So-net無料ブログ作成
検索選択

京都マラソン2013 [ラン♪]

先日少しアップしましたが、フォトサービスの写真も来ましたので、今回もちょこっと綴っておこうと思います。

3月10日(日)に開催されました第二回となる京都マラソン2013。
昨年に引き続いて、運よく今年も走る事が出来ました。
都市マラソンと言えば、東京5回、大阪2回、神戸2回と抽選に外れ続けている中、この京都だけはご縁があるのか2連勝。11打数2安打と1割台のアベレージながら、また地元枠は厳しいと言われている中で、この京都の2連勝はご縁があるとしか言いようがありません。

フルマラソンはこれが3回目となるので、前日や当日の過ごし方もだいぶん慣れてきました。
昨年無事に完走できたので、その時を思い出しながら、前夜は天麩羅とお餅入りの煮込みうどんを食べ、早めに就寝し、4時半に起床。シャワーを浴び、おにぎりと玉子焼の朝食を摂り、ストレッチ。そして7時前に自宅を出て・・・と1年前をなぞるようにスタート地点の西京極運動公園へと向かいました。

西京極では、学校の後輩の走るジャズヴォーカリスト・千絵ちゃんと、千絵ちゃんの同級生と3人で記念撮影をしエールの交換。昨年はまったく独りでスタートを待ちましたが、今年はなんとなく心強かったです。

今年は昨年のタイムで申告したので、スタート位置もずい分前方になりCブロック(昨年はFブロック)からのスタート。
8時15分から京都市長はじめ役員の方々、応援大使のご挨拶や紹介などのスタートセレモニーが行われ、今年も東日本大震災犠牲者への黙とう。
胸に手をあて祈りを捧げると、気持ちもグッと引き締まり、こころがどんどん熱くなってきました。

そして8時30分。号砲とともにランナー全員の拍手のなか、少しずつ動き出しました。
先頭から1分42秒差でスタートラインを越えました。
大勢の人々に見送られ競技場を後にし、沿道のみなさんとハイタッチしながら五条通り、葛野大路通り、四条通りと進み、あっという間に桂川の罧原堤の5km地点。
5km通過ラップ 26分11秒。 5分14秒/1kmペース。

この辺りで、「あれ?」と思い始め・・・
なんだか身体が重い?昨年よりなんだかしんどい?
汗もずいぶん掻いています。昨年は、まだこの辺りではほとんど汗は感じ無かったのに・・・
思えば、昨年はスタート時気温6.5℃だったのが、今年は14.5℃。この前の寝屋川を走った時は5℃くらいだったから、1週間で10℃も上がってるので、この暖かさ(暑さ)に対応できてなかったんだと思います。
そんなことを思いながら、嵐山高架橋を越え、大覚寺門前から広沢池を過ぎ、昨年ランナーストップで6分止まった所も過ぎ、きぬかけへと続くアップダウンへの上り坂で10km通過。
10km通過ラップ 24分57秒。 4分59秒/1kmペース。

k01.jpg
宇多野病院前~福王子交差点のアップダウン、そしてたくさんのお坊さんの応援で有名な仁和寺を過ぎると、龍安寺から立命館大学前のきぬかけの道のダラダラと続く上り坂。
前半の難所ですが、ここは私の仕事の組合の皆さんがボランティアを担当しているエリア。皆さんから「頑張って!」と励まされ、とっても元気をもらって通過。
そして坂を下った後、平野神社前から西大路通りを北上。
この辺りでこの日最高気温の16.2℃を記録していたようですが、北から吹き付ける強い向かい風に悩まさせられます。普段はそんなに気にならない京都特有の北へ向かっての上りが、風のせいでとってもツライ・・・
西大路から北大路通りになってしばらく行った所で15km。
15km通過ラップ 24分50秒。 4分58秒/1kmペース。
k02.jpg

k03.jpg
母が応援する今宮神社前を通過し、船岡東通りを北上するあたりになると、なんとなく背中から腰に違和感を感じ出しました。
それを誤魔化しながら走ってると、空からポツリポツリと来だし、御園橋通りに入った頃になると本降りに。
そんな中でも、絶え間なく続く沿道の応援にパワーをもらい、賀茂川沿いを西賀茂橋折返しで走り、上賀茂神社前の御園橋を渡って加茂街道を走った所で20km地点。
20km通過ラップ 25分04秒。 5分01秒/1kmペース。
k04.jpg
k05.jpg

びしょ濡れになりながら中間点を越え、北山通りを東進。雨は小降りになり、中盤の難所であるキツネ坂を上る頃には上がりました。12月に走った奈良マラソンよりはマシですが、なかなか厳しい上り坂を必死で上りきると岩倉に入り、国際会議場前で折り返し。昨年は会議場のエントランスまで入れましたが、今年は道路内での折返し。そして、生八つ橋が配られてるエイドを過ぎ(モサモサしそうで私は食べませんでしたが・・)、先程とは逆にブレーキを掛けながらキツネ坂の急坂を下る途中で25km。
25km通過ラップ 25分44秒。 5分09秒/1kmペース。
k06.jpg

ブレーキを掛けながらの下りが良く無かったか、腰の痛みが左ヒザからふくらはぎに下りてきました。でも、坂を折りきった所でも同級生のラン友が応援してくれていて、パワーを注入できました。
北山通りの折返し、下鴨中通りの折返しも過ぎると30km。
30km通過ラップ 25分35秒。 5分07秒/1kmペース。

「やっぱり去年よりもキツイな・・・」と実感しながら、エネルギーゼリーを流し込み、賀茂川の河川敷を下ります。
30kmを過ぎて、舗装路よりも反発の少ない土路面の河川敷コースはなかなか厳しいです。
やはり今年もこの辺りから「ちょっと給水で休もうか・・・」「もう歩いても・・・」とチキンなこころが顔を出し始め、「頑張らなきゃ」という気持ちと葛藤します。
なんとか走り続け、丸太町橋の手前で35km通過。
35km通過ラップ 25分54秒。 5分11秒/1kmペース。
k07.jpg

