So-net無料ブログ作成
検索選択

勝利の女神の尻尾 [ラグビー]

12月1日の土曜日に、大学ラグビー関西Aリーグの最終戦が行われました。

最終節の他の試合は先週に終了していますので、この日は前年度優勝・準優勝チームの対戦のみ1試合が行われます。本来であれば、6勝0敗同士の全勝対決で、この一戦で優勝を決するというのが理想なんでしょうが、残念ながら同志社大はここまで2勝4敗。
前節で大阪体育大が立命館大に敗れているので、Bリーグとの入替戦が待つ7・8位は既に京都産業大、摂南大で決定していて、最悪の結果は免れていますが、全国大学選手権出場権獲得をかけての戦いとなりました。
対する天理大はここまで6勝0敗で、6勝1敗の立命館大にも勝利していますので、既に優勝が決定しています。

戦前の下馬評では天理大優位という見方が大勢でしたが・・・

前半開始から同志社大が積極的に攻撃をしかけ、天理陣内で試合を進め、そして7分に先制トライを奪いました。対して天理大も1チャンスからバイフ、トンガの両センターを軸に突破を図り、10分にトライを返し同点。
その後も、何度も何度もフェーズを重ねてトライを奪う同志社大に対して、両外国人の突破からあっさりとトライを奪う天理大といった展開で、前半はその後2トライずつを奪いあい17-17の同点で終了。
1201-01.jpg

後半に入り、1分で天理大があっさりとトライを奪い、この試合初めて天理大がリードを奪いました。あまりにも簡単にトライを奪われたので、ここからずるずると・・・と嫌な予感も過ぎりましたが、後が無い同志社大が奮起し、6分にトライを奪い返し同点とし、そして21分にはキャプテンの執念のトライで再度リードを奪いました。
1201-02.jpg
1201-03.jpg
1201-04.jpg
が、またしても25分には天理大にトライを献上し、ゴールが決まらなかったので29-27と2点リードで試合は終盤へ。
35分過ぎからは、同志社大がフォワードの近場でボールをキープし続け、なんとか逃げ切りを図ります。
そして40分が過ぎ、ロスタイムは3分との発表。
41分30秒に天理大がペナルティを犯し、同志社大はタッチキックを選択。
この選択が結果的には大きな岐路だったかも知れませんね。
マイボールのラインナウトから投入されたボールは、同志社大選手の手をはじき天理大へ。
そこから一気に攻められ、最後は右隅に逆転トライを奪われ、そのままノーサイド。
1201-05.jpg
29-32での敗戦となり、2勝5敗の同率で大阪体育大・京都産業大と並んでしまったので、当該校対戦の得失点差により6位が確定し、全国大学選手権へは進出出来なくなってしまいました。

負けはしたものの、この試合は今シーズン最高のパフォーマンスを見せてくれたと思います。フォワード陣は本当によく頑張っていたと思いますし、バックスラインもこれまでに無く積極的に前へ出れていて、5トライは大体大戦に続いて今シーズン最高です。
後半のバイフ選手へのディフェンスが少し待ってしまっていたのは残念ですが、全体的にはディフェンスも良く前へ出れていたと思いますし、この戦いがシーズン最初から出来ていれば、6勝していてもおかしく無かったと思います。
これだけのポテンシャルがありながら、それを出し切れて来なかったのが残念でなりません。

たられば・・を言えば、終了間際のあの場面のペナルティからの選択。
38分に、ラインナウトのスペシャリストの金本選手が交代してしまった後だっただけに、ミスの発生する確率のあるラインナウトの選択はどうだったかな・・・。
スクラムかチョン蹴りからラックの連続に持ち込み、残り1分強を消費した方が確実だったんじゃ・・・

こんな事を書いていると、昨シーズンの帝京戦を思い出します。
あの試合も、残り僅かな時間を逃げ切れずに敗戦した試合でしたが、まさにあの試合同様、この試合も勝利の女神の尻尾を掴もうとした瞬間に、スルスル~と逃げて行ってしまったような感じです。
でも、この残り僅かのところで逃げ切れるのが本当の強さなんだろうなと思います。

