きくずし、精進揚、お煮しめ、照らし海老など、海の幸、山の幸が詰められています。
05-11.jpg

旅の最後に高山の「幻の駅弁」を食べる事もでき、楽しく美味しかった旅を締め括ると、外はもう真っ暗。
列車はまもなく草津に到着するとの放送が入りました。
京都まではあとわずか・・・
nice!(24)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年も我が家さくらは・・・ [つれづれ]

毎年この時期に、ここにアップしてきた我が家さくら。
7年前にひょろっとした鉢植えを買い、建替えたばかりの自宅の庭に植えたところ、グングン伸びて背丈は2階を越えそうな勢いで。
花も年々咲く数を増して行き、道行く町内の人たちを楽しませるほどになりました。
ただ、花が散り、葉っぱが広がるようになると、どこからともなく虫さんがやって来て、見事に葉っぱを食い散らかして行きます。
その虫害がすごいので、昨年秋に近所の植木屋さんに頼んでカットしてもらいました。
気持ちでは「チョチョッと・・・」くらいで考えていたのが、自宅に戻ってみるとバッサリ。とっても思い切りよく伐られてました。
「こんなに伐っちゃ、来年はあまり咲かないかもね」と家族で話していましたが・・・

0421-03.jpg
今年も、全体的には小さくなったものの、枝いっぱいに賑やかに花を咲かせてくれました。
0421-04.jpg
0421-01.jpg
0421-02.jpg

ひつじ母の小さなデッキガーデンにも春の花が賑わっています。
0421-05.jpg


話変わって、先週末はラン友と朝から走って来ました。
0421-10.jpg
前日は大学ラグビー部の委員会でちょっと深酒をし、目覚めは二日酔いでしたが、なんとか頑張って8時半に鴨川の丸太町橋に集合。
そこから川沿いに北上し、ちょっと山を越えて静市市原から岩倉へ抜け、最後はキツネ坂を下って洛北高校前でラン友と別れました。ここまでで約20キロ、2時間強のジョギングでした。
そこからは独りでウォーキング。
でも、ちょっと脚が疲れたのと、お昼時間近くなってお腹がへったので、途中のマクド(マック)に寄って京都御苑で休憩&ランチ。
御苑にはまだ何種類もの桜がきれいに咲いていました。
0421-11.jpg
0421-12.jpg
0421-13.jpg
0421-14.jpg
そんなピンク色の景色もきれいでしたが、新緑の楓も目に沁み入るようで新鮮でした。
0421-15.jpg

朝の目覚めはつらかったですが、お酒もスッキリと抜けて、気持ちの良い1日を過ごすことができました。
nice!(22)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

手作りフード大好き♪ [わんわん]

最近、私や女ひつじさんがキッチンに立つと、我が家のマルチームはいつもこんな状態。
(私も独り家ご飯の時は、キッチンに立つ事もありますので、念のため(^.^) )
0426-01.jpg
どこに居ても、気配や音を嗅ぎつけて、両方揃って飛んで来ます。
やって来ては、足元にまとわりついたり、ワンワン吠えたり・・・
以前はそんな事はほとんど無かったんですけどね。

それと言うのも、約1ヶ月ほど前から、それまでのドライドッグフードに代えて手作りフードにしてからなんです。
にぱっは、我が家に来て以来ほぼ7年間をロイヤルカナンのドライフードを食べ、Smileが来てからは、始めはロイヤルカナン、その後両方ともアボダームに替えました。
アボダームに替えたのは、特にSmileなのですが涙やけがひどくて、涙やけ予防に効果があると評判だったので。

が、我が家の仔達にはあまり効果が無く、そしてあまりフードとの相性も良くないようでしたので、思い切って手作りフードを作ってあげることになりました。(作るのは女ひつじさんの担当ですが^^; )
2~3日分をまとめて作って、それを毎日2食ずつに分けてあげます。
0426-05.jpg

マルチームにとっては、それまでのドライフードに比べて大変美味しいようで、毎日こんな状態になっている・・・ということです。
0426-02.jpg
0426-03.jpg
0426-04.jpg

果たして効果はどうでしょうか。
一時、前よりも悪くなることもあるそうですが、約半年から1年で効果が出てくるそうです。
来年の今ごろは、涙やけの無い真っ白なマルチームになっているでしょうか・・・

nice!(20)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

誕生日ディナーにおでん^^; [つれづれ]

土曜も朝からいいお天気。
前日の金曜日も、一日中そらのとってもきれいな良いお天気でしたが、土曜も負けず劣らずの快晴!