丸太町橋からまた舗装路に戻り、川端通りを東一条通りまで北上。ここでは激しい強風に行く手を阻まれました。しかも気温がどんどん下がってきています。
もう脚も腰もパンパンです。一歩一歩に痛みがともないます。「もうフルは走りたくないよ~」と何度も何度も思いながら、最後の難所である今出川通りの銀閣寺へ向けての上り坂も越え、折れそうなこころを抱えてフラフラになりながら京大前の東大路通りを下ります。
残り3k、2kと僅かな距離なのに、ぜんぜん距離表示が減りません。毎度のことながら、残り距離のカウントダウンの減らないこと減らないこと・・・
40km通過ラップ 27分05秒。 5分25秒/1kmペース。
k08.jpg

熊野神社前を曲がり、丸太町通りから更に岡崎道を曲がるとほんとうに残り僅か。昨年とは最後のコースが変更されていて、最後にも折返しがあり、そして平安神宮前を左折すると・・・
k09.jpg
やっと見えました!ゴールが!!
この瞬間の何とも言えない気持ちは、なかなか言葉に表現できません。
そしてゴールラインが見え・・・色んな思いが込み上げ、そして無意識に両手を上げちゃいました。
k10.jpg
そしてゴール!
最終ラップ 11分02秒。 5分02秒/1kmペース。

k11.jpg
42.195km  3時間36分22秒(グロス3時間38分04秒)
昨年の記録からは14分短縮出来ました。でも、6分ランナーストップがあったので、実質8分短縮がこの1年間の成果でしょうか。

ゴールする頃には気温も7℃台になっており、途中から10℃も下がりました。雨にも降られ、風にも阻まれ、本当にタフなレースとなりましたが、やはりゴールした時には最高の達成感と充実感が得られました。
この達成感を味わっちゃうと、また次も走ろうと思ってしまうんですよね。

そしてこのマラソンでも、沿道からの絶え間ない応援や、ボランティアの皆さんの温かい応援、そして家族や友人からの応援にも支えられて頑張る事が出来ました。
また、暑い夏や寒い冬の日にも、励まし合うラン友が居てくれたからこそ、自己記録更新も出来たのだと思います。
いつもながら、今回も本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
k12.jpg
nice!(17)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3月のラン・ラン・ラン [ラン♪]

ブログの更新が滞ってしまったので、まとめ記載で・・・(ーー;)
少しずつでもちゃんとアップしたら良かったな~(反省)

まずは3月のランの事から・・・
10日の京都マラソンについては、また別に綴ります。

昨年12月の奈良マラソンを終えてから、今シーズンの集大成の京都マラソンへ向けて、1月・2月と月間140~150kmを走り込み(走り込みと言っても僅かこれくらいですが(^_^;) )、3月に入ってからは調整と云う事で、1日に11.5kmを走り、最終週は月水金と各6kmあまりを走って当日を迎えました。

ちょうど一週間前の3月3日の日曜は、これも調整を兼ねて「第1回寝屋川ハーフマラソン」のクゥオーター(10.548km)の部に参加しました。
同級生のラン友グループ4人のうちの2人が、ハーフとクゥオーターを走ると言う事だったので、名古屋ウィメンズに出るAちゃんを誘って、エントリーしました。
0303-02.jpg
当日は気温3℃(だっけ?)くらいとまだまだ冷え込みましたが、走る分には問題なく、基本Aちゃんのペースに合わせ、上り坂部分と最後の2kだけはしっかりと走って、京都対策のいい調整が出来ました。(完走証のタイムはAちゃんとまったく同タイム!)
0303-01.jpg
走り終わってからは、ハーフを走ったMりゃんのゴールを待ち、場所を京都三条に移して打ち上げ。
スパニッシュでビールとワインを飲みながら、「寝屋川マラソン打ち上げ」と「リレーマラソン作戦会議」。そして私のバースデーを祝ってもらいました。
「こんな誕生日も、今の私には一番相応しいな~」と思いながら、さらにもう一軒ハシゴして楽しかった一日を終えました。

京都マラソン後、最初に走り始めたのは翌週日曜の17日。
ちょっと足腰を痛めて違和感があったのと、すっかり放電してしまったマインドのせいで、まったく走らずに過ごした1週間でしたが、そろそろと再開。
20日のリレーマラソンに向けて、いつもの同級生ラン友4人に一人プラスして5人で宝ヶ池の周りを走りました。
足腰の調子を確かめながら、ゆっくりと試運転。
走った後は、近くのマクドで朝マックしながら最後の作戦会議♪

そして迎えた20日(祝)は、「2013大阪城リレーマラソン」。
いつもの4人と、Facebookやメールなどで募った4人の同級生8人のチーム編成。1周2kmのコースを21周(42.195km)するのですが、一人1周以上走れば何度交代しても構いません。
制限時間は4時間となかなか厳しいので、当初はちゃんと完走できるのかみんな不安で・・・
というのも、8人のうちの4人は、ここ最近はほとんど走る事なんかしていないメンバーで、中には100kを越える巨体の持ち主もいたりで、それぞれの申告タイムを合わせると、とっても4時間では足りませんでしたので・・・