残念ながらリーグ戦6位でのシーズン終了。2年前は入替戦があったので、今シーズンは最も短いシーズンとなってしまいました。
4回生はお疲れ様でしたが、3回生以下はこの屈辱は忘れず、早々に来シーズンへむけてのスタートを切って欲しいと思います。2013シーズン開幕まで、もうあと僅か10ヶ月しか無いのですから・・・
nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

福岡ツアー(Day1) [おでかけ]

10月の事務所合併&移転以来、どうもリズムが変わって、なかなかブログを触れずにいます。

九州へ行った事や、先週の日曜には奈良マラソンを走った事など、書きたい事は山のようにありながら、なかなか間々なりません。

そんなことで、ちょっと前の事になっちゃいますが、11月の連休に福岡へ行って来ました。
今年春に転勤で東京へ越しちゃったシゲちゃん、マキちゃん夫妻と予定を合わし、博多駅集合で出掛けました。

新大阪10時半過ぎの新幹線でスタート。
「これからいっぱい美味しい物を食べるからお腹を空かせときゃないと・・・」と思いながらも、電車に乗ったら食べたくなるのが駅弁。
1123-01.jpg
ビールとワイン(車内販売の缶ワイン。よく出来た造りです)を飲んで、ウォーミングアップて感じかな。

博多駅には午後1時前に到着。
そこで、飛行機で博多入りしたシゲちゃん、マキちゃん夫妻と合流し、ホテルに荷物を置いてからまずはラーメン屋さんへ。

博多だるま総本店
1123-02.jpg
1123-03.jpg
炙りとろ肉チャーシューと餃子で博多でのビール第1号を。とんこつラーメンも期待通りに美味しかったです。極細ストレート麺はやっぱり博多ラーメンらしい・・・

ラーメンを食べた後、ぶらぶらと歩き、福博であい橋のたもとから水上バスに乗船。
1123-04.jpg
ちょっと楽しいお兄さんの案内を聴きながら、のんびりと川を下り、ベイサイドプレイスへ。
珍しく入館料無料の博多ポートタワーに登りました。

その後、バスで天神に戻り、そして警固にある焼き鳥屋さん「かわ屋」へ。
1123-05.jpg
シゲちゃんが福岡勤務時代の行きつけらしく、ちゃんと予約してくれてましたが、予約がなかったら満員で入れない所でした。
名物の「とり皮」は、6日間にわたり7~8回も焼き込んでいるらしく、なんとも言えず美味い!
1123-06.jpg
「こりゃ一回食べたら病みつきになるわ」
カリカリと噛むと、中はモチっとしていて、とり皮の旨味と甘辛いたれの味が広がって堪りませんでした。
ビールとの相性も最高。
1123-07.jpg
シゲちゃん曰く、焼酎でも最高に美味いよ~

名物「とり皮」以外も、「ささみのしぎ焼き」「山芋の塩焼き」など、他のメニューも美味しかった~
1123-08s.jpg1123-09s.jpg

噂通りに美味しかった「とり皮」に満足し店を出ました。

お酒もそこそこ入り、お腹も満たされましたが、せっかくの福岡ナイト。これで終わるわけはありません。
中洲近辺へ戻り、どこか屋台へと。
2~3年前に行った屋台へ行こうと探しましたが、残念ながらその屋台は無くなっていましたが、同じ辺りにあった屋台に飛び込みました。
1123-10.jpg
1123-11.jpg
お母さんとおっちゃんが二人でやってる屋台でしたが、食べ物も美味しく、お値段もリーズナブルでした。

そして屋台を出た後、シゲちゃんの福岡時代の仲間が集まってるから・・と親不孝通りのクラブへ。
私たちと同年代の男女が、仲間の女性の誕生パーティで集まっていました。
みんな良く飲むし、よく踊る~
あと、びっくりしたのが美魔女。みかけ20代なのですが、訊くとほぼ同い年で既婚とか・・・
なんとも言えない博多弁で語りかける美魔女・・・あれはヤバいです^^;
そう思うと、みなさんきれいな女性が多かったですね。

いやいや・・・福岡は食べ物もお酒も美味しくて、女性もきれいな方が多くって・・・本当にいい街ですね。
初日から堪能しました。
1123-12.jpg
nice!(11)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