前夜、酔っ払ったので夜更かしせずに眠ったこともあり、朝の5時半に目が覚めました。
もう夜明けもずい分早くなり、外はオレンジ色の朝陽に包まれていました。
せっかく早く目が覚めたので、簡単にストレッチをしてジョギング。
まだ人影のほとんどない朝の街を抜け鴨川へ。
真っ青な空の下、川面が朝陽に照らされキラキラ輝いていました。
0428-01.jpg
いつもは北へ向かって走っていたので、今回は南下してみました。丸太町橋から二条・御池・三条・四条・団栗・松原・五条・六条・七条と幾つも橋をくぐり塩小路橋まで。ここで折り返して反対岸を北上し丸太町橋までの往復7キロ。自宅から丸太町橋が2.5キロなので、都合11.5キロ(最後の0.5キロはクールダウン)のジョギングでした。
0428-03.jpg
既に気温も上がっていたので、汗を流しながらのジョグになりましたが、とっても爽快でした。
0428-02.jpg

その前夜は女ひつじさんの誕生日でしたので、夕方に梅田へ出かけ、プレゼントを買ってから夕食の呑み。
まぁ、呑み助コンビらしくという事で、おでん(関東煮)の「たこ梅」さんへ。(誕生日ディナーにおでん屋さんとは^^; )
まずは日本酒の熱燗と生ビールで乾杯。
おつまみには名物の「たこの甘露煮」と「目板かれいの薄造り(骨せんべえ付)」
0427-01s.jpg0427-02s.jpg
で、ビールを瓶に切り替えておでん(かんとだき)もあれこれいただきました。
大阪らしい?と言えば・・・
0427-03s.jpg0427-04s.jpg
「鯨のコロ」と「ねぎま」。ちなみにコロは鯨の皮で、ねぎまは鮪とネギ。

あと、春の旬の「たけのこ」と、秋の「ぎんなん」の春秋旬対決も(^.^)
0427-05.jpg
色んな具材の入ったおでん鍋を、店員さんが目を離さず常にメンテされてます。具材によって、ずっと煮込んだり、注文してから鍋に入れたりと。見てると、あれやこれやと食べたくなります。
0427-06.jpg
0427-07.jpg
おいしくおでんとお酒をいただき、いい気持ちで阪急電車で京都へと戻りました。

電車は京都市内に入り、大宮駅で下車。
「まだちょっと早いね~」って事で、立ち飲み屋さんにちょっと寄って・・・
0427-08.jpg
ハムカツや焼き鳥などをいただいて帰りました。
0427-09s.jpg0427-10s.jpg
よく飲みました~
nice!(15)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宝が池で高校ラグビー祭 [ラグビー]

今年も4月29日は母校の高校ラグビー部のラグビー祭。

例年は高校の岩倉のグランドで開催するのですが、今年は宝が池球技場を借りての開催となりました。
昨年度からOB会幹事会メンバーも若返りが図られ、新幹事会で「ラグビー祭に、もっと若手のOBもたくさん来てもらおう」という声が高まり、その為には「土のグランドじゃなくて、せめて人工芝のグランドで」ということで、場所を岩倉から宝が池に移しての開催となりました。
と言っても、昨年は宝が池での洛北高校の100周年記念試合に招待されましたし(ラグビー祭は岩倉グランド)、一昨年は我が部の100周年記念を宝が池で開催したので、宝が池での試合は3年連続にはなるのですが・・・

29日は前日に続いて朝から良いお天気で、気温もぐんぐん上昇して暑いくらいでした。
この29日は“晴れの特異日”なのか、あまり雨に降られた記憶がありません。
朝9時から11時30分まではDJRC(同志社小学校)、京都RS、京都北RS、山城RSの合同練習。
0429-07.jpg
0429-06.jpg
グランドではかわいい小学生の男の子や女の子が一生懸命に楕円球を追っかけていて、スタンドではそれを熱心に応援されてるお父さん、お母さんの姿があり、とっても微笑ましい光景が見られました。
この中から、きっと将来の同志社高校・大学や伏見工・成章といった強豪校で活躍してくれる子たちが出てくるんでしょうね~

会議室では、高校父母の会総会が行われており、その終了後11時45分からはOB会定時総会。
それと並行しながら、グランドでは同志社中学と瀬田北中学の試合が行われ、そして13時からは同志社高校と関西学院高校の試合。
0429-05.jpg
今年も関西学院高校はなかなか強いようで、結果は残念ながら敗戦となりましたが、随所に好タックル・好プレーも見られ、秋への希望を感じさせてくれました。
0429-04.jpg
Aチームの後のBチームの試合では勝利を収めたようです。

高校の2試合後、15時20分から恒例のOB戦。
上は65歳から下は今年高校出たての現役大学生まで、老いも若きも一緒になり、楕円球を追っかけました。
0429-03.jpg
0429-02.gif
「さすがに現役の大学ラグビー部員を相手にしたらマズイやろ」「ちょっとくらいは手加減しろよ」
なんて思いながらスタートするのですが、長年染みついた本能はコワいもので・・・
0429-00.jpg
ボールを持ったら、またボールを持った相手が目の前にいたら、ついつい体が勝手に反応してしまって・・・
これが若い子たちも同じで、ボールに絡むとオッサン相手に本気そのものです^^;

まぁ、そんなこんなで大きな怪我人が出る事もなく、楽しくOB戦は終了しました。
そして、高校新入部員の紹介と入部式を行い、部員・OB・部員ご家族が集合し記念撮影を行い、最後に現キャプテンのリードで部歌を歌ってラグビー祭を終了しました。
0429-01.jpg
OBはその後、街のビアホールに集合して懇親会を賑やかに行いました。

今年も、大きなアクシデントもなく、小・中・高が一体となり、OB、部員のご家族が楽しく集えた良いラグビー祭だったと思います。
nice!(19)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。