なんとか完走できるようにと考えた作戦は、1周を全力疾走して、次の1周を休む。そして、体が冷えないうちに次の1周を走る。これを、それぞれの受け持ちの周回数だけ繰り返すと言うもの。
みんな、「自分が足を引っ張って完走出来なかったら・・・」という思いで、緊張感の漂うなかスタートしました。
0320-01.jpg
でも、当日までにそれぞれが少しずつでも練習はして来たようで、走り出してみると、それぞれゼイゼイハァハァと息を切らせて大汗をかいて戻って来ますが、タイムは目標ノルマ以上。みんなとっても頑張ってます。
私の受け持ちは、15・17・19周目とアンカーの21周目でしたが、そこまでに十数分リードでタスキを受け継ぎました。
走るまでは、「まぁ貯金も出来てるし、軽く流してくるかな」と思ったりしてましたが、ここまで6人が繋ぎ、さらに私ともう一人で繋ぐタスキには、みんなの汗が染みこみズッシリと重くなってて、その重みを感じたらテンションMAXに。
1周目は「行けるとこまで行ったろ・・・」と突っ込んで走ったら、僅か1㎞通過時点で息が上がって・・・。なんとかタスキを繋ぎ、で、1周開けて2周目を走ってると、久々に脇腹が痛くなりました。
普段のマラソンペースよりも1分/kmくらい早いペースでしたので・・・
3周目はマイペースを心がけ、最終周はラストスパート。
結果、3時間29分28秒でゴール。大きく目標をクリアし、8人でサブ3.5達成しました。
0320-02.jpg
終了後は京橋にて打ち上げ。
みんなで格別に美味しいお酒をいただきました。
0320-03.jpg
まさかこの歳になって、同級生たちとこんな形で楽しいときを過ごすなんて、ちょっと前には誰も想像できなかった事でした。
みんなそれぞれに充実し、楽しく満足できたようで、「また来年も出よな~」と。
一人で42kと戦うフルも良いですが、こうした仲間と分かち合う42kも、これまた最高ですね。

その後も、ポチポチと次の秋を目指して、少しずつ走り始めています。
0324-01.jpg
nice!(25)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年も京都M完走しました。 [ラン♪]

またまたずいぶんのご無沙汰となってしまいました。
この時期になって3月初のアップとは・・・^^;

相変わらず、バタバタと仕事し、飲んで、走って。
備忘録的にはFacebookには、チャチャっと簡単にはアップしてるのですが、ちゃんとここにもアップしたいと思いながら・・・

今年も、昨年に引き続き「京都マラソン」も走りました。
当日は不安定なお天気で、急激な気温低下や降雨、強風など、とってもタフなレースとなりましたが、自己記録更新の3時間36分22(昨年は3時間50分49)で完走することが出来ました。

京都マラソンについては、またあらためてきちんとアップしたいと思います。
0310-01.jpg
0310-02.jpg

夜に、名古屋ウィメンズマラソンを走ったラン友と合流して打ち上げをしました。
その際にお互いの完走メダルを。
0310-03.jpg
京都は昨年と同じデザインで年号だけが違いました。名古屋はなんとティファニーネックレス
ティファニーのショップに持って行くと、僅かな実費でゼッケン番号と完走タイムを刻印してくれるんだそうです。
その他、参加賞のTシャツやプログラムやグッズを見せてもらいましたが、女性向きと云う事もあってかお洒落で垢抜けてました。
nice!(21)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

奈良マラソン2012 [ラン♪]

相変わらずバタバタと過ごしているうちに大晦日になっちゃいました(~_~;)
少し前にやっと11月の福岡ツアーの事をアップし終えたって感じなので、12月の出来事はどうするか・・・
と思いながら、この事だけは今年中に書いておこうと・・・

12月9日の日曜日。
前日からグングンと気温が下がり始め、京都でもこの冬初めての氷点下だったように思います。
朝食を食べたり、朝シャワーを浴びたりしながら仕度をし、午前6時過ぎに家を出て京都駅へと向かいました。
京都駅から近鉄電車に乗ろうとホームへ行くと、ラン友のAちゃんが待っていてくれました。Aちゃんは出場しませんが、私を含めた数名のラン友の応援に行くとの事でした。
Aちゃんと一緒に急行電車に乗り、高の原駅からバスで競技場へと向かいました。結局、スタートの時まで一緒に居てくれましたが、本当に心強く有難かったです。

奈良はどうやら未明から雪が降ったらしく、スタート地点の奈良鴻ノ池陸上競技場もうっすらと雪化粧をしていました。
n01.jpg

午前9時にスタート。気温は6℃との事で、3月の京都マラソンの時とほぼ変わらず寒い。
スタートブロックは(S)A~HブロックまであるうちのDブロックだったので、ちょうど真ん中あたりからのスタートでした。
ゲストの有森裕子さんのハイテンションな雄叫びに送られながら、先頭から3分39秒遅れてスタートラインを跨ぎ、混雑するなかをゆっくりと走り始めました。
集団に合わせて極力ペースを抑えながら、平坦な二条大路を西へと走り、あっという間に5kmで折り返し。
5km通過ラップ 27分06秒。5分25秒/1kmペース。

その後も沿道の大勢の応援にハイタッチをしながら都市マラソンの雰囲気を楽しみ、県庁前あたりで奈良在住の大学ラグビー時代の同期のマネージャー親子から声が掛り・・・。
地元じゃないレースでは知合いも居ないので、こうした応援は嬉しいですね。(もちろん、沿道のみなさんにいっぱい応援していただけますが)
そして奈良公園に入り、軽い上りを走り大仏前を右折すると10km。
10km通過ラップ 25分35秒。5分07秒/1kmペース。

沿道からは、たくさんのお年寄りや子供たちを始め、途切れる事の無い応援の中を天理街道を南下します。
体や脚はまだまだ順調で、思い通りの走りで進めているように感じます。
n02.jpg
n03.jpg
15km通過ラップ 24分16秒。4分51秒/1kmペース。

天理街道から左折をしてすぐの第3関門付近で、またまた有森裕子さんのハイテンションなハイタッチに元気をもらいます。
ただ、ここからが奈良マラソン試練の始まり。
だらだらと上り坂が続き始め、約3kmで65mほど登ります。特に高樋町を曲がってから白川大橋、白川ダムへと続く上り坂が難関です。
途中、名物になってるらしい「今の葉狂志郎」さんの応援にパワーをもらって頑張ります。
なんとか登り切った白川大橋あたりで20km。
20km通過ラップ 25分59秒。5分12秒/1kmペース。