福岡ツアー(Day2-1) [おでかけ]

一夜明けて、午前6時。
前夜のお酒が少し残ってるものの、頑張って走るか・・・と準備をして、ホテルの外へ出ると・・・あらら・・結構降ってます(>_<)
携帯で天気予報を見ると、どうやら雨雲の通過中らしく、この時間帯だけに雨マークが・・・
せっかくだったにに・・・と部屋へ戻りました。

シゲちゃん・マキちゃんとは10時に西鉄福岡(天神)駅で待ち合わせをして、電車で柳川へと向かいました。
今回使ったのが「大宰府・柳川 観光きっぷ」。
金額は2,800円で、福岡~柳川~(大宰府)~福岡の乗車券と、柳川での川下り乗船券がセットになったお得なキップです。
1124-11.jpg

柳川では、駅から送迎バスで松月乗船場へ行き、そこから約1時間あまりをかけて、市内の掘割を下ります。
1124-01.jpg
船頭さんの案内を聞きながら、のんびりと水郷を巡ります。
この柳川の地からは、北原白秋はじめ数多くの文人を排出し、また野球界などスポーツの分野でも名プレーヤーがたくさん生まれているんですね。(同志社の第8代総長の海老名弾正先生もこの柳川のご出身で、その碑も船から見かけました。)
1124-02.jpg
1124-03.jpg
お天気は相変わらずの曇りで、ちょっと冷えますので、途中で暖かい甘酒やコーヒーをいただきました。
1124-04.jpg
船頭さんの案内は、とっても面白いのですが、時よりお国言葉が出て何を言ってるのか解らない場面もありました^^;(途中、すれ違った船の船頭さん同士の会話は更に???でしたが・・・)
1124-05.jpg
1124-06.jpg

午後1時頃に川下りの船を下り、昼食は船着場すぐ横の「若松屋」で「鰻せいろむし」を。
1124-09.jpg
1124-07.jpg
1124-08.jpg
鰻がびっしりと載せられており、タレがご飯全体に行きわたり、ほかほかと美味しくいただきました。
もちろんビールも。

昼食の後は、ちょっとのんびりと「かんぽの宿」で日帰り入浴温泉に浸かりました。
のんびりと船に揺られ、ビールを飲みながら美味しい物を食べ、そしてゆったりと露天風呂に・・・
最高の時間ですね!

で、夕方に駅へと戻り、西鉄特急で大宰府へは寄らず天神へと戻りました。
1124-10.jpg
nice!(8)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

福岡ツアー(Day2-2) [おでかけ]

柳川から戻り、天神から中洲へと歩いて夕食。
昨夜は美味しいとり皮など肉系だったので、今夜は魚系という事で、西中洲にある「大名やぶれかぶれ」というお店へ。

お昼が遅めだったのにもかかわらず、温泉に浸かったり歩いたりと動いたおかげか、ちゃんとお腹が減ってきました。
呼子いかの活造りや五島のごまさばなどを落ち着いた雰囲気の個室でいただきました。
1124-12.jpg
1124-13.jpg
1124-14.jpg

そこそこしっかりと飲んで食べましたが、せっかくの博多だからと、この夜も屋台へと・・・

以前に行った屋台バー「えびちゃん」は昨夜に続いてこの夜もいっぱい。
なので、並びの「照ちゃん」へ。
1124-15.jpg
おっちゃんが一人で切り盛りされてる屋台でしたが、アットホームな雰囲気で、おでんも美味しかったです。
1124-16.jpg
飲んでると、お隣のご夫婦とそのまたお隣の男性の会話が聞こえて来るのですが、「明治が・・・」「秩父宮・・国立・・」とどうやらラグビーの事らしく・・・
ついつい会話に交ざっちゃいました。
男性は長崎の方らしく、帝京大のOBで、岩出監督とも懇意にしていて東京へも応援に行くんだそうです。今夜は屋台で飲み明かして、明日の朝一で帰るんだとか。
「同志社も頑張ってよね!応援してるよ」と「また来年は東京で会いましょう」と別れました。
そのお隣のご夫婦は、ご夫婦とも大東文化大OBで、埼玉から浦和レッズの試合の応援に鳥栖まで来られた帰りだとか。
「ラグビーも好きですよ~。ラトゥ、ノホムリの時代の大東大全盛期世代ですから」と。
このご夫婦とは翌日の大宰府でもバッタリ出会いました(^.^)