中間点も過ぎ、坂を下ったら天理市内に入り、市街地の天理教本部をぐるっと回って天理市役所前折返し地点へ。
この天理市街も微妙に上って下ってるので、結構脚にきます。
この折返し地点手前で、朝一緒に来てくれたラン友のAちゃんが応援してくれていました。
「●●頑張って~」「あかん・・・ここメチャキツイわ」なんて言葉を交わしながらハイタッチで元気をくれました。
25km通過ラップ 24分33秒。4分55秒/1kmペース。

n04.jpg
信者詰所など天理教独特の建物が立ち並び、ちょっと異国かなと思うような景色の中を走ります。
そして、来た道を逆に、またまた激しい上り坂を登ります。またしても約3kmで約60mあまり上ります。
さすがにここに来てのこの厳しい勾配には閉口しました。
青息吐息でなんとか登る途中で30km。
30km通過ラップ 26分19秒。5分16秒/1kmペース。

20km・30km地点でポーチに入れたまっず~いエネルギー補給ジェルを入れて頑張ります。
白川ダム付近のサミットからの下り坂も、この距離になると足腰に厳しく響いてきます。転ばないようにブレーキを掛けながら下ると、脚がパンパンになってきて、足底が激しく痛くなってきます。
n05.jpg
コースは途中から往路から離れて、山の辺の道に並走する県道を走ります。
35km通過ラップ 26分35秒。5分19秒/1kmペース。

この県道に入ってからも、細かいアップダウンが続き、もう何度もこころが折られます・・・
脚もすでにパンパンで、一歩一歩の度に足底がガンガン痛みます。さすがにアップダウンでエネルギーも消費しているようで、ふくらはぎも攣りそうです。
n06.jpg
この辺りからは、距離表示が通算距離と残り距離のダブルになるのですが、ここからの僅か一ケタの距離がぜんぜん進まない・・・
「もうダメだ~ 歩いてもいいか・・・」「もうタイムなんてどうでもいいや」「ちょっと止まって脚をストレッチしようか」・・・
なんて事ばかりが頭の中をグルグル回りだし、頑張ろう!という自分と葛藤します。
そして何度も目前に現れる上り坂に“頑張らなきゃ”というこころを折られます。
でも、さすがに途中2ヶ所の給水所では歩きながらスポーツドリンクを飲みましたが、なんとか走り続けました・・・
が、38km付近で一度だけ「あかん・・・もうあかん」と止まってしまいました。
ガードレールにつかまり、脚を屈伸。ギューンとふくらはぎが攣りそうになり、今度はふくらはぎを伸ばします。

「もうあとちょっとやん。頑張らな。」きっとゴールで待っていてくれるAちゃんの事も思い出し、なんとかリスタート。
フラフラでもう沿道の応援にも応える余裕もありません。
奈良公園まで戻り、応援の人がいっぱいの県庁横を抜けるとやっと40km。
40km通過ラップ 27分29秒。5分30秒/1kmペース。

大仏殿を背にゴールへと急ぎますが、ぜんぜん次の距離表示が近付かない・・・
n07.jpg
法蓮佐保橋の最後のコーナーを右折すると、ゴールへの最後のロード。
最後の力を振り絞って格好良くラストスパートを・・・と行きたい所ですが、最後も約1kmあまりで20m上る坂が続きます。
「ここに来て・・・なんで最後にこの坂やねん」と半泣きで上り始めると、Aちゃんが「●●頑張って~!私も一緒に走るし!!」としばらく並走してくれました。これには嬉しくて本当に泣きそうになりました。
坂の途中で、10kmマラソンに参加していたもう一人のラン友のAYYも応援してくれていて、なんとか坂を上りきって競技場に入りゴール。
最終ラップ 12分16秒。5分35秒/1km。
n08.jpg

本当に厳しい過酷なレースでした。きっと、コースマップに記載されているコース高低図よりも、もっと細かいアップダウンがたくさんあったように思います。
そのアップダウンの度に何度もこころを折られました。
京都マラソンの時に、「京都はアップダウンが厳しいから」と色んなメディアや人に言われてましたが、いやいや・・・この奈良の方がはるかに過酷でしたわ。
京都の時は「また走りたいな」と思いましたが、この奈良は「来年はもうご馳走様やわ」て感じです。
(ゴール後、しばらく両足ふくらはぎの前と後が攣って立てませんでした(>_<) )
n09.jpg
でも、記録としては3時間40分08秒(グロス3時間43分47秒)と、京都の記録を約10分短縮出来ました。
n10.jpg

帰りはAちゃんと10km完走のAYYと3人で京都へと戻り、もう一人ラン友のMりゃんを呼んで打ち上げ。
ご褒美ビールをたくさんいただきました。

今回も、とっても寒い中でも沿道で応援して下さった大勢の皆さん、メチャクチャ寒そうな所でもずっと立ち続けてサポートしてくれていたボランティアの皆さん、ボランティア始め大会関係者の皆さん、そして一日付き合ってくれて元気とパワーをくれたラン友のみんな。
本当にたくさんの方々のお陰で、マラソンを走る事が出来ました。心から感謝です。
nice!(19)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

淀川マラソンで [ラン♪]

この前の日曜に行われた大学ラグビー関西Aリーグ第5節。
ここまで1勝3敗と思うような結果を出せておらず、この一戦に敗れてしまうと大学選手権出場はおろか、入替戦行きも見えてしまうような土壇場となった同志社大学。
大阪体育大との試合結果は、前半15-19とリードを許し、後半も殆どの時間を大阪体育大にリードを許す苦しい展開ながら、終了間際の36分にトライを奪い、そのゴールで逆転し、34-33と1点差でなんとか勝利をものにしたようです。
私は事情があり、ここ10シーズンで2008年シーズン最終戦以来2回目の欠席でしたが、みんなヒヤヒヤだったでしょうね。

これで2勝3敗としました。残すは今季好調で、優勝争いを繰り広げている立命館大と、昨年覇者の天理大との2戦です。
リーグの流れを読むと、万一更に2敗でも、大きな番狂わせが無い限り入替戦は回避できそうな感じです。
なので、思い切って自分たちの力を出し切り、チャレンジャー精神で2戦に臨んで、なんとか勝利をもぎ取り、そして大学選手権への出場切符を掴んでほしいものです。


で、ラグビーへは行けなかった理由ですが・・・(前回は他界した父の親族葬でした)

同級生仲間と「第16回 大阪・淀川市民マラソン」へ行って来ました。

月1ペースで一緒に走ってる美人ランナーはフルを走り、私ともう一人はハーフ。そして、小学生時代の塾から顔は知っていながら、中学・高校と同じクラスになった事がなく、一度も喋った事が無かったもう一人の美人ランナー(本人は競歩って言ってます(^.^) )は10kmに挑戦。
このもう一人の美人ランナーさんは、先月に淀川マラソンサミットと称して4人で集まって飲んだ時に初めて喋りました。30年以上の時を経て、やっと学校以外の共通項が見つかった訳で・・・

当日はお天気もとっても良くて、走るにはちょっと暑いくらいでした。
ハーフのもう一人と、10kmの美人さんは初めての大会レースでしたが、それぞれちゃんと完走でき、フルの美人ランナーも自己記録を更新してサブ5を達成と、それぞれに満足できる内容だったようです。

私も、5年前の京都シティハーフで出した自己記録を6分更新して1時間39分でゴールでき、記録的にはとっても満足できる内容だったのですが・・・

スタート位置はBブロック。ちなみにこのスタート位置は、エントリー時の自己申告タイム順にブロック分けされており、今回はA~Gの8ブロックありました。Aブロックは僅かの人数しかいませんでしたので、どこかのチームに所属しているようなセミプロのようなランナー中心なんだと思います。
私は自己記録で登録したのですが、Bブロックと思わぬ前方スタート。そんなグループの中で走り出すと、予定のペースよりもかなりハイペースで・・・でも、どんどん抜かれるのも悔しいので、一生懸命ついて行きました。予定ではキロ5分ペースと思っていたのが、4分30~40秒台で進みます。

淀川河川敷の単調な景色が続き、都市マラソンのような絶え間ない応援も無く、路面も砂利道があったり芝草があったりと、脚にも精神的にも厳しいレースでした。
13キロを過ぎたあたりから、調子の悪い左ふくらはぎに攣りそうな感覚があり、それも気にしながらの辛いレースで、15キロくらいから「もう歩こうか・・・ちょっと停まって脚を伸ばして・・・ペースを落として・・・」なんてチキンなこころがグルグル頭の中を巡りだして・・・

5年前やこの前のフルではラストスパートをかけてと頑張れましたが、今回はまったくそんな力も無く、フラフラでゴールラインに辿り着きました。

でも、ゴール直前でQちゃんがハイタッチで出迎えてくれて、それで一気に気持ちが浮かび上がりました。
初めて生でQちゃんを見ましたが、とってもかわいくてチャーミングでした。
1104-01.jpg
1104-02.jpg

次のマラソンは約1カ月後の奈良マラソンで、今度はフルです。
アップダウンの厳しい奈良のコースで、しかも今回の倍の距離を走らないといけないのに、「こんなんで大丈夫か~?」と不安になった1日でもありました。

ゴール後は、フルの終わるのを待って、駅のお好み焼き屋さんでご褒美のビールで乾杯し、楽しく反省会をしながら電車に揺られ京都に戻りました。

私のラン史上最悪にしんどく辛い走りでしたが、充実した楽しい一日でした。
1104-03.jpg
nice!(28)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

GPS時計 [ラン♪]

ロンドンオリンピックもあと数時間で閉幕となりました。
期待通りの活躍をした選手、残念ながら実力を出せなかった選手、大会前にはあまり名前を聞かなかったのに活躍した選手・・・
この約2週間。日本人選手の登場する競技・試合を中心に、毎晩毎晩ずいぶん楽しませてもらいました。
おかげで、御多分に洩れず私も寝不足続きで・・・

ただ、うたた寝しながら要所要所だけ中継を見て、そのまま・・・という感じで早朝ジョグにも何度か行けましたが・・・

そのジョギングですが、先月に新しくGPS腕時計を購入し、ちょっとスタイルが変わってきました。
0812-01.jpg
それまでは、スポーツクラブへ行ってトレッドミル上を走る事が多かったのですが、GPSを入手してからは断然、外を走る機会が増えました。
トレミで走る理由としては、天候や気温に左右されず、走行距離や時間、ペースがはっきりするという事がありましたが、景色が変わらず退屈で、風が無いのでオールシーズン汗びっしょりになるなど、難点もあります。

で、GPS時計があると、さすがにお天気や気温はコントロールできませんが、走行距離や時間やペースを記録することができ、さらに街や山、川などの景色を楽しみ、自然の風を感じながら走る事ができるようになりました。

まぁ、いつぞやのように暑さや湿度、お日様の直射や道の勾配などに抗しきれず・・・て事もありましたが^^;

・走った後にGPS時計をパソコンに接続すると、地図上に走った経路と距離が表示されます。
0812-02.jpg
・ほとんど車や人通りのない早朝の街を
0812-09.jpg
・早朝の鴨川(賀茂川)べりはとっても爽やか
0812-08.jpg
京都の街の真ん中でも、こんな所が・・・
0812-03.jpg
0812-07.jpg
0812-06.jpg
御所(京都御苑)内ですが、早朝は人も少なく、気の向くままに走ります。木々の林の中を抜けたり、芝草の広場を横切ったり。距離と時間、ペースはGPS時計がしっかりと記録してくれてるので助かります。
・御所での究極の給水ポイントは、有名な梨木神社の井戸水。
0812-04.jpg
0812-05.jpg
自宅用にだけでなく、喫茶店などの飲食店の方もポリ容器に水を汲みに来られます。この水でご飯を炊くというお店もあったと思います。

今はちょっと脚の調子が悪いので、あまり走れませんが、涼しくなる頃にはまた遠くまで行ってみたいと思います。
nice!(28)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