楽しく飲んで、締めのラーメンは昨日のおばちゃんとこへ行こうという事になり「とん吉」へ。
まずは焼きラーメンを4人で分けて食べました。
1124-18.jpg
初焼きラーメンでしたが、思ってたよりも美味しかったです。
そしてラーメン。
1124-19.jpg
ここまで相当食べて飲んでますが、やっぱりこれは別腹ですかね。あっさりとしていてスルスルッと入りました。
1124-20.jpg

途中みかけた流しのサックス奏者。
1124-17.jpg
なんかいい感じですね~
nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

福岡ツアー(Day3) [おでかけ]

福岡3日目の朝は、ちょっと気温は低めながらいいお天気。
前日は雨に降られて走れませんでしたが、この日は走れて良かったです。もしも降られてたら、何の為にシューズとウエアを持って来たんだ・・・て所でした。

ホテルを出て、しばらく人気のない朝の街を走り、ほどなく大濠公園へ。
1125-01.jpg
池の周りの周回コースをランダムに周り、その後平和台陸上競技場の外周を周ったり、舞鶴公園の中を気の向くままに走ったり・・・
1125-02.jpg
1125-04.jpg
1125-05.jpg
福岡城大天守閣跡に登ると、朝陽に照らされた福岡の街が一望でき、とっても爽快な気分になりました。
早起きして走りに来たご褒美ですね!
1125-06.jpg
大濠公園の池の周回コースも、ウォーキング、ジョギング、サイクリングがそれぞれコースエリア分けされていて、たくさんの人が歩いたり走ったりされているのに、全然混雑も感じさせず、走り易かったです。
1125-03.jpg
その後、一昨夜・昨夜と飲み歩いた警固や天神の街を走り抜けホテルへと戻りました。11キロあまりのランニングでしたが、とっても気持ち良かったです。


そしてこの日も西鉄福岡(天神)駅でシゲちゃん・マキちゃんと待ち合わせをし、大宰府へと向かいました。
大宰府へは何回か行った事がありましたが、なんだか今日は人が多いな・・・と思ってたら、25日は天神さんの月次祭の日だったんですね。
大宰府名物の梅ヶ枝餅も、この25日限定でよもぎ入りが販売されます。
1125-08.jpg
太鼓橋を渡り、楼門をくぐり本殿でお参りを済ませました。
1125-09.jpg
この梅の木は、菅原道真を追って一晩で京都からこの地に飛んできたそうです。
1125-10.jpg

お昼ご飯は、駅前にあるお店で「さいふうどん」をいただきました。
1125-11.jpg

お昼を食べた後、電車で大橋駅まで戻り、そこからタクシーで「福岡観光会館はかた」へ。
そこの辛子明太子道場で、辛子明太子作り(漬込み)を体験しました。
1125-12.jpg
1125-13.jpg
トウガラシの分量を調整したり、漬けるお酒を焼酎・ワイン・ブランデー・泡盛から選んだりしながら漬込み、マイ辛子明太子が出来上がり。
1125-14.jpg
漬込みから5日目以降に食べられるそうです。

この写真は、その5日目以降の完成状態です。
1125-18.jpg
もちろん、とっても美味しく、お酒のあてに、ご飯にとあっという間に完食しちゃいました。


とこんな感じで楽しく飲んで食べた福岡ツアーも終わりが近付きました。
博多駅で最後の乾杯をして、飛行機で帰るシゲちゃん・マキちゃんと別れました。
1125-15.jpg

締め括りに帰りの新幹線でお弁当を。
1125-16s.jpg1125-17s.jpg
博多発車後すぐに来た車販のお姉さんからビールとワインを買い求めましたが、その後追加のビールを買おうとお姉さんが戻って来るのを待ち続けましたが、結局次に来たのは新神戸あたり。
新大阪到着まで僅かでしたので諦めました。やはり、連休とかの多客期は、車販は当てになりませんね。駅でしっかりと買っておくんでした。