蒸し暑さには敵いません(~_~;) [ラン♪]

ここのところ、事務所の合併に向けての新事務所改装工事のことや、新会社自体のことなどを、通常業務の合間を見ながらこなしているので・・・
と、またまたブログ更新サボりの理由を冒頭に・・・^^;

まぁ、確かにバタバタしていますが、走ったり、音楽を聴いたり、そして夜な夜なオリンピックを見てたりと、相変わらずな毎日も送っています。

もう1週間前になっちゃいますが、先週土曜日も朝からロングジョギングに出掛けました。
朝5時に家を出て、始発電車に乗って・・・という計画だったのですが、しっかりと寝坊をしてしまい、結局は6時半のスタートに。
連日35℃を超える暑い日が続いていましたが、「まぁ、まだこの時間なら大丈夫やろ」と高を括って走り出しましたが・・・

まずは、自宅から西北へ向かって走り出し、北野天満宮を通過。
0728-01.jpg
そのまま北へ西へと走り、桜がきれいな平野神社の前を通過し、金閣寺前へ。
0728-02.jpg
そして、立命館大のある衣笠から「きぬかけの路」のアップダウンをクリアし仁和寺前へ。
0728-03.jpg
さらに西進し、福王寺から高雄方面へと走り、途中の北部クリーンセンター前を左折し坂を下り、時代劇などでもよく登場する広沢池を右に見ながら西へ。
0728-04.jpg
大覚寺前から嵯峨釈迦堂前に到達する頃には気温も30℃を超えました。
0728-05.jpg
ここまででおよそ11キロ。かなりアップダウンもクリアしてきました。さらに、暑くて、スタート前から汗が流れましたが、もう汗だくでバテバテです。給水のペットボトルも既に1本を消費しちゃいました。

嵯峨釈迦堂前からは、嵯峨嵐山のメインストリート?を南進して天龍寺前を左折。
0728-06.jpg
ここからはひたすらに東へ東へと走りますが、これが最悪でした。

かなり湿度も高く、気温も30℃を超える中、視界にはまったく日陰の見えないギラギラと照り返す道しかありません。ちょうど太陽がほぼ真正面にあり、行けども行けども日差しが容赦なく照り付けます。
ここまで4キロ進むだけで、ペットボトルが更に1本空きました。
なんとか走り続けるものの、頭に浮かぶのは「どこか川なかったかな?」「どこかの神社に被れるような水は無かったかな?」とそんな事ばかり・・・
花園の妙心寺の前を通過し、しばらく進んだ西大路通りの交差点にて「もうこれ以上走ったら倒れるかも知れん・・・」と危険を感じリタイア。
結局、約17キロでダウンしちゃいました。

脚の肉離れなど故障でリタイアしたことはありましたが、こんな形での精神的な部分でのリタイアは初めてかも知れません。
ラグビーをやってた頃なんかは、こんな真夏でも練習したり試合したりしてたのに、たかが此れしきで・・・と情けなくなっちゃいました。

前日は土用の丑の日という事で、飲みに行ったお店で「うな重」を食べたのにな~
0727-01.jpg
これで1,300円。添えられてるだし巻きもすっごく美味しく、大変お値打ちでした。
nice!(30)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

名所巡りでハーフの距離を [ラン♪]

今日7月7日は七夕ですが、未明に雷がゴロゴロと鳴り、時折滝のような雨が降るような荒れたお天気。
そんなお天気も、雨は10時過ぎには上がりました。

そんな雨の上がるのを待って、今日はちょっと長い時間を走ろうとジョギングスタート。
雨上がりで気温はまだマシでしたが、湿気がムンムンで大汗をかいてのランとなりました。

家から北へ向かって走りだし、千本通りへ出て千本釈迦堂前を通過し更に北上。
一旦北大路通りを右折し、ここからは少し京都マラソンのコースを辿りました。
北大路通りを左に曲がり、今宮神社前を通過。
0707-01.jpg
そこから更に北上し、御園橋通りを東へ。ここから京都マラソンのコースを外れ上賀茂神社前へ。
0707-02.jpg
水路にきれいな水が流れる落ち着いた雰囲気の中を東へ進みます。
0707-03.jpg
そして宝が池球技場にぶつかり、そこからは京都マラソンの難所だったキツネ坂を上ります。
0707-04.jpg
といっても、本コースの車道は走れないので、側道の歩行者・自転車用道路を上ります。車道よりはマシですが、それでも結構厳しい坂でした。
その坂をふうふう言いながら上りきったら宝が池公園。
雨上がりの土曜という事もあって、人気の少ない池のほとりを半周しました。ここは高校から近く、高校生の頃にクラブで走りに来たり、そしてデートにも何度か・・・思い出深い所です。
0707-05.jpg
公園を山沿いに走り抜けて、修学院から白川通りを南下し、銀閣寺前からは哲学の道に入りました。
0707-06.jpg
哲学の道は、物想いに耽りながらのんびりと歩くのにいいですが、こうして走るにも気持ちの良い道です。
哲学の道から永観堂前を通り、東山高校の前から南禅寺山門前に出て、そこから岡崎へ。
0707-07.jpg
そして京都マラソンのゴール地点だった平安神宮前の大鳥居をくぐり、疏水べりを川端通まで行き、最後は丸太町通りを京都御苑に沿って走りゴール。
0707-08.jpg
京都の北半分を半周。観光名所をたくさん巡るようなジョギングでした。

という感じで21.1キロとハーフマラソンの距離を2時間ちょっとで走りました。
前半は緑の中をとっても気持ちよく走れましたが、後半は暑さと湿気でバテバテ。ウェアも上から下まで汗でびっしょりになり、脚もそうとう疲労しました。
ハーフの距離で、しかもこのスピードでこんなんで、よくフルが走りきれたもんだと。

この夏は、スピードを落としてでも、もっと長い時間を走り続け、強い脚づくりをしたいと思います。

nice!(22)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

琵琶湖畔を楽しく・・・ [ラン♪]