今回もとっても楽しい旅でした。

nice!(17)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

奈良マラソン2012 [ラン♪]

相変わらずバタバタと過ごしているうちに大晦日になっちゃいました(~_~;)
少し前にやっと11月の福岡ツアーの事をアップし終えたって感じなので、12月の出来事はどうするか・・・
と思いながら、この事だけは今年中に書いておこうと・・・

12月9日の日曜日。
前日からグングンと気温が下がり始め、京都でもこの冬初めての氷点下だったように思います。
朝食を食べたり、朝シャワーを浴びたりしながら仕度をし、午前6時過ぎに家を出て京都駅へと向かいました。
京都駅から近鉄電車に乗ろうとホームへ行くと、ラン友のAちゃんが待っていてくれました。Aちゃんは出場しませんが、私を含めた数名のラン友の応援に行くとの事でした。
Aちゃんと一緒に急行電車に乗り、高の原駅からバスで競技場へと向かいました。結局、スタートの時まで一緒に居てくれましたが、本当に心強く有難かったです。

奈良はどうやら未明から雪が降ったらしく、スタート地点の奈良鴻ノ池陸上競技場もうっすらと雪化粧をしていました。
n01.jpg

午前9時にスタート。気温は6℃との事で、3月の京都マラソンの時とほぼ変わらず寒い。
スタートブロックは(S)A~HブロックまであるうちのDブロックだったので、ちょうど真ん中あたりからのスタートでした。
ゲストの有森裕子さんのハイテンションな雄叫びに送られながら、先頭から3分39秒遅れてスタートラインを跨ぎ、混雑するなかをゆっくりと走り始めました。
集団に合わせて極力ペースを抑えながら、平坦な二条大路を西へと走り、あっという間に5kmで折り返し。
5km通過ラップ 27分06秒。5分25秒/1kmペース。

その後も沿道の大勢の応援にハイタッチをしながら都市マラソンの雰囲気を楽しみ、県庁前あたりで奈良在住の大学ラグビー時代の同期のマネージャー親子から声が掛り・・・。
地元じゃないレースでは知合いも居ないので、こうした応援は嬉しいですね。(もちろん、沿道のみなさんにいっぱい応援していただけますが)
そして奈良公園に入り、軽い上りを走り大仏前を右折すると10km。
10km通過ラップ 25分35秒。5分07秒/1kmペース。

沿道からは、たくさんのお年寄りや子供たちを始め、途切れる事の無い応援の中を天理街道を南下します。
体や脚はまだまだ順調で、思い通りの走りで進めているように感じます。
n02.jpg
n03.jpg
15km通過ラップ 24分16秒。4分51秒/1kmペース。

天理街道から左折をしてすぐの第3関門付近で、またまた有森裕子さんのハイテンションなハイタッチに元気をもらいます。
ただ、ここからが奈良マラソン試練の始まり。
だらだらと上り坂が続き始め、約3kmで65mほど登ります。特に高樋町を曲がってから白川大橋、白川ダムへと続く上り坂が難関です。
途中、名物になってるらしい「今の葉狂志郎」さんの応援にパワーをもらって頑張ります。
なんとか登り切った白川大橋あたりで20km。
20km通過ラップ 25分59秒。5分12秒/1kmペース。

中間点も過ぎ、坂を下ったら天理市内に入り、市街地の天理教本部をぐるっと回って天理市役所前折返し地点へ。
この天理市街も微妙に上って下ってるので、結構脚にきます。
この折返し地点手前で、朝一緒に来てくれたラン友のAちゃんが応援してくれていました。
「●●頑張って~」「あかん・・・ここメチャキツイわ」なんて言葉を交わしながらハイタッチで元気をくれました。
25km通過ラップ 24分33秒。4分55秒/1kmペース。

n04.jpg
信者詰所など天理教独特の建物が立ち並び、ちょっと異国かなと思うような景色の中を走ります。
そして、来た道を逆に、またまた激しい上り坂を登ります。またしても約3kmで約60mあまり上ります。
さすがにここに来てのこの厳しい勾配には閉口しました。
青息吐息でなんとか登る途中で30km。
30km通過ラップ 26分19秒。5分16秒/1kmペース。