4月1日の日曜は、ちょっと早起きをして走りに行って来ました。

滋賀県大津市の琵琶湖畔で行われた「マザーレイク・チャリティ・ファンラン&ウォーク」。
ちなみに、このイベントは震災支援という事で、募金と収益金は東日本大震災と長野県北部地震復興の支援金として寄付されます。
京都マラソンを応援してくれた同級生のラン友(彼女は東京マラソンを走りました)がエントリーしたので、一緒に走ろうという事で自分もエントリーし参加しました。

お天気は曇り空から時よりお日様が顔をのぞかせるような感じで、ちょっと肌寒いくらいでした。
0401-01.jpg
8時40分過ぎに現地に到着し、まずは受付けを済ませます。そして、ストレッチなどをしているとラン友も到着し合流。
そして9時から開会式が行われ、9時30分にスタート。
今回は20キロを走る事にしました。コースは1周5キロの湖畔の遊歩道を4周。
0401-03.jpg
3週間前にフルの42キロを走ったので、今回はラン友のペースに合わせて走る事にしました。
スタート前は肌寒かったのが、走り始めるとちょうどいいくらいの気温に感じました。ただ、湖畔という事もあってか風に行く手を阻まれる場面もありましたが・・・

1周5キロをちょうど30分のペースで走り、20キロを走り終えてほぼ2時間ちょうど。
琵琶湖のきれいでのんびりとした景色を眺めながら、また、ラン友が言ってましたが「信号や自転車なんかに邪魔される事なく」、とっても気持ち良く走れました。
あと、ボランティアのスタッフの皆さんも一生懸命応援して下さり、手作り感のある本当に温かみのあるイベントでした。

これまでいつも独りで走って来ました(学生や社会人時代のラグビー部の練習は別で・・)が、今回初めて友達と走りました。
いつもは黙々と、そして音楽や色んな考え事をして気を紛らせて走ってますが、人と一緒に走るとそんな必要も無く、とっても楽しかったです。いつもとまた違った走る事の楽しさを知ったような気がしました。
これからもちょくちょく一緒に走れればと思います。
0401-02.jpg
nice!(28)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京都マラソン2012 [ラン♪]

先日、簡単にアップした3月11日の京都マラソン2012。
公式の完走記録の確定が出て、フォトサービスの写真も来ましたので、せっかくですからちょっと綴っておきたいと思います。

前日10日の夜は、早めに夕食を済ませ10時半には就寝し、当日の朝はスタート4時間前の4時30分に起床。初フルへの緊張もあってか、気持ちよくパッと目が覚めました。
洗面を済ませたり身支度をし、大きなおにぎり2個と卵焼き、そしてバナナを朝食として摂り、そのあとは1時間くらいかけてゆっくりとストレッチ。きっと、現地へ行ってからでは多くの人がいる慣れない場所でのストレッチとなり、十分に体をほぐす事は出来ないだろうと思い、いつもよりも入念に行いました。(結果的にやはり正解でした。)
そしてウエアに着替えて7時前に自宅を出て、車で事務所の駐車場へと向かいました。
車を走らせると、東の山から太陽が昇りだし、その朝陽を浴びながら「Fighting 17Th」を聴くと、否応なしに気持ちが高ぶり心が熱くなりました。

混雑する阪急烏丸駅も意外にあっさりと抜けられ、すぐに電車に乗れました。西京極駅も大混雑していましたが、流れにまかせているとそんなに苦もなく西京極運動公園へと入れました。(この混雑については、シャトルバスの運行など、今後へ向けての要改善点だと思います。)
自宅からウエアを着て来たので、球場のスタンドでグランドコートなどを荷物袋に詰め、それを運搬トラックに積んでもらい、トイレを済ませて7時50分頃にスタート位置へ。
DSC_0946.jpg
私はFブロックからのスタートなので、トラックの一番後方になります。私の後にもG以降のサブグランドからスタート組みが続きます。
スタート時点の気温は6.5℃でしたが、日差しのおかげでさほど寒さを感じずに待つ事が出来ました。
京都市長はじめ役員の方のご挨拶などのスタートセレモニーがあり、その中で東日本大震災での犠牲者に向けての黙とうが捧げられました。この特別な日に走る事の意味を思い、そして「この先どんなにつらくても、これしきのつらさなんて・・・」との思いで気持ちが引き締まりました。

予定通り、8時30分に京都市長の号砲でマラソンスタート。
ちょっと時差をおいて、自分のFブロックもゆっくりと動き出し、メインスタンド前から競技場を出る頃には軽いジョグペースで走りだしました。予想よりも早く先頭から3分54秒差でスタートラインを越えられました。

競技場を出て、五条通・葛野大路通と広い道を走ります。このスタート直後が広い道のおかげで予想よりも早く競技場を出られたんだと思います。
スタート直後から沿道に途切れる事ない応援のみなさんに感動し、ハイタッチなどを楽しみながら走り始め、同級生のラン友の助言通りに序盤は逸る気持ちを抑えて抑えて、四条通から桂川沿いの罧原堤に入った所で第1給水所。後で聞いた事ですが、このあたりで取引保険会社さんの担当者のみなさんがボランティアでおられたそうですが、まったく気が付きませんでした。
5km通過は27分19秒。5分28秒/1kmのペース。

少しずつペースを上げ、ハーフの時のような無理はしないように前のランナーを追い越しながら進みます。嵐電とJRを跨ぐ嵐山高架橋をペースを抑えつつ越えます。建物のベランダや屋上から応援してくれてる方々の姿にも勇気をもらいながら走ります。
大覚寺門前などを過ぎる頃には体も温まって来て汗ばみだしました。左手に時代劇などでよく登場する広沢池を見ながら、「さぁ、これから先は上り坂のアップダウンが続くぞ」と気合を入れたところ、その先で「緊急車が通過するから」とストップをかけられました。
待つ事6分。せっかく温まってきた体も冷えだし・・・ でも、仕方ありません。
気持ちを入れなおして上り坂に挑みます。
10km通過ラップ 31分56秒。止まった6分を差し引くと5分12秒/1kmペース。