20km・30km地点でポーチに入れたまっず~いエネルギー補給ジェルを入れて頑張ります。
白川ダム付近のサミットからの下り坂も、この距離になると足腰に厳しく響いてきます。転ばないようにブレーキを掛けながら下ると、脚がパンパンになってきて、足底が激しく痛くなってきます。
n05.jpg
コースは途中から往路から離れて、山の辺の道に並走する県道を走ります。
35km通過ラップ 26分35秒。5分19秒/1kmペース。

この県道に入ってからも、細かいアップダウンが続き、もう何度もこころが折られます・・・
脚もすでにパンパンで、一歩一歩の度に足底がガンガン痛みます。さすがにアップダウンでエネルギーも消費しているようで、ふくらはぎも攣りそうです。
n06.jpg
この辺りからは、距離表示が通算距離と残り距離のダブルになるのですが、ここからの僅か一ケタの距離がぜんぜん進まない・・・
「もうダメだ~ 歩いてもいいか・・・」「もうタイムなんてどうでもいいや」「ちょっと止まって脚をストレッチしようか」・・・
なんて事ばかりが頭の中をグルグル回りだし、頑張ろう!という自分と葛藤します。
そして何度も目前に現れる上り坂に“頑張らなきゃ”というこころを折られます。
でも、さすがに途中2ヶ所の給水所では歩きながらスポーツドリンクを飲みましたが、なんとか走り続けました・・・
が、38km付近で一度だけ「あかん・・・もうあかん」と止まってしまいました。
ガードレールにつかまり、脚を屈伸。ギューンとふくらはぎが攣りそうになり、今度はふくらはぎを伸ばします。

「もうあとちょっとやん。頑張らな。」きっとゴールで待っていてくれるAちゃんの事も思い出し、なんとかリスタート。
フラフラでもう沿道の応援にも応える余裕もありません。
奈良公園まで戻り、応援の人がいっぱいの県庁横を抜けるとやっと40km。
40km通過ラップ 27分29秒。5分30秒/1kmペース。

大仏殿を背にゴールへと急ぎますが、ぜんぜん次の距離表示が近付かない・・・
n07.jpg
法蓮佐保橋の最後のコーナーを右折すると、ゴールへの最後のロード。
最後の力を振り絞って格好良くラストスパートを・・・と行きたい所ですが、最後も約1kmあまりで20m上る坂が続きます。
「ここに来て・・・なんで最後にこの坂やねん」と半泣きで上り始めると、Aちゃんが「●●頑張って~!私も一緒に走るし!!」としばらく並走してくれました。これには嬉しくて本当に泣きそうになりました。
坂の途中で、10kmマラソンに参加していたもう一人のラン友のAYYも応援してくれていて、なんとか坂を上りきって競技場に入りゴール。
最終ラップ 12分16秒。5分35秒/1km。
n08.jpg

本当に厳しい過酷なレースでした。きっと、コースマップに記載されているコース高低図よりも、もっと細かいアップダウンがたくさんあったように思います。
そのアップダウンの度に何度もこころを折られました。
京都マラソンの時に、「京都はアップダウンが厳しいから」と色んなメディアや人に言われてましたが、いやいや・・・この奈良の方がはるかに過酷でしたわ。
京都の時は「また走りたいな」と思いましたが、この奈良は「来年はもうご馳走様やわ」て感じです。
(ゴール後、しばらく両足ふくらはぎの前と後が攣って立てませんでした(>_<) )
n09.jpg
でも、記録としては3時間40分08秒(グロス3時間43分47秒)と、京都の記録を約10分短縮出来ました。
n10.jpg

帰りはAちゃんと10km完走のAYYと3人で京都へと戻り、もう一人ラン友のMりゃんを呼んで打ち上げ。
ご褒美ビールをたくさんいただきました。

今回も、とっても寒い中でも沿道で応援して下さった大勢の皆さん、メチャクチャ寒そうな所でもずっと立ち続けてサポートしてくれていたボランティアの皆さん、ボランティア始め大会関係者の皆さん、そして一日付き合ってくれて元気とパワーをくれたラン友のみんな。
本当にたくさんの方々のお陰で、マラソンを走る事が出来ました。心から感謝です。
nice!(19)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。