宇多野へと続く最初の本格的な上りもなんとか越え、福王子へのダウンアップを過ぎると仁和寺前では、皆さんも書かれていますが仁和寺のお坊さんが大勢まとまってランナーと被災地域への応援をされていました。これには私も感動し、ここでも更に勇気をもらいました。
この先、龍安寺前からきぬかけの道へと長い上り坂が続きますが、このエリアは私の所属する代理店組合の仲間がボランティアで沿道に散らばっており、そんな仲間に大きな声援をもらいながら辛い上りを越える事が出来ました。
平野神社前から西大路通・北大路通と進んだところで15km地点。
15km通過ラップ 24分54秒。4分59秒/1kmペース。
0954.jpg
我が家の氏神様の今宮神社前を通過し、その前後でひつじ母や姪っ子などが応援してくれてるのを見つけ・・。
御園橋通から賀茂川西岸~東岸と折り返し、順調に20km通過。
20km通過ラップ 25分39秒。5分08秒/1km。
1000.jpg
ここでメイジの栄養補給ゼリーを入れて後半に備えます。
北山通に入り、中間点を越えていよいよ最大の難所と目されるキツネ坂へと差し掛かります。
7%の上りが続きます。あまり意識しないよう心掛け、腕を大きく振る事だけを意識して・・・
でも、このキツネの難所なる所以は上りでは無く、下りにある事に後で思い知らされました。
国際会館前を折り返し、キツネ坂の手前で25km通過。
25km通過ラップ 26分25秒。5分17秒/1km。
1043.jpg
急なキツネ坂を下だります。足が元気なら重力のままに駆け下りるのでしょうが、そんな事をすれば転びかねませんし、足腰がバラバラになるのは必至です。ブレーキを掛けながら下るのですが、これがまた足腰への負担の大きい事大きい事。
一気に太ももからふくらはぎにかけて疲労感が押し寄せました。また、右足首から土踏まずに痛みも出てきて・・・
思えば、自己最長距離の21kmを越えています。
北山通の折返し付近で、アドバイスをたくさんくれた同級生のラン友からの応援も受けて元気をもらいながら、下鴨中通の折返しを越えた所で30km通過。
30km通過ラップ 27分00秒。5分24秒/1km。
1101.jpg
足腰が本当に辛くなってきました。栄養補給ゼリーを更に入れて最後の10kあまりに挑みます。北山通から加茂街道に入り、賀茂川~鴨川の河川敷へ下りて走ります。
ここへ来て、未舗装のちょっと凸凹のある道は脚にとってキツイです。
このあたりから、「給水でちょっと休もうか・・・」「スピードをもっと落として、最悪歩いちゃっても・・・」と何度も何度も弱いこころが顔を出し、自分のなかで葛藤します。
「マラソンは30kを越えてからが本当の戦いが始まる」とは聞いていましたが、本当にここからは自分との激しい戦いです。
葛藤を繰り返すうちになんとか35km通過。
35km通過ラップ 27分35秒。5分31秒/1km。

丸太町橋から道路に戻り、川端通~東一条通~今出川通。
残り7k…6k…5kと表示はカウントダウンされていきます。この残り距離で自分の中の弱いこころと折り合いをつけながら走り続けます。
それにしても、このカウントダウンの1kがなかなか減らない・・・
前半の5k・10kなんてあっという間に過ぎるのに、ここへ来ての1kはとてつもなく長~~~い。
今出川通の銀閣寺へと続く最後の上りを半泣きで上り終えた所で先ほどのラン友がまた応援してくれてました。本当にありがたい。
40km通過ラップ 28分24秒。5分41秒/1km。
1150.jpg
いよいよラスト2kあまり。
相変わらずパンパンの足腰と、どうやらマメが出来て、そしてキツネでやられた足首と土踏まずの痛みと闘いながら、黙々と走ります。もうこのあたりでは、沿道のみなさんの応援も目に入らないくらいに黙々です。
脚を止めずに動かし続けることと、ここまで支えてくれた家族の事や仲間の事を考えながら、ひたすらにゴールを目指しました。
東大路通から丸太町通に入り、岡崎通へと右折し南下。
最終コースはコの字型になっているので、途中、交差道路からゴール地点が見えました。
その瞬間、自分でも信じられないくらいのスピードが戻り、ゴールへ向けてのラストスパート。
「自分の中にこんなエネルギーがまだ残っていたのか?」と思うほどでした。
1223.jpg
最終コーナーを曲がって、平安神宮の大きくて赤い鳥居とゴールが見えた瞬間、いろんな思いが湧き上がり涙があふれ、両手をあげてゴールラインを越えました。
最終ラップ。 11分37秒。5分18秒/1km。
1224.jpg
ボランティアの皆さんに拍手してもらいながら、女子プロ野球の選手に完走メダルを掛けてもらい、完走タオルを掛けてもらいました。

42.195km 3時間50分49秒(グロス3時間54分43秒)
medal.jpg
体は足腰だけでなく全身が痺れるようにガクガクですが、完走出来た達成感と充実感に満たされました。
「フルマラソンを走り切った時の気持ちは、走った者にしか分からない」と。
確かに。言葉で言い表せない思いが込み上げました。
ぎっくり腰で治療中の整骨院で見た京都マラソンの当選発表。
そこからの3ヶ月半。治療で動けない時は焦りました。ダイエットもしました。仕事の合間に出来る限りのトレーニングもしました。
本当にあきらめずにこの日を迎える事ができ、そしてあきらめずにゴールする事が出来て良かったです。

ダイエット始め日常生活をサポートしてくれた家族、いつも応援してくれた仲間、治療に当たってくれたげん氣整骨院のスタッフのみなさん、そして当日ボランティアとして支えてくださった皆さんや老若男女問わず沿道で元気を送り続けてくださった皆さんなど、全ての皆さんに感謝感謝!
fin.jpg
nice!(26)